FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

お見送りができなかった

  定年過ぎまで生まれ育った関西の地から知人が昨日、中国へ移住されました。

  今月の9日、出発の日時について、メールを通じて承知していました。その日はお見送りをしなければ、と早い段階から心構えをしておりました。

  そして、昨日、関西国際空港へ早い時間帯に到着。ご本人はもとより、他の方にもお目にかかれるはず、と搭乗口で待ち構えていました。

  出発時間は、12時10分です。10時に着いたのですが、すでに「搭乗手続中」の表示が見られます。「一瞬まさか?」とは思ったのですが、結局、再会することができませんでした。そのあと、理由は明らかでないのですが、出発時間も1時間遅れていましたが。

  悔やまれるのは、携帯番号の確認をしていなかったことです。加えて、ご本人が空港に到着する時間をメールで再確認することを怠ってしまったことです。

  早く着けば大丈夫、と高をくくっていたことが、結果として大きな過ちを犯したことになります。関空の近くで住んでいながらお見送りができなかったことは、私の大きなミスでした。

  それにしても、定年後、中国という異国の地へ移住することにした知人の決断に驚くばかりです。私は、国内移住ですら実行に移すことができないわけですから。

  出発事前のお別れ会で、知人の述べたお礼の言葉が今でも心に残っています。
  「私が中国に行くことになったことは、なにか深い意味があるはずです。でも、今はまだ私にもわかりません」と。多の仲間の心配をよそに、奥様を信じて、奥様の故郷に移住を決断した心の一端を明かしました。

  人間の一つひとつ取る行動、一見、意味のないように見えて、実は深い意味が含まれていはずです。それは、人と人との出会いもそうだと思います。出会いの一瞬を見逃さず、いかにして自分の手元に手繰(たぐ)り寄せることができるかでしょう。知人の言葉が私の心の奥に、今でも深く突き刺さっています。

  国際線搭乗口を入る多くの方を見ているうちに、改めて、今の時代はグローバルな観点に立つ生き方が求められていることを悟ったものです。知人の行動を心配するまえに、自身の心の改革が求められているのかもしれません。

  残された人生、中国の地で幸あることを願うばかりです。



スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント