FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

中国と同じ轍だけは踏みたくない

 新型コロナウイルスが日本全国に広がる気配が見られます。何とも憂鬱なことでしょうか。今日のブログは、その点について、問題の本質を掘り下げてみます。

 国内で起きている感染の最大の原因、それは、安倍首相が中国人の完全入国阻止をしなかったことでしょう。

 では安倍首相の正しい判断を阻害させた原因は何でしょう?それは、裏でうごめく親中派自民党議員。加えて公明党も極端な親中派です。この人たちが安倍首相に圧力をかけたのかもしれません。更には、オリンピックの兼ね合いもあったはずです。それは習近平主席を国賓として招くこと。そこには国家戦略があったはずです。

 中国インバウンド頼でしか成り立たない日本経済。もしかすると業界の圧力もあり、安倍首相は、中国人の入国禁止に踏み込むことが出来なかった原因がそこにもあったのかもしれません。

 中国人の入国禁止をすると、日本経済が揺らぐと考えたとすれば、その判断に誤りがあったことは、国内で起きている感染を見れば明らかでしょう。

 武漢で起きた真実の映像に正面から取り組まなかった国会議員。その答えが、ダイヤモンドプリンセス号でも明らかになってきました。同船が入港した後、二次三次感染を防ぐ手段として、健康な人を優先的に上陸させ、隔離することでした。

 ここに至り、感染者が徐々に増え、日本全国に蔓延する危険すら起きようとしています。そこで怖いのが、和歌山県で起きたような院内感染です。病院閉鎖に追い込まれると、いくら致死率が低くても日本でも武漢と同じことが起きると、死亡者が増えてくるはずです。

 怒りの矛先は、安倍首相と同様、一部自民党議員を含めた公明党。もっと悪いのは、立憲民主党や共産党なのです。国会審議を拒否したことを見れば明らかでしょう。これほどの危機が迫っているにも拘らず、いまだに「サクラ」国会に固執する間抜け野党。皆様、怒りましょう。

 日本が中国の二の舞にならないとするならば、それは、日本独自の国民皆保険制度や高度医療制度の充実です。加えて日本国民の民度の高さです。加えて衛生面が優れていることです。端的なことが水洗トイレです。中国や韓国は、使用済みペーパーを流すことが出来ません。水圧の低さに加えて、紙の品質が悪いため紙が水に溶けないのです。

 日本でも蔓延の兆候が見られる新型コロナウイルス。これに対峙できることがあるとすれば、以上のてんでしょう。少なくとも、中国と同じ轍だけは踏みたくありません。


スポンサーサイト



武漢市民の健康と幸ある営みを祈る

 朝いちばんブログを書きかけたものの、気分が乗らなくて途中で取りやめてしまった。その後、体力温存のためコタツに体を埋めていたものの、これはダメだとの思いから、再び新たなネタでブログを書き始めた。

 今、中国の現状について、与野党含めて(一部の議員を除き)、勉強している様子が見られない。

 ずっと以前のブログの中で、旧ロシア&中国の間で起きた国境紛争について書いた。そのなかで中国は「1億の人民が死んでもかまわない」と、当時のロシアに揺さぶりをかけたことで、ロシアはビビってしまったことを書いた。

 私が何を伝えたいのかの答えがそこにある。つまり、中国は、武漢を一番初めに完全封鎖した。中国は、この時点で武漢市民を見捨てたことを意味する。荒っぽい表現になるが、14億人民を抱える中国共産党からすれば、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐことができるのであれば、一千百万都市人民の死など何の痛みも驚きも、ためらいもないはず。

 このあと考えられるのが、自宅謹慎を強いられている武漢市民について、いずれ食料が枯渇する。そこで起きるのは、暴動。それを未然に防ぐ策として習近平国家主席は、武漢に軍隊を送りこもうとしている。おまけに情報統制まで敷く構えだ。

 武漢市民の健康と幸ある営みの出来ることを祈るしかない。
 

本日のハイライト(ツイッターから)

   <本日のハイライト>

 自民党 小野田議員と言えば、結構一生懸命頑張ってくれている国会議員のはずです。それでも新型コロナウイルスに関する「渡航制限」のツイッターを拝見すると何だか他人事のような発言に、国会議員(自民党議員)の皆様、本当にそれでいいの?と思ってしまいました。

 官僚と国会議員の立場が逆転しているようです。緊急時であっても国会議員は何も決められない、ってこと?これはダメだ、日本も終わりだ。だから安倍首相の政治生命をかけた政治決断が必要なのです。

これは、あまりにも他人事すぎる。安倍首相に詰め寄るべきですよ。




このご意見が正しいのです。


感染ルートの謎が解けたか?

 今朝のブログで、和歌山県内の病院で新型コロナウイルスによる院内感染の起きたことを取り上げました。その中で、和歌山市内のはるか離れに位置する病院において、どうして新型コロナウイルスが発生したのかについて、取り上げました。

 その謎が解けました。今日の夕刻、ヤフーニュースでも配信されましたが感染ルートについて、およそ次のことが考えられます。

 和歌山県湯浅町にある「済生会有田病院」で勤務する男性外科医師ですが、大阪府内(泉南市)にある系列の「大阪府済生会泉南医療福祉センター」で週1回、非常勤として勤務をされていたことが公表されました。

 大阪府済生会泉南医療福祉センターは、関西空港から南6㎞少々の泉南市内にあります。さらに病院の傍には大型イオンりんくう泉南店があり、中国人のお客様が大型バスで買い物に来店される光景が目立ちました。今も少々見られますが。

 済生会泉南病院で勤務歴のある男性外科医師の行動の詳細について、大阪府はまだ発表されていません。ただ、個人的な想像の域ではありますが、何となく感染ルートについての謎が解けたように思うのです。感染ルートとして、次の二点が考えられます。

 ①中国人観光客が済生会泉南病院で、男性医師の診察を受けたあと、帰国した。(りんくう総合医療センターで診察される中国人患者を幾人もこの目で見ているので、その可能性は十分あるはずです)。

 ②イオンモール内に買い物に訪れていた地元日本人が感染中の中国人観光客と接触。そこで感染したあと、済生会泉南病院で男性医師の診察を受け、医師が感染した。(ただし、この場合、他にも、感染された日本人が出て当然のはずなのに、全然患者が出ていないのです)。

 以上のことから考えられるのが、①のケースに該当するはずです。つまり、済生会泉南病院で感染した男性医師が、和歌山県湯浅町にある「済生会有田病院」に新型コロナウイルスを運んでしまったはずです。


二階幹事長一刻も早く湯浅町へ出向いて

 ずっと以前から「不思議だな?」と首をかしげていることがあるのです。それは、多くの中国人観光客が訪れていたはずの関西空港対岸自治体・泉佐野市周辺でいまだに感染者が出ていないことにつてです。いや、私の思うには、事実を伏せているとしか思えないのですが?

 関空対岸5㎞周辺には多くのホテルがあります。加えてインバウンド用と思われる新規バス会社が進出してフル稼働のようでしたが。更には、アウトレットがあり、そこには多くの若者や中国人観光客も訪れていたと言います(今は閑古鳥状態と聞いています)。

 関空対岸には「りんくう総合医療センター」があります。緊急病院であることは勿論のことですが、今起きているような急患の感染者が発生した時、受け入れ可能な病院になっているのです。別に期待しているわけではありませんが、その施設に新型コロナウイルス患者が収容されていません。不思議だな?

 ところが、最も心配しているこの地において感染者がでなくて突然、和歌山県有田郡湯浅町にある済生会有田病院において、外科医や患者が新型コロナウイルスに感染したことが公表されました。最悪なのが、病院が休診に追い込まれてしまいました。

 和歌山市内や高野山(宿坊にものすごく多くの中国人がおられました)において感染者が出たのであれば理解できるのですが、予想外の場所なので私も驚いているところです。

 和歌山県、と言えば自民党・二階幹事長のおひざ元のようなところです。今でもそうですが「中国、中国一辺倒」の二階幹事長さま、地元同様と言える地で起きた新型コロナウイルスという緊急事態に、あなたは、どのような対策を講じるのでしょうか?湯浅町周辺住民の皆様は今、混乱極めているはずですよ。一刻も早く、湯浅町まで出向いてください。


首相に気概と決断のなさすぎ

 12日のニュース配信で、「安倍晋三首相は12日の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、中国・湖北省に加え浙江省に滞在していた外国人も入国を拒否する措置を取ると表明した。13日午前0時から効力を発生させる」ことが報じられた。

 安倍首相の小出しの封鎖に対して、どうしてもっと早く完全封鎖をしないのか、と不信の念をいだく。難題のあることは承知しているが、それでも首相は、政治生命をかけた政治決断をするべきではなかったのか。首相にその気概と決断がなさすぎる。

 政府は、団体観光客は規制したものの、個人については今もオールパスにしている。どうしてもっと早く完全封鎖しないのか、後々悔いの残らないことを願うしかない。

 北朝鮮と中国は日本以上の友好国である(北朝鮮は中国を信用していないはずだが)。それは誰もが知るところ。その北朝鮮がいち早く中国と北朝鮮の国境周辺を完全封鎖した(中国との国境沿の北朝鮮では、既に感染者が出ているが)。この事実の裏に見えるのは、北朝鮮は恐らく新型コロナウイルスが危険な生物兵器から漏れたものであることを、いち早く知っていたとしか思えない。

 その一方で中国は韓国に対しては「貿易や移動の制限を勧告していない世界保健機関(WHO)の方針に従うべきだ」の強硬意見を発信した。まさに、中国によるダブルスタンダードの対応といえる。

 ネット情報網が発達した今、過去のように中国にとって不都合なことを政府が覆い隠すことは出来ない。中国国民に罪はないが、新型コロナウイルスからも分かるように中国共産党は信用できない。

毒饅頭でも食ったのか?

 先週の5日、歯科医に行ってきた。治療中、医薬品納入関係者と思われる方が診察室に入ってきた。治療の手を中断し、そこから聞こえてきたのがマスクについて。医師がマスク納入について問いただしたところ、業者の手元にもマスクが思うように入らない、という。これが現実なのだ。

 医療現場におけるマスク不足は、早くから伝えられていた。ところが、中国と友好都市(姉妹都市関係)を結ぶ幾つかの自治体が中国に向けてマスクの提供をされたことが伝えられてきた。

 東日本大震災の時、日本がそうであったように、困っている国や国民があれば人道主義の観点から手を指し示すことは必要なこと。ただし、今起きている新型コロナウイルスに対する現状では、自治体が備蓄してあるマスクや防護服を気前よく他国へ送るべきではない。

 今朝のヤフーニュースによると、「世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、スイス・ジュネーブで開いた記者会見で、新型コロナウイルスへのワクチン開発に18か月を要するとの見通しを示し、『利用可能な武器をすべて用いて、やれることをやらなければいけないと語った』」ことが伝えられている。

 このこと一つとっても分かるように、かなりの長期戦を覚悟する必要がある。なので、マスクについても他国優先の思いやりは、単なるお人好しでしかない。なぜなら、日本人の善意を踏みにじるかのように、中国船が日本領海侵入、あるいは爆撃機が沖縄周辺を平気で通過するなどの行為を行っているからだ。

 中国の毒饅頭でも食ったのか、自民党の幹事長がやたら中国のための肩入れに奔走していることが気になる。


国会議員の気概の乏しさ

 新型コロナウイルスが中国全土に蔓延している。その影響は、日本を含めた幾つかの世界の都市にまで及んでいる。

 中国は今、新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、幾つかの都市封鎖をするなどの強硬手段をとっている。しかし、ことは重大で、最後の砦のはずだった上海と北京市民までもが感染しているという。

 一方、日本政府の新型コロナウイルスに対する対応について個人的には、当初からどうも生ぬるく感じていた。それは、虎ノ門ニュースを通じて百田尚樹氏も同様の意見を述べていた。

 私は、自民党についての興味はない。理由は至って単純で、あまりにも醜い利権にまみれているため忖度が過ぎる。そのため、正しい判断が下せないこと。期待していたはずの安倍首相についても、ごく普通の国会議員でしかない。

 消費税10㌫への増税後、4月には習近平国家主席を国賓として来日させるなど、誤った政策が目につく。今回起きた新型コロナウイルスに対する対応もしかりである。

 一方、最大野党の立憲民主党も同様と言える。以前から変な政党と思ってはいたが、この度の新型コロナウイルス対策についても、「サクラ、サクラ」の国会質問で明け暮れた。この時期に至ってやっと騒ぎだした。危機管理能力ゼロ。

 共産党は例外。それは、中国共産党を見れば何の説明もいらない。対策は後手後手で、病で苦しむ国民を葬ろうとさえもしている。共産党とは、所詮この程度のもの。

 中国武漢で起きた新型コロナウイルス。中国で起きている実態を見ていれば、日本として今すぐ何をすべきかについての答えがそこにあるはず。にも拘らず多くの国会議員について言えるのは、「国家、国民の命&財産を守る」との気概に乏しい。

 中国の置かれている厳しい現実について、次の動画を見ればよくわかります。YouTube動画で「鳴霞(めいか)」で検索すると、拝見できます。



これ以上看過できない

 このように「きょうも いちにち ありがとう」と言いたいですよね。でも、中国は、とんでもない方向へと向いつつあります。このままでは、日本も中国の道連れにされてしまいます。これで良いのでしょうか。

 これ以上、看過できないことが日本でも起きていますので、この後、私の思いを書き込むことにいたします。

 取りあえず皆さま、今夜はおやすみなさい(2/8(土)、22:08分)。


私の晩酌用の「グイ飲みおちょこ」です。ところで、飲んではいるけれどもこのお酒、何時のお酒なの?


サクラ、サクラの国会質問に愕然

 気晴らしに外出でもして、ついでにカフェに入り好きなコーヒーでも飲みたいですね。でも、「新型コロナウイルス」のことを思うと、むやみに我が身を雑踏にさらすことはできません。万が一外出先で感染でもすると、周辺に与える影響が大きいですから。

 「新型コロナウイルス」について中国でいま起きている真実、それは、コロナウイルスの拡散を防ぐ手段として幾つかの都市を封鎖していることです。それでもなおかつ中国では、日々患者と死者が増えているのが現実です。

 今、中国で何が起きているのかの真実の全てがここにあるはずで、私たちはここから学ばなくてはなりません。

 SNSの声として、ここで他の病気を持ち出して比較対象しています。でも、それは現実的ではありません。今、目の前に起きているウイルスを日本国内で拡散させないことに全力を傾注することです。

 にも拘らず国会の場においても立憲民主党の質問は、親の仇のように「サクラ、サクラ」ばかりでした。これには愕然としました。