FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

毎日新聞朝刊記事から学ぶこと

 第一線で活躍されていた著名人(俳優)の方の訃報が目立ちます。病気であればやむを得ないものの、死因を知るにつけ凄く残念な気持ちになります。

 人間は生を受けたその時から、様々なドラマが始まります。まず、両親との出会から始まります。ここで大切なことは、両親はしっかり子供の成長を見守るための責任が伴うことです。

 一方、子どもは成長するにつれ、友人との出会いや別れ、更には恋愛を通じての喜びや苦い別れも経験するかもしれません。もしかすると、予期せぬ病気や事故に遭遇することがあるかもしれません。

 ここで一つ言えるのは、辛さや悲しみを乗り越えることで人は立派な大人として成長するということです。勿論、辛い経験は避けたいものですが、経験が強ければ強い程、忍耐力も強くなることでしょう。

 今朝の毎日新聞朝刊の一面で「埼玉県内の高校生の約20人に一人が、病気や障害等のある家族の介護・世話(ケア)をしていることが、大阪歯科大の濱島淑恵准教授らの研究グループの調査でわかった」とした記事を目にしました。

 毎日新聞の記事から学ぶべきことは、彼たちのように苦しい環境におかれながらも、逃避することなく一生懸命生活を営む彼たちがおられるということです。この学生たちの立場と共有できることを願うものです。他でも、病棟の中、日夜、生きるための闘いをしておられる人たちのことも忘れてはいけません。


スポンサーサイト



スタバの店内で

 昨日は久しぶりにユニクロのお店を訪れてみました。買い物の後の支払い方法が随分違っていました。年齢がいくつになれども、常に脳みそを研ぎ澄ませておく習慣を身につけておく必要性を認識したものです。

 ユニクロでの買い物の後は、これまた久しぶりの書店に立ち寄り、一冊の本を買いました。

 買い物後は、ついでにスタバに立ち寄りコーヒーを飲んでみました。お酒を飲まない私にとって何よりもの楽しみがコーヒーなのです。

 ところで、わたしが席に着いたその後、比較的若いご夫婦だったのでしょうか?私の斜め向かいに腰を掛けました。その後、女性の方が、なんと両手を合わせたのです。私のタイミングとほぼ同時でしたので、私も思わず心の中で「いただきます」と感謝の言葉を唱えましたから。

 素晴らしい光景を目にし、何だか私にまでまで幸せが舞い込ほどの嬉しい心境になったものです。この女性のように優しい心を持てれば、醜い争いや事件など起きるなずなどないのですが・・・。


「みんなの北海道2.0」HBC・MBSラジオ

 当初、近畿圏内に上陸するかと思わせていた台風12号ですが、近畿・中部県内を大きく外れました。そのこともあり今日の大阪南部は、雨はなくなり朝の間は晴れて、その後曇天日和となりました。

 今朝の早朝ですがYouTubeを開けると、表示されたのが「みんなの北海道2.0」というラジオ番組でした。その番組を開けてみると、男女の爽やかな声と、さすがプロと思わせる語り口を耳にして、すぐ登録をしましたから。、

 9月20日放送分になっていたわけですがその日の内容は「新得町」についてのものでした。地元で暮らす30年代青年との会話で番組が構成されていました。これで、また一つ楽しみが増えました。

 退職後は北海道への移住を真剣に考えたこともあり、北海道に対する個人的な思いは格別なものがあります。

 加えて、細かいことは別として、自転車で日本一周の過程で北海道を20日かけて走り抜けた在りし日のことが蘇りました。この時の一日の最高走行距離は169㎞でした。北海道って、本当に広いなぁ~と改めて思い知らされました。

 今朝のラジオ放送を通じて、自転車で走り抜けた北海道のことや移住についての思いが蘇ったものです。

c3l9qt1julncElP1600844003_1600844096.png




EN2XuMAYTrphYmX1600844492_1600844548.png





この朝は、新得町で生活を営む30代青年と会話をしながらの情報番組でした。


和歌山市民図書館

 昨日の大阪府内の新型コロナウイルス感染者は67人でした。とは申しましても、感染者の多くは大阪市内に集中しているのが現状ですが。人口密度が高いわけですから、やむを得ないことかもしれません。

 このような状況の続く今、車にせよ電車にせよ、大阪市内へ出向く勇気などございません。そこで今日は、我が家から大阪市内よりもはるかに安全である和歌山市内にある「和歌山市民図書館」を訪れるため、車で出向いてみました。

 甥っ子を連れて行ったわけですが図書館が新築である上に設備の充実さに驚いていました。若い方を中心としてでしたが一生懸命勉強に励むその姿勢を見て、甥っ子が「やはり勉強はしなくてはいけない・・・」と、すごく心を打たれていました。

 1階には、一般の書店もあり、更にはスタバもあります。勿論、図書館への持ち込みも可能です。 

gvy0fDrPYYbVx1p1600838558_1600838712 (3)
1階には、スタバ&一般の書店もあります。




















席によっては電源もあるので、PCやタブレットの持参も可能です。短時間であれば、タブレットの貸し出しもされています。勿論、Wifiも使えます。


現吉村知事の大阪府都構想への思い

 11月1日に行われる「大阪都構想」住民投票まで1カ月少々となりました。ツイッターを見ると、嘘を含めた醜い書き込みが見られようで、凄く残念でなりません。

 なぜ、大阪都構想が必要なのか。当然、幾つかの理由があります。私の心に残っているのが2019年2月、「東京・大阪連携会議」後においてのインタビューでした。

 (当時)松井大阪府知事&吉村大阪市長が東京都・小池知事を表敬訪問されています。会議後、吉村大阪市長がメディアのインタビューに答えたことばを文字起こしした上で、今日のブログに張り付けることにしました。

 大阪府の成長を願う一府民です。

<吉村大阪市長(現大阪府知事)>
今日の会議に、なぜ東京が代表一人で大阪側の代表が二人必要なのかと、ここが大阪の都市制度の脆弱点の証明だと思います。つまり、大阪の場合こういった大阪全体の成長していこうとする、例えば東京都と連携していこうと思えば、大阪全体の成長をしていこうと思えば、現状では二人そろわないと出来ない、って言うのが大阪の大きな大問題点なんです。これはどうしても同じような権限を持ってますから、かつては不幸せと言われてて大阪の成長が定まらなった。今日この場に都知事が居て、都知事は東京代表一人、そして、大阪は代表が二人いる、これが異常な状態なんだっていうこと・・・。これを解消しようというのが正に都構想なんです。大阪の大きな成長戦略は東京のように一本化して決めるような仕組みを作っていきましょう。そこだけです


グラウンドの外周を散歩

 日中は少々残暑が残るものの、夜から朝にかけては涼しくなってきました。

 今日(木曜日)は午後3時で終わりましたが、火~木曜日まで子守をしていました。下記写真の場所ですが自宅から車で移動する必要がありますが昨日に引き続き、野球からサッカーの出来るグラウンドのある場所を訪れてみました。

 グウラウンドですが外周が600㍍あるとのことです。昨日に続き今日も、グラウンドの外周を一周散歩してみました。結構暑かったですね。








ラーメンを食べての帰路で

 昨日は、自宅のことで振り回せれて一日が終わってしまいました。今日は寛いでいるところです。

 何もしないわけですから昼食抜きでもかまわないわけですが、ラーメンが食べたくなったので自転車で出かけてみました。久しぶりに乗る自転車なのでブレーキの機能が最悪、加えて前後輪の空気圧もゼロに近い状態になっていました。更にチェーンにも錆が見られるなどガタガタの状態でした。保守点検の必要がありそうです。

 帰宅の途中、刈入れ間近のイネを目にし思わず立ち止まり写真に収めました。この光景を見た私は、大阪府&和歌山県の県境の山を歩いてみたい心境にかられたものですが。




再度「いただきます」の持つ意味

 昨夜は、久しぶりに美味しい焼き肉をご馳走になりました。肉を口にほおばり噛んだその瞬間、なんとも言えない肉汁が「ジュわぁ~」と広がるわけです。最高の気分に浸ることが出来ました。

 真夏の峠は越えたはずですが、それでもこの時期に食べる肉は、また格別です。青森産と思われるニンニクも食べることが出来ましたので、暫くの間、元気もりもり気分でおられることは間違いないでしょう。

 先日、串本のイルカやクジラの追い込み漁について、個人的な思いを書き込みました。昨夜のように私は生ある牛肉を食したわけですから、私にイルカやクジラの追い込み漁について、反対の意見など言えるはずもありません。ましてや、動物の知能の優劣で捕食の対象を決めるのは愚かなことかもしれません。

 以前も書きましたが、私たちが食膳に手を合わせて「いただきます」とことばにします。そこには、すごく重い意味が含まれているのです。動植物を口にするその瞬間、つまり「あなたの命を私が頂きます」との感謝の重い意味が含まれているわけです。感謝の気持ちを大切にしながら、動植物を食すればよいわけです。

 

熊野那智大社

 和歌山県も大阪からだと、三重県の県境近くまで足を延ばせば、那智の滝や熊野那智大社、更には熊野速玉大社(三重県との県境)・熊野川の瀞峡ウォータージェット船等を利用することでの観光が楽しめます。何と言っても自然豊かな地に凄く魅力を感じます。 

 本来であれば、瀞峡ウォータージェット船で熊野川上流へ向かっての観光を満喫したかったのですが、長雨の影響により運休状態が続いていました。 

 と言うことで、一番のメインは那智の滝でした。9月5日でしたが那智の滝を撮影するため全身汗まみれになりながらなも熊野那智大社まで歩きました。本当に大変だったなぁ~

 残された時間も限られていたことに加え、神社についての勉強不足も重なり、これを動画配信することが出来ません。数年後になるはずですが、できれば再びこの地を訪れてみたいと思っているところです。

 熊野那智大社の正面左端に熊野の神のお使いとされる「三本足の八咫烏(ヤタガラス)」がお祀りされていたわけですが、そのことに気づきませんでした。動画では確認できるわけですが、この状態で動画作成するには、あまりにも中途半端すぎるので動画編集を諦めることにしました。 

熊野那智大社拝殿




青岸渡寺(セイガントジ)です。凄く趣のある寺です。ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場の参詣道の一部となっています。


歯科医での細菌感染で思ったこと

 認めたくはありませんが、年齢とともに全ての歯に軋みが生じていることです。とりわけ、一本の歯ですが、何時の日からだろうか?飲み物だけでも痛みを感じていたわけです。

 コロナのこの時期ですから、歯科医を訪れることが凄く嫌でした。でもほっとくこともできないので、渋々ながら通院していました。でも、かかりつけの歯科医ですが、さすがに信頼が出来なくなり今日は、急遽、近くの歯科医に飛び込みの予約を入れてみました。

 治療を終えるまでに要した時間ですが3時間20分かかりました。

 治療ですがレントゲン検査や親切な問診に基づき、最悪な虫歯(歯槽膿漏)について根元まで掘り返してくれました。その結果、腐敗しているうえに「細菌感染」をしていることが告げられたのです(腐敗については、実際匂いが分かるほどでしたから)。

 例年春と同時に悩まされる花粉に伴う咳ですが、何時もであれば花粉の収束と同時に咳も収まるわけですが、なぜか今年の咳は収まりませんでした。5月18日でしたが、まぁ、苦労しながらも血液検査の結果分かった原因が「感染症の疑いがあります」ということでした。

 何が申し上げたいのか、それは今日ふと思ったのが5月、内科医から受けた「感染症の疑いがあります」について、もしかすると今日の歯の「細菌感染」と結びついていたのかもしれなかった、と言うことです。

 思い切って歯科医を変えて良かった。これで順調に歯の治療が出来そうです。


橋杭岩(和歌山県)

 和歌山県串本町にある「橋杭岩」。ここを観光するのは、約10年前、自転車で日本一周以来のことです。海岸に並ぶ大小幾つもの岩を初めて目にし、自然の織り成す造形美、だと思わず感動したものです。と、同時に「どうしてこのような不可思議な岩の並び方をしているのだろうか?」と思ったものです。

 「串本観光ガイド」を引用させていただきますと、「海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるこの奇岩には、その昔、弘法大師と天邪鬼が一晩で橋をかける賭けをして、一夜にして立てたという伝説も伝わっています」とあります。

 大小40余りの岩柱がそそり立っている、とされています。確かに奇岩であることは間違いありませんが、では、「浸食される以前はどのような光景であったのか?」と何千万年昔にまで思い及ぶものでした????。

 訪れたのは8月5日でしたが、この日もそこそこの観光客でした。










岩がいくつも奇妙な並び方をしています。どうして?どうして?・・・と思っていたものでした。


太子町のイルカ&クジラ

 姪っ子の子どものため、和歌山県太子町にある「太地町立くじらの博物館」に立ち寄ってみました。そばには、イルカやクジラショーエリアなどがありますので、子供の社会見学の場としては、最高ではないでしょうか。

 クジラは、港入江の奥に設置されたイケスの中で飼育されていました。このうちの数頭は、クジラショーエリアで活躍されているわけですが、イケスには入らずに広い波止場周辺の一角で飼育(回遊)されています。

 イケスで飼育されているクジラを見た私は、単純な感情論としてですが、「こんな狭いイケスに入れられて、可哀そう・・・」と悲しい気持ちになったものでした。

 でも、太子町では、イルカやクジラの追い込み漁で生計を立てている方々がおられるわけです。このことを思うと、「かわそう」の単純論のみで「だから、イルカやクジラの追い込み漁は反対!」と異を唱えることはしたくないですよね。

 だって、所詮人間なんて、牛を筆頭として、様々な動植物を食しているわけですから。ここで「イルカと&クジラの漁は反対」と叫ぶのかおかしいはずです。全ての動食物について言えることですが、この世に生を受けているわけですから・・・。

 イルカやクジラの追い込み漁ですが9月から解禁されたようです。解禁に伴って8月31日でしたでしょうか、追い込み漁に反対するデモ行進が和歌山県太子町でありました。デモ行進を行ったのは、国内の動物愛護団体や賛同者など約30人であったと記憶しています。

 勿論、イルカ&クジラ漁についての賛成論者もおられたようで「クジラ漁の何がいけないのか」、と逆論を訴えたことをメディアを通じて知ることとなりました。

 いずれにしても、イルカとクジラの知能は確かに高いですよね。

 クジラを拝見したいようでしたら、和歌山県太子町までどうぞ。イルカやクジラは別としても、とにかく和歌山県の食材は新鮮であり最高に美味しい。


何れも本当のクジラですよ。船で外洋まで出なくても、本当のクジラが観察できます。私の傍まで寄ってきたクジラは、幾度となく塩を噴き上げてくれました。






















潮岬灯台 (和歌山県)

 午前中は、散髪に行ってきました。結構な人でしたので、帰宅したのが11時30分になっていました。この時期なので、理髪店を訪れるのが一番嫌ですね。勿論、職人さんも嫌だと思っているはずでしょうけれども。

 さて、楽しい時間と言うのは、何となく時間の過ぎるのが早く感じるものです。家族で紀伊勝浦を旅したのが5日でしたが、あっという間に楽しい時間が過ぎてしまいました。

 そこで今日のブログですが9月5日、和歌山県「潮岬灯台」を訪れた時の画像を貼り付けてみることにしました。

 本州最南端に位置する人口14,000人余の和歌山県串本町。白亜の灯台は、日本の灯台50選にも選ばれているほどで、本州最南端・紀伊半島の先端30mにも及ぶ断崖の傍に鎮座するものです。灯台は、海上交通の要所として船の安全を見守り続けています。同時に、台風の季節になると高知県足摺岬灯台同様、海上の様子について中継されることが良くあります。

 灯台内部は一般公開されていますので、展望台上部まで上ることが出来ます。内部は石造りのらせん階段を歩くと、最後およそ3mほどはあるでしょうか、80度ほどの傾斜で取り付けられた鉄製の梯子を手にしながら上ることになります。

 円形の展望台眼下からは、太平洋の大海原を一面に見渡すことが出来ます。この日は折しも台風10号が九州上陸を伺っていたこともあり、磯一面に打ち付ける波が泡となり周辺の磯が真っ白になっていました。
















熊野那智大社&那智滝

 今日のブログですが熊野那智大社とそこから見る那智滝、更には傍から見る那智滝の画像を張り付けてみます。
 
 現地を訪れたのが5日(土)でした。よくわかりませんが、土曜日にしては恐らく観光客は少なかったはずです?もしそうであるとすれば、新型コロナウイルスの影響大でしょう。

 まず、那智滝ですが滝の落ち口の幅が13mとされ、滝の高さが133m、滝つぼの深さが10m、とされています。その水量たるや正に大瀑布そのもので、日本三大名瀑に数えられる所以も、そこにあります。

 熊野那智大社を参拝するのは初めてのことでした。那智滝の近くに車を置き、そこから熊野那智大社を目指して山をほぼ垂直に向かって歩いたわけですが、駐車場へ戻った時は、体中から汗が流れていたほどでした。駐車場で着替えをしましたから。実際は、熊野那智大社まで車で行かれたわけですが、そのことに気づきませんでした。

 書けばきりがないわけですが、熊野那智大社から見る那智滝の眺望もまた格別でした。













那智勝浦から

 GoToキャンペーンを利用して、和歌山県紀伊勝浦へ来ています。

 とある理由のため、お一人様三千円の素泊りとなりました。なので、昨夜は外食になりました。

 紀伊勝浦ですが昔は、関東や関西からの新婚旅行先として賑わっていたようです。でも今は、市内ではその活気が全く感じられないようです。

 紀伊勝浦ですが、那智大社や那智滝のあることでも有名です。また、紀伊勝浦の手前には、鯨やイルカの追い込み漁でも有名な串本町があります。


ホテル5階の部屋から。まもなくホテルを出発します。





外食

 ペットフードを買うため出かけてみました。前回と同じものを買うことにしました。そこでよく見ると、価格は同じなのに、なんと容量が100gも減少していることに気付きました。何となくごまかされているようで、いやな気分になりました。

 買い物のついでに外食をしました。気分転換、とでも言うことになるのでしょうか。