FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページですが、現在使っている有料サイトは、5月14日で契約解消手続きを済ませました。その代替えHPとして「Googleマップ」の無料サイトを使って3月9日、再公開することができました。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

新年のご挨拶



新年のご挨拶


スポンサーサイト



2021年1月6日の米国

 新聞購読をやめて、かれこれ10年になるでしょうか。NHKについても「受信契約の解約手続き」をしたのが2018年4月15日でした(同日付ブログで公開)。とは申しましても、会社が毎日新聞を購読されている関係もあり、スマホでデジタル新聞として読める状態にはしていますが。

 新聞購読の解約、NHKテレビ受信契約の解約で何か困ることがあるのか、と申しますと、何も困ることなどございません。言論統制を敷くテレビや新聞記事に目を通すのであれば、見ない、読まない、に限ります。害(左派的洗脳)をうけるだけですから。

 端的には、国民・国家にとって有益と思われるような国会中継がなされていません。つまり、野党議員のパフォーマンス的な国会質問の放送に力を注ぐ等がその実例でしょう。NHK・民放テレビ共に腐りきっていますから。

 YouTube「我那覇真子チャンネル」の12月28日公開動画、タイトルが「ワシントンの沼の水を抜け」の中で彼女が次のことを訴えていました。
・・・アメリカの大統領選挙ではありますけれども、でも、アメリカの選挙において言論統制を同じく受けているのも、我々日本国民である。つまり、そのマスコミと言うのは、アメリカのマスコミと目的を同じにしている、と言うこと。と言うことは、ターゲットは誰か?って言うと、アメリカ国民のみならず、我々日本国民もターゲットにされていると言うのは、事実として明らかにあるわけです

 アメリカ大統領選挙で明らかになった不正選挙、その事実を認めようとしないないのが日米のメディアです。明らかに中国の影響がある、とされています。

 個人的には、過去のブログを通じて、国内左翼の様々な活動についての反対意見や民主主義の危機を訴えてきました。その活動(影響)は、沖縄県~北海道にまで及んでいるのです。

 具体的記事として、NHKの実態(2018/1/18)、ウイグル自治区で起きていること(2018/9/21)、逆差別(2018/9/25)、新潮45が休刊(2018/9/27)、沖縄県の様々な決断に疑問(2018/10/3)、沖縄県が危ない!(2019/1/30)等。

 いずれにしても、トランプ大統領が最終手段としての「戒厳令」を発出しないようであれば、2021年1月6日の米国上下両院合同会議での開票結果確定待ちとなります。ただし、この後の1月20日の大統領就任式までの間に、何方が勝利しても米国での内戦状態は避けられそうにありません。


差別はしてほしくないはやり病

 26日付の毎日新聞の朝刊一面記事で「変異種 国内初確認(新型コロナ)」の文字が目を引きました。また一方、ブログの書き込み中、ヤフーニュースを通じて「東京都で新たに949人の感染者確認」の一報が飛び込んできました。

 個人的な見解としてですが、新型コロナウイルスについて私は、それほど大きな危機感を抱いておりません。私も70歳を過ぎておりますので、仮に感染すれば死に直面することも覚悟しているところです。

 もっとも、新型コロナウイルスの医療現場で日夜ご奮闘なされている皆様方のことを思うと、新型コロナウイルスに感染しないためには、日々の行動に慎重でなければならないことは、言うまでもないことです。

 私の身近でつい最近、次のことが起きました。

 約3週間少し前のこと、姪っ子と交流のある4人家族のうちのお二人が、新型コロナウイルスに感染されてしまったのです。一番初めに感染されたのは、小学一年生のお子様で、学校のクラスで感染されたと言います(学校からの報告で判明)。つまり、お子様から母さまにも感染されてしまったのです。

 幸いお父様ともうお一人のお子様については感染をしていなかったので、お二人は旦那様の実家へと生活の場を移されました。

 クラスですが、担任の先生を含めて数人のお子様も感染されていたとのことですが、感染経路は不明のようでした。

 感染されたお子様について登校後、クラスで「差別を受けるのでわ?」とお母さまも随分ご心労であったとのことでしたが、2週間後の登校で、クラスの子どもたちから歓迎を受けたとのことで、お母さま、凄く安堵されたと聞きます。

 クラスの中から、感染された娘さんに対して心無いことことばが投げかけられなかったことを思うと、学校関係者もかなりのお気遣いをなされたことを察するものです。

 お母さまについては、味覚症状に異変が起きたものの今はご家族皆様、通常の生活に戻されているようです。

 感染二週間後、奥様と言葉を交わしたわけですが、健常者そのもので既に車に乗っていましたから。30歳前半だと思いますが、若い方って本当に元気ですね。新型コロナウイルスについて、私を含めての高齢者はともかくとしてですが、世間で騒いでいるほどの心配はなさそうです(例外いもありますが)。

 いずれにしても、新型コロナウイルスは、何時どなたが感染して不思議でない、はやり病なのです。と言うことで、感染された方に対しての差別だけはしてほしくないものです。


 読まなくてはならない本が沢山あるのに、思うように読書が進まないことについて悩ましい限りです。

 と言いながらも、次の本を買ってしまいました。もっとも、姪っ子からプレゼントしていただいた図書券を使っての購入でしたが。さらに一冊、これはkindle電子書籍で読むためのもので「ウイグル人に 何が起きているのか」の本です。これは、カード決済になりますが。

 とにかく、自身にプレッシャーをかけ頑張って読むしかありません。




櫻井よしこ氏の忠告

 世界における中国の膨張主義が止まりません。顕著に表れたのが米国大統領選挙における大々的な不正選挙でしょう。それは、日本についても同じことで、NHKを始めとするメディア(新聞を含めて)について、既に中国による影響が現れているところです。

 11月21付けのブログを通じて、米国・アトランタ近郊にある公園の一角にいわゆる「慰安婦像」が設置されている画像を貼り付けました。

 ツイッターでも書き込みましたが、アトランタ近郊の公園に設置された「慰安婦像」について、許可した理由についての謎が解けませんでした。

 ところでつい最近のことですが、ジョージア州知事・議員を含めて、いや共和党議員についても中国との関係の深いことを知ることができたのです。開票所で起きた不正開票、それを暴露したのが監視カメラでした。

 これらの真実からも明らかなように、慰安婦像設置についても、一義的には韓国系団体の働きかけによるものですが、その裏で動いたのは、韓国系団体➡中国➡アトランタ議員の構図であることは容易に想像できるでしょう。

 櫻井よしこ氏の著書、「チベット自由への闘い」の前書きにおいて、「国際政治は常に国益と国益のぶつかり合いのなかで展開する。力の強い国が席巻し、弱い民族が片隅に追いやられる厳しい現実がある」と記されています。

 日本人として心すべき櫻井よしこ氏の忠告ではないでしょうか。


トランプ大統領の重要な演説

 アメリカ大統領選挙後の米国では今、混迷を深めています。以前のブログでも取り上げましたが、米国で起きていること、それは日本の将来において起きることなのです。日本国内で今、何が起きているのか、しっかり観察しておく必要があるのです。

 次に張り付けた動画ですが、トランプ大統領の重要な演説です。沖縄在住の我那覇真子さんが翻訳したうえで、配信をしてくれているものです。その動画を拝借し、貼り付けてみました。直接YouTubeを通じて見聞する場合は、「我那覇真子」で検索してみてください。

 彼女の活動拠点は沖縄ですが今、米国に滞在し、大統領選挙についての取材をしてくれているところです。

 大統領選挙に関する動画として、もう一本、取り上げておきます。私は幸福実現党の支持者ではございませんが「及川幸久」氏の配信するYouTube動画も結構覗いているところです。彼の配信についても信頼できるものがありそうです。




心癒される梵鐘の音

 引っ越した近くに素晴らしい寺があり、境内には、三重塔&六重塔などがある。当然のことながら立派な梵鐘(釣鐘)もある(下記写真)。

 実は、素晴らしい寺なので秋に買ったジンバルにスマホを取り付けると、境内は、私の撮影練習の場となる。


 ところでこの寺からのはずだが明朝6時前になると、素晴らしい梵鐘の音が「ゴォ~ン」とこだましたように聞こえてくる。凄く心が癒されるのだ。

 都会であればこの音が「うるさい」となり、周辺住民による苦情になるのかもしれないが、そこは”大阪の田舎”ともいうべき私の居住地域なので、梵鐘の音が響き続けることだろう。


朝の6時前になると、この梵鐘の音が?聞こえてくる。








三重塔




六重塔




本堂