FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページですが、現在使っている有料サイトは、5月14日で契約解消手続きを済ませました。その代替えHPとして「Googleマップ」の無料サイトを使って3月9日、再公開することができました。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

動画コミュニティ機能

 最近、最も力を注いでいるのがYouTubeです。ところが、私のYouTubeは、なんとも貧弱そのもので登録者が29名なのです。

 現状を踏まえた上で今、YouTube&ブログ・HP・ツイッターをリンクさせることで、少しでも私の動画に辿り着いていただける為の工夫をしてみました。

 ところで、一週間前に公開した「和歌山市・和歌の浦&雑賀崎を散策」動画ですが、完成度は80点と言うところでしょうか(少々自画自賛かな)。

 マイナス10点は、動画の中で三カ所ほど縮小できる部分があったことです。二点目のマイナス10点は、BGMについての工夫が足りなかったことでした。

 とは申しましても、以前の動画と比較すれば、雲泥の差があると思っているところです。撮影が向上した最大のポイントはジンバルを取り入れたことです。このことが撮影の向上に繋がりました。

 YouTubeに対する目標は、登録者数1,000人です。かなり気の遠くなる数字ですね。でも「やればできる。何事もやらなければ成功しない」。これが私の決意なのです。
 
 登録者数1,000人へのこだわりとして、動画設定に「コミュニティ機能」を取り込むことです。その条件となるのが登録者数1,000人なのです。

 とにかく挑戦してみよう!!

スポンサーサイト



ドトールコーヒー店に立ち寄る

 診察を終えての帰路、自宅で使うコーヒーが欲しかったので、ドトールコーヒー店に立ち寄ってみました。当然コーヒーを飲んでいるところですが。

 コーヒーは色々飲むわけですが、ドトールコーヒーも好きですね。






病院からの投稿

 三カ月に一度、尿検査&投薬のための処方箋が必要なための受診日です。

 本来の再診は1月でしたが、新型コロナウイルスの状況が悪かったので投薬だけで済ませていましたので、今日はやむを得ずの再診日となりました。

 私も含めてですが診察される方が、それにしても多いですね。

コーヒータイム

 昨夜の勤務帰宅後、朝からごろ寝をしたあと14時過ぎに起き上がると、おつまみをぱくつきながらコーヒータイム。



鎌倉市内の住宅街で起きた事件

 27日の早朝、神奈川鎌倉市内の住宅街で18歳男性が刃物で刺されて死亡しました。 事件後、犯人と思われる男3人組は逃走しています。

 事件の発端は、被害者と友人が歩いていると、たまたま通り過ぎる車が大音量で音楽を流していたことに「うるさい」と言ったことでした。 犯人たちは、一旦その場を通り過ぎたものの引き返し犯行に及んだわけです。

 18歳の若さで生涯を閉じた青年について、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 私が日本一周する上で切り離すことのできなかったのがテント設営場所でした。その上で注意すべき幾つかの都市がありました。その一つが神奈川県でした。お断りしておきますが、神奈川県だけが危ない、としているわけではありません。

 写真は、自転車で日本一周の旅の途中、神奈川県鎌倉市由比ガ浜海水浴場でのテント設営場所です。防波堤を並行して国道134号線が通っています。走行過程で、たまたまこの場所でのテント設営をすることになりました。テント設置場所は、国道から私のテントが目に付きにくいよう、極力防波堤の傍にしました。

 この夜の国道134号線ですが暴走族の走る「バリバリ・・・」というもの凄い爆音に悩まされたものです。というのか、大丈夫かな?とさえ思ったものです。

 今回の被害者の青年について言えることで一点、残念と思われたのが「うるさい」と注意しなければよかった、と言うことです。彼の注意は、決して間違いではないのですが、言葉は悪いのですが相手は「気違いに刃物」の人物であったことです。

2010_0724_172804-F1000678.jpg
鎌倉市由比ガ浜海水浴場の少し離れにある「稲村ヶ崎温泉」です。


2010_0725_041710-F1000676.jpg
上記写真「稲村ヶ崎温泉」の傍にある「由比ガ浜海水浴場」でのテント設営でした。暴走族の爆音がすごかったものです。

二冊の本を買った

 久しぶりに書店を覗いてみた。目的とする本を手に取ることが出来なかったものの、ふと目にしたのが次の二冊の本。興味がありすぎる以上に興味があるので、買ってみた。

 買った本とは関係ないが十数年前のこと、訴訟を連発する人物を目にした。定額訴訟のはずなので、勝訴しても敗訴しても、その金額は知れていたものと思われる。なので、裁判所へ提出の訴状作成は勿論のこと裁判の弁護の全てについて自身で行うことになる。

 この事実を目のあたりにした私は以後、最低限度の知識を持ち合わせておく必要性を悟った。そこで買ったのが下段の本(控訴は本人で出来る)。つまり、定額訴訟は個人でも行えるわけだ。

 トラブルに巻き込まれたくはないけれども、こればかりは誰にも予測がつかない。





10年余り前に買ったもの。

LINEではなくSMS(ショートメッセージ)機能を・・・

 日本社会に確実に浸透したLINE。ところが、ここに至って個人情報が中国の関連会社に漏洩されていることが明らかになりました。

 LINEの危険性については、個人的にも早くから感じていましたのでメッセージ機能以外、一切使っていませんでした。最も、それでも個人情報は筒抜けになってしまいましたが。

 SMS(ショートメッセージ)ですが、理由があり1カ月に一度だけ使っています。ご存じのようにショートメッセージは、送信文字数に制限がかかるので、どうしても使い勝手が悪いわけです。このことを含めてのことですが、「ショートメッセージ」を使って「動画&静止画」の送信はできない!と勝手に思い込んでいたわけです。

 でも、実際は、ショートメッセージでも「動画・静止画」共に送信可能なのですよね。笑わないでくださいね。本当に今まで気づきませんでした。送信できない!と決め込んでいたわけですから。

 これからは、LINEではなくて、極力SMS(ショートメッセージ)機能を使うことにします。

「和歌の浦海岸」動画を投稿

 動画撮影のため和歌山市の「和歌の浦海岸」を訪れたのが3月14日(日)でした。できるだけ早く投稿しようと動画編集に取り組んだわけですが、「OneDrive」容量超過のため、PCでの作成が不能になるなど悪戦苦闘を強いられました。

 トコトン不要な写真を削除し尽くしたわけですが、それでも改善しないので最終的には、一時的にPC&OneDriveの共有を切り離しました。そうすることで、何とか動画作成をすることができたわけですが。

 動画は昨夜投稿したわけですが、投稿後、文字の入力ミスに気付くなど冷や汗なのです。タイトルであればいくらでも修正可能なのですが、公開動画は修正ができませんから。

 その動画の「サムネイル(ここでの文字誤りはございません)」を貼り付けてみました。

新和歌浦~雑賀崎を散策

景色、食材、空気、人情、田舎暮らしがいい

 昨日は和歌山県へ出かけたわけですが、それにしても良く歩きました。ただ一つ残念だったのが、コーヒを飲むことが出来なかったことでした。

 昨日のブログでも画像を貼り付けましたが、山も良いけれども、この季節の穏やかな海を眺めるのも最高です。和歌山最高!!

 本来であれば京都へ出かけて寺院の動画撮影をしたいのですが、新型コロナウイルス感染がヤバくてさすがに混雑する電車に乗る勇気はございません。

 ちなみに昨日の新型コロナウイルスの感染者数ですが、和歌山県6名、大阪府92名、東京都239人、神奈川県109人、千葉県が106人でした。更に他の幾つかの地方都市になると、「0人~1名」でしたから。

 以上のことからもお分かりのように、首都圏や大阪市内の暮らから脱却することが簡明ではないでしょうか。私は大阪府内の田舎に等しい場所で生活をしているわけですが、それでも感染者が出ているのです。大阪市内の夏は暑いし、空気も悪いはず。勿論、都会ゆえに優れてる点もあるわけですが。いまだ他の地方都市での田舎暮らしに憧れています。

 田舎だと人混みは避けられるし、景色も最高、食材も優れている、空気も汚染されていないはず、義理人情にも厚いし、いいことずくめ。となればより地方都市で暮らすのがいいと思うのですが。

 

和歌の浦海岸

 私のお気に入りである和歌の浦海岸(和歌山県)に、やっと着きました。動画撮影、最後の場所です。

 ここを訪れると、必ず次の写真を貼り付けているわけですが、今日もまた貼りつけてみます。



















和歌山県 浪早ビーチ

 久しぶりの動画撮影のため、和歌山県和歌浦へやって来ました。今、浪早ビーチで休憩をしているところです。

 こうして自然を満喫していると、都会よりも自然豊かな地方都市がいいなって、つくづく思いますね。
























10年を迎えた東日本大震災

 2011年3月11日に起きた東日本大震災ですが、早いもので今日で10年になるわけですね。

 私が「自転車で日本一周の旅」をしたのが2010年でした。「奇跡の一本松」で有名となった近くに「道の駅陸前髙田松原」がありました。その道の駅の広い敷地内の芝生の一角でテントを設営。そこで夜を明かしたのが8月3日(火)でした(下記テントの写真)。

 つまり、地震の発生したのが翌年の3月だったわけです。これが約7カ月早く起きていたとすれば、私も津波に飲み込まれていたはずです。

 気仙沼市から国道45号線を通ると高田市へ着きます。市内を気仙川が流れているわけですが、気仙大橋を渡らないで川沿いを直進するとコンビニ(ファミリーマート?)がありました。コンビニの敷地内で夕食を済ませると、パンクに気付き急いで修理(下記写真)をしたものです。

 「旅行記」でも触れているわけですが、パンク修理をしながら近くに住むお兄様と随分話が弾んだものです。パンク修理をしたファミリーマートは勿論のこと、周辺一帯の民家が津波に飲み込まれた様子を見て、心が痛む思いになったものです。皆さま、大丈夫だったのかな?随分心配をしているのですが。

 パンク修理が終わると、気仙大橋を渡ると一躍有名となった「奇跡の一本松」の近くに「道の駅陸前高田松原」があります。この道の駅で夜を明かしたこともあり、私にとって思い出深い地でもあります。ところが、その陸前高田市全域が津波に飲み込まれてしまったわけです。震災後の市内一帯を見ると、全域が更地になってしまっていることに、強い衝撃を受けたものです。

 震災以前と同じにはならないものの、東北一帯が安心安全・賑わいのある街を取り戻せることを心から願ってやみません。

2010_0804_043458-F100054612.jpg
「道の駅陸前高田松原」で設営したテントです。8月3日(火)。



2010_0803_185818-F1000549.jpg
道の駅近くのコンビニの敷地(ファミリーマート)でパンク修理(2010年8月3日)。



新たなHPが完成・公開

 作成中の「自転車で日本一周の旅」のHPが完成したので、昨夜の11時でしたが公開しました。

 既にHPは公開しているわけですが、新型コロナウイルスのことを思うと、わが身に何か起きると自身で解約手続きが不可能になることも考慮したうえで、有料HPを閉鎖することにしました(既に手続き完了)。

 とは申しましても、時間とお金、苦労をしながらの「自転車で日本一周の旅」でしたので、全てを終わらせるのも忍びないので、「Googleドライブ」の無料HPを使って作成し、公開することにしたわけです。

 HPを作成するうえで何か手本があるわけでもないので、手探り状態での作成でした。昨夜も公開間際でしたが、「リンクボタン」を設置していたわけですが、見栄えの悪さを感じたので急遽削除するなど、ドタキャンでした。まぁ、その結果が現在公開中のHPです。

 一点残念なのが、ホーム画像が大きすぎるからなのでしょうか?スマホ画面で確認すると、画像がはみ出てしまいました、残念。

 ブログの「リンク欄」に表示の「自転車で日本一周の旅」が二つ表示されていますが、上段が有料HPです。一方、下段に表示の「自転車で日本一周の旅」がGoogleドライブを使って作成した無料HPです。

 無料HPですが、あれだけの画像を使っているのに無料ですから、凄いですよね。

 なお、旅の写真(思い出写真)を加えていませんので、この後、もう少し追加する予定です。

 HPのURL:https://sites.goole.com/view/masumoto

◎よろしければ一度覗いてみていただければ、と思います。
自転車で日本一周の旅

HP90%あまり完成

 大阪府の緊急事態宣言も解除されたので、住まいから少々離れにあるショッピングモールに出かけてみました。

 入店後スタバに入ったわけですが、外で飲む久しぶりのコーヒーです。

 3月に入ってもいまだ完成していないHPですが、完成に向けて急ピッチで取り掛かっているところです。90%あまり完成したでしょうか。

 
 あともう少しで公開することができるはずです。頑張ろう。




真の友人は台湾

 台湾の統計では、2020年の台湾パイナップル輸出量約4万6千トンの9割以上が中国向けであることを公表した。ところが、中国は、台湾パインについて検疫で害虫を検出したとして、一方的に禁輸に踏み切った。

 中国の禁輸措置につて台湾は「政治的嫌がらせで、受け入れられない」と反論したうえで、2020年、台湾が中国へ輸出したパインの合格率も、99.79%であったと反論している。
.
 ここで蔡英文総統は、自ら農家に出向き、圧力に屈しないことを訴えている。加えて、37億円の資金投入まで約束したのだ。更には、日本についても輸入拡大を呼びかけた。

 台湾の呼びかけにつて日本も、昨年の3千トン弱のパイン輸入を5千トン余りの輸入に上乗せしている。

 禁輸規制は、中国が使う常套手段であり、過去、日本に対してレアアースの輸出規制をした経緯もある。一党独裁国家対象との経済政策は、常にリスクの伴うことを肝に銘じておかなくてはならない。

 日本にとっての真の友人、それは台湾しかない。国内産はもとより、台湾パインを買って食べよう。

相次ぐ聖火ランナーの辞退に憂慮

 東京五輪聖火ランナーの辞退者が後を絶ちません。その多くが著名人であるだけに、東京五輪のイメージを損ねる影響も計り知れません。

 辞退された多くの理由が、森前組織委員会会長の「女性蔑視」発言と考えられます。辞退が公にされない場合は影響も少ないのですが、メディアの前で不満を訴えると、周囲に与える影響が大きいのです。

 森氏は、自身の発言を詫び、発言の撤回もされました。それでも、女性の尊厳が傷つき許せないほど重大な罪だったのでしょうか。

 女性国会議員の白い服&男性議員が白いバラを胸につけて訴える写真を見て、国会議員の品格のなさを感じたものです。氏をとことんスケープゴートにすることで、しいては菅首相にも責任を負わせようとしている意図が透けて見えるようでした。まるで、小学生の中で起きている虐めそのものです。

 詫びても、撤回しても、その発言を許せない!とするならば、なんとも許容能力の狭い聖火ランナー&国会議員たちと言えないでしょうか。

 辞退のもう一つの理由が、著名人が聖火ランナーとして走ると、大勢の観衆が沿道を埋めるので感染者が増える、としていることです。加えて、走るルートについての不満にも触れていましたが。

 今は医療に携わる方を対象としてワクチン接種も進みつつあります。更に申し述べるとすれば、良識ある大人であれば危険を察知すれば、沿道には出向かないはずです。

 今朝のツイッターでもつぶやきましたが、地方住まいの私は、東京五輪が中止になったとしても、痛くもか痒くもありません。それでも私は、東京五輪の成功を願っているのです。

 辞退者が一人、二人・・・と手を挙げると、最たる理由もなく、乗り遅れると困るとの焦りから辞退されてはいませんか。相次ぐ聖火ランナーの辞退に憂慮している爺さんです。

確定申告

 私の住まいの上空ですが、午後2時頃までは雨のようです。なお、今日の気温ですが17℃から今は14℃のようです。暖かくなるのは良いのですが、暖かさに比例するかのように雨も増えてきます。 

 昨日は巣ごもりをしていたので、確定申告を済ませました。退職後の3年ほどでしたか、税務署へ出向き確定申告を済ませていました。ただ、人の多さに驚いたものです。でも今は、PCを通じて自宅から手続きができるので、凄く助かります。何と言っても、混雑の中に入ると新型コロナウイルスの感染リスクが伴うわけですから、それはヤバいですよ。

 ここで一点心配になるのが、PCを使っての確定申告がいつまでできるのか?ということです。年齢とともに頭の柔軟性&記憶力の低下が著しいですから。