FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

第四回(李栄薫名誉教授の訴え)


 今日は韓国記事第四弾で、韓国ソウル大学・李栄薫名誉教授の訴えを抜粋し、掲載いたします。

 日韓にかんする一連の騒動について、韓国の要求には、一切妥協しないことです。その結果が国交断絶になったとしても、それはそれで仕方がありません。教授の言葉でもお分かりのように、嘘が当たり前の国なので、どのような約束も反故にされるのは明らかです。

 未来ある日本の子どもや若者たちのことを真剣に思うのであるなら、この際、韓国に対して強い姿勢で臨むべきです。一切の譲歩も禁物です。

 更に最後、三猿(見ざる、聞かざる、言わざる)ということばがありますが、韓国に対しては、教えず、助けず、かかわらず、が必要です。朝鮮半島にかかわると、ろくなことがありませんから。下手をすると、戦争に巻き込まれます。で、半島で火の粉が上がると、当人たちは知らんぷりですから、始末に負えません。 

 「募集であれ斡旋であれ当事者の同意なくしては不可能な労務契約関係だといえます。戦争末期の1944年9月からは徴用が実施されました。令状が発布され応じなければ処罰される戦時動員が実施されました。
 ところで今回の裁判の原告たちは時期的にみても募集と斡旋によって日本に渡った人々です。それなのに奴隷として連れて行かれたというのでしょうか。話が合いません。
 裁判部は歴史的事実がどうなっているのか知らずに原告の主張を真に受け判決に利用しました。朝鮮人労働者たちが正常な賃金を貰えずに奴隷として酷使されたという主張も事実ではありません。それは1960年から日本にある朝鮮総連系の学者たちが造り出した嘘です。募集と斡旋は勿論のこと徴用の場合に於ても賃金は正常に支払われました。その点は炭鉱と工場の賃金支出簿を通してわかります。 
 そのことに関しても後で李宇衍博士の直接の説明があります。労務者たちは賃金所得の一部を実家に送金しました。外国から郵便換で送金された額が1938年だけでも年間48万円に過ぎませんでしたが、日本への募集が始まった1939年に突然106万円に、1943年には452万円にまで増加しました。
 終戦の混乱の中未支払い賃金、預金、債券、保険などがあったことは事実です。未支払い賃金とはいえ大抵1~2ヶ月にすぎませんでした。日本政府は韓国から提起去れるかも知れない請求に対して未払い賃金、預金、債券、保険などを金融機関に供託するようにしました。約2千万ドルの総額でした。個人や会社が保有した預金、債券、保険などがそのおもなものでした。未支払い賃金はどれほどにもなりませんでした」


スポンサーサイト

送別会のお家騒動から(大阪府庁)

 昨夜から今朝にかけてですが、大阪府庁に関するニュースで「勤務中に送別会準備で処分検討」が目につきました。既にご存知かと思いますが、大阪府総務部長が堺市の副市長転任に伴い、6月で退職されたようですが、これに伴い職員が送別会参加を呼びかけたようです。

 参加への呼びかけ手段が勤務中であるうえに職場のPC(メール)を使ったことで、読売やNHKの報道のネタにされたというわけです。それを受けて吉村知事が囲み取材で、「送別会準備は職務専念義務違反にあたり、厳しく対応したい考え」と述べたといいます。

 記事を通じてのコメント欄を見ると、賛否両論のコメントでした。ただ一つ言えることは、民間と公務員の違ですが公務員については常にオンブズマンによる監視の目があることです。庁舎内への入庁は誰もが自由です。であるからこそ職員は、常に内規を守る必要があるわけです。

 記事でも触れていますが、過去に裏金問題があり、公金に準じるもの以外は、今回問題となった送別会のお金を金庫に保管することは禁じられているはずです。そのことを無視し保管したとすれば、それは内規に違反します。

 吉村知事の「処分検討」について、反対意見もありますが厳しいメデェア&オンブズマンによる監視の目がある以上、吉村知事の内規重視の発言に批判はできません。

 ※今日のブログですが、韓国関連記事につて中休みといたしました。


嘘の文化、嘘の政治、嘘の外交


 在日朝鮮人の多くは、日本人によって強制的に連れてこられた、と学校で私は教わりました(パンフレットもありましたが)。でも、それが間違った教育であることを知ったのが、老いてからのことです。誤った教育は、日本人だけではありません。韓国の教育現場においても、徹底した反日教育が行われていると言います。

 今日も、一、二回目に続き、韓国ソウル大学・李栄薫名誉教授の訴えの言葉を抜粋し掲載いたします。教授の言葉を韓国国民が重く受け止め、現政権の誤りに早く気付いてほしいものです。
 
 「人がお互いだましあい、嘘をつくことを当たり前のように考える国、他の国との外交さえも嘘で成り立ちどんな条約をしても信じられない国が亡国直前の大韓帝国でした。そんな国が亡ばないとすれば、いったいこの世でどの国が亡ぶというのでしょうか。
 青年李承晩の絶叫が胸に響くのはまさに今の大韓民国がこのような嘘の文化、嘘の政治、嘘の外交に転落しこのままでは必ず再び亡国の悲哀を避けることができないからです。
 ついにこの嘘は司法部まで深く浸透していきました。ひたすら事実に根拠し正義の原則に従って剛直に裁判をしなければならないこの国の判事たちは何が事実であり、何が嘘なのか見分けることができない中、でたらめな判決をめちゃくちゃにくだしています。
 つい先日、最高裁合議部は1941~1943年日本製鉄で労働者として働いた人とその子どもに対し新日本製鉄が1億ウォンの賠償金を支払えという判決を下しました。この判決は当時日本製鉄で働いた朝鮮人労務者たちが奴隷として連れて行かれ奴隷として酷使されたという事実、言い換えると世界が憤り、時効を置かずに処罰する普遍的な反人権的犯罪の被害者であることを前提にしています。しかしながらこの前提自体が全く事実とちがっています。
 多少荒っぽい言い方ですが真っ赤な嘘だといえます。そのことに関してはこれからの講義シリーズで関連分野最高の権威者である李宇衍博士が詳しく説明します。
 1937年以降毎年10万名以上の朝鮮の人々が自発的に、ある意味では必死に日本に渡って行きました。より多い所得とより良い職場を求めてです。その数が太平洋戦争勃発直前の年1940年には20万をこえていました。その後戦争が酷くなっていくにしたがって数が減ったりしましたが、それでも1944年まで毎年10万名以上の朝鮮人が日本に自発的にわたっていきました。それとは別途に1939年から労働力が不足してきた日本社会が朝鮮から労働者を募集し始めました。
 1939年から1941年まで約17万名がその募集によって日本に行きました。到着した労働者の3分1は6ヶ月以内に他の職場に逃げて行ってしまいました。日本社会の募集を日本に行くための機会として利用したのです。副作用が甚だしく1942年からは総監。その後1944年8月まで約25万名が総監府の斡旋を通して日本に渡っていきました



韓国は消滅か?

 韓国のことについて、本来は一度だけにするつもれでしたが、もう数回書くことにします。下記のキギかっこの文章は、引き続き昨日の文章から抜粋したものです。

 藤井厳喜氏が1年ほど前の動画のなかで「韓国の消滅断言します」と明言されていました。ほぼ大当たりですね。チュチェ思想に凝り固まる分大統領の頭は、革命思想に向けてまっしぐら。この暴走を止めることはほぼ不可能。日韓関係の全てについて、文大統領は、過去の事実のすべてを否定しているのです。だから、どの様な会話も折り合えるはずがありません。

 「“今この大韓をこんなにも台無しにしてしまった一番大きな原因が何かと言えば嘘をつくことがまず第一番目である。この噓をいう悪習について例挙しようものなら限りない。
 上の者は下の者を、息子は父親を騙し、他人を欺く者を聡明だの賢いだのといい、騙せない人間をできそこないだのおめでたいなどという。
 親が子どもを教えるのに他人に騙されるなと言い、先生が生徒を教訓するのに嘘の称賛をし、人間万事於て嘘と計り事でみちている”続けて“嘘で家庭を修め嘘で友だちと交際し嘘で国を治め嘘で世界と交渉するというのだから、一人二人の人が私的な事も相談もできず、そうであるのにどうして国の重大な問題を語り決定できるだろうか、それで世界の人々は大韓と清の国を嘘の天地だといって公使や領事で選ばれ送られると本当に正直な人は額に皺(しわ)をよせ頭をふり、赴任してくるのを嫌がるのだが、実に恥ずかしく悔しいことである“青年李承晩はこのように言いました


 韓国国民は日韓関係の歴史について、もっと勉強をするべきでしょう。その上に立ち、日本を責めるのではなく、自国の置かれている現実について早く目を覚まさすべきです。でなければ、韓国は本当に消滅します。

韓国ソウル大学・李栄薫名誉教授の動画

 キーボードから打つ指が数日止まると、何も書けなくなります。

 参院選挙もアッというまに終りましたね。個人的には、選挙区、比例代表ともに投票した二名の方が当選され、心から喜びました。両名につきましては、日本国家・国民のため死力を尽くしてほしいと願っています。

 数日前のことですが動画を拝見していると、韓国ソウル大学・李栄薫名誉教授の動画配信が目に留まりました。私には当然、韓国語が分かるはずもありませんが、画面下段に日本語の翻訳が流れていましたので、読み取ることが出来ました。二回見た後、翻訳された文字をWordへ転載しました。 

 教授の題目は「嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判」、すなわち韓国の嘘の文化にたいして告発します、というものです。冒頭の一部分につて、少しだけ触れておきます。
 
 「韓国の嘘の文化は国際的に広くしられた事実です。2014年偽証罪で起訴された人々が1400名にもなります。日本に比べ172倍です。人口数を考慮した一人当たりの偽証罪は日本の430倍です。虚偽の事実に基礎した告訴、つまり誣告(ぶこく)の件数は500倍です。一人当たりでみると1250倍です。保険詐欺が蔓延しているのは周知の事実です。自動車保険、交通保険、生命保険、損害保険、医療保険などにわたり保険詐欺の総額は2014年、四兆5,000億を越えると制定されています。アメリカの100倍だといいます。民間に対する政府の各種支援金も詐欺によってもれています」・・・。

 この一部を読むだけでも、韓国政府の日本政府に対する嫌がらせにつて「なるほど」と納得できます。

睡眠不足

 酸欠になると魚が水面に顔を出して口を開くように? 今日の私も、あくびのために口を開く回数が多くて、困ったものです。ただし、酸欠ではありませんが。

 あくびの多い原因ですが16日日でしたが、一睡もできなかったためです。さらに、17日についても、よく分からないけれども寝付いたのが日付が変わっての3時前でした。

 睡眠不足が二日間に及んでいるので、あくびの回数も自然に増る、という次第です。基本的に昼寝が出来ないタイプなので、今夜の深夜勤務、大丈夫かな。

高野山の動画を投稿

 雨の合間をぬって、朝いちばんワンコの散歩を終えました。本来であれば次週の日曜日あたりが梅雨明けになるはずですが、週間天気予報では曇りが多いようです。このままだと、今年の日照時間は短くて農作物に悪影響を及ぼすので、農家の方や消費者にとっても最悪になりそうです。

 さて、高野山へ行ったのが先月でしたが、何とか動画編集が完成しました。早速、昨日はYouTubeに投稿したところです。予想外のトラブルの中での撮影でしたので、イメージ的な完成度は70㌫でしょうか。

 最大の減点は、速歩での撮影だったので予想以上に動画が揺れていたことです。歩きながらの撮影は、特段の慎重さが求められます。もう一点、撮影場所が同じであれば、BGMも同じものを使いたい、となります。今回の動画は、かなり長いので当然BGMについても繋ぎがでてきます。つまり、BGMの繋ぎに違和感の出ない工夫が求められます。反省点でした。

 初めてYouTubeへ動画投稿した時は、単なる興味本位から始めました。でも、1年ほど前になると、「こんないい加減な動画を流したのでは、失礼になる」との思いが強くなりました。新しい動画本数が増えれば、古いものは消去することにします。

 今は、撮影に対する工夫、BGMの扱いなど、一本一本の投稿動画編集について、真剣に取り組むようになってきました。今、19名の方から登録を頂いています。ガッカリさせないためにも、真剣な動画撮影・編集を心掛けます。

野良猫親子


 朝のワンコの散歩で、緑地帯で寝そべる母猫と三匹の子猫を見かけました。

 野良猫、ということもあり、母猫はやや痩せ細り、どう見ても三匹の子育てが出来るようには見られません。子猫も恐らくお腹いっぱいのお乳にありつけないかもしれません。

 ところで驚いたのが夕方のワンコの散歩をしていると、同じ場所で同じ猫が寝そべっているではありませんか。母猫は、もしかすると気力がなくなっているのかもしれません。ぐったりして朝と同じ場所で寝転がっていましたから。

 たまに見かけるのが「猫にえさを与えないでください」の看板です。いくら野良猫であっても、生を授かっているわけですから、この子たちには何の罪もないはずです。ただ、すごく複雑な心境ですね。えさを与えると、不幸な猫が増えるわけですから。
 

親子共々白なので、白飛びしています。朝からここにおられるようです?そばに餌があればあげるのだけれど。

高野山の動画


 高野山を訪れた際のYouTube投稿用の動画についての骨格が見えてきました。撮影画像はすごく不満足ですが、暫く投稿していないので妥協する必要がありそうです。

 PC上に投稿動画を羅列したので、次は修正を加えてみます。更に必要な場所にBGMを流す必要があります。ただ、ダウンロードしていたBGMですが、保存していたPCから消えてしまいました。まずは、これを何とかしなくてはなりません。

 のんきな爺さんなので、公開までには、もうしばらく時間がかかりそうです。


これにまだBGMを貼りつける必要があります。

雑記

 朝夕の一日二回、ワンコの散歩に出かけるわけですが、この時期になるとさすがに暑くなってきました。

 とういことで今日から、外出以外は短パンで過ごすことにしました。さすがに膝下が涼しくなりました。これで体感温度が1℃は下がった感覚です。

 「暑い、暑い!」と小言を言いますが、個人的には夏が好きです。たまに呟くことですが、冬の行動はどうしても制約がかかるからです。ところがこの私、定年後、本気で北海道への移住を考えた時期がありました。心と行動が真逆だったわけです。

 10日ほど前からでしょうか?まだ、ときどきですがミンミンゼミの鳴き声が部屋の窓越しから聞こえてきます。ミンミンゼミの次はクマゼミ、その次がアブラゼミで最後がツクツクボウシで夏の終わりを告げます。

 

雑記

 今日のわが住まいの上空ですが、少々日差しの見られる中途半端なお天気です。

 先月の25日でしたが高野山を訪れました。目的は、動画撮影のためでした。ところが、大切な動画器材を忘れてしまったりとか、充電不足であったりとか、甥っ子に買ってもらった大切なデジカメ器材の一部を忘れてしまうなどのことが重なり散々な結果で終わりました。さらには、高野山参道撮影についても速歩だったため、画像が不安定であるなど散々な結末でした。

 取りあえず、撮影動画を再確認の上、修正が可能であれば手を加えたうえで公開に踏み切りたいと思います。ただ、いずれにしても天空列車を通じての撮影に失敗しましたので再チャレンジが必要になりました。

楽天的な人生観・・・

 診察のため総合病院を訪れたのが6月4日でした。そして、1カ月後の昨日ですが、再診のため病院へ。そして、初診の時の採血結果について医師から、「PSAの数値が4.96Hでした。4以上になるとガンの疑いもあるので、念のため検査をしておくことにしましょうか」、との説明を受けました。

 4~10のラインがガンの疑い数値なので、それほどの危険ラインではありませんので、まだ救われました。仮にがん細胞が見つかったとしても、まぁ、大丈夫でしょう。

 と言うことで、7月16日はMR撮影と肛門を通じて20か所から組織採取をするための、前立腺生検をすることになりました。通常は12か所ほどのようですが、私の場合は少々状況が悪いので、20か所になりました。

 早くから異変を感じていたのに、あまりにも我慢をしすぎてしまったようです。弟の強制的な勧めがなければ、とことん病院へ行くことはなかったかもしれません。

 人間には生まれながらの寿命があるはずです(私の持論ですが)。これに逆らうことはできません。私自身、70歳まで生かせてもらったことだけでも神に感謝の心境です。

 顧みると、在職中でしたが、目まいや突然気分の悪くなることが幾度かありました。あるとき、勤務先の診療所へ駆け込むと、そこで心電図の検査。「これは、すぐ入院です!」と通告を受けると、勤務先の車に乗せられて、近くの総合病院に強制入院をさせられたこともありました。

 入院の前私は、「今すぐの入院はダメです」と断ると、「あなた、死んでもいいの!」と、一喝されたものです。時には、通勤電車内で体調を崩し、やっとの思いで帰宅し、病院に駆け込み、点滴をすることもありました。

 過去、幾度か体調異変に襲われたわけですが、退職後の今は、嘘のように体調が良くなっています。どうやらストレスが影響していたように思うこの頃ですが。

 今は「なるようになるさ・・・運が良ければ、まだ、まだ長生きが出来る」と、楽天的な人生観を持ちつつ、日々暮らしている私です。