FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

市役所の雰囲気が変わった

  先日、印鑑証明をとるため、久しぶりに市役所を訪れた。

  玄関を入りまず目にしたのが、ホール内で仁王立ちしている一人の警備員さん。なんだ、これわ・・・? これまで、いなかったはずである。

  そこで、すぐさま直感したのが、7月、兵庫県宝塚市役所で起きた放火事件との関連性だ。恐らくその後、急きょ警備員を配置したとしか思えない。いや、まさか私が存在しているので警戒しとは思いたくはないのだが、ついあらぬことまで考えてしまう。なんだか嫌な雰囲気を感じた。

  生活保護に象徴されるように、日々の生活に苦労されている方の多いことを昨今、実感する。ところがこれは表面に現れている方たちであって、まだまだ、生活に困っておられる方が多くいるはずだ。このことを市は理解しておく必要がある。このことを理解せず財政が苦しいだけの論法で、強権的に税徴収に踏み切ると、宝塚市で起きたように市民との間で、どこかで軋轢(あつれき)が生じる。

  とは言うものの、支払いが可能なのに意図的に支払いを拒むという悪質なケースもあるのだろう。

  役所内に警備員を一人配置(委託警備)すれば、それだけ無駄な税金が必要になる。しかし職員が安心して業務に就けるためには、それでも警備委託が必要であることも理解できる。

  久しぶりに訪れた市役所であるが、警備員一人が立哨(りっしょう)することで、市役所の雰囲気が変わった。いやな時代になったものだ。

スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント