FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

コーヒー&100円クッキー


 今、夜の勤務に就いているところです。当初、75歳まで仕事を続けることが出来れば、との思いでしたが、最近は2~3年が限度と感じるようになりました。いや、3年も続けられるか怪しいところです。ただ、何がなんでも次男の甥っ子が働けるようになるまでわ、との気力だけで頑張っているわけですが。最も、仕事で下手を打てば、即時、仕事を辞めるしかありません。

 このような日々のなかで最近は、コンビニで販売している100円クッキー&チョコレートにハマっているところです。コーヒーとの相性が抜群に良くて、すごく気に入ってるところです。


100だから、安い。


スポンサーサイト

2歳児を保護した小畠晴夫さんから学ぶこと


 山口県周防大島町で2歳児が行方不明になっていたわけですが、それを大分県出身の尾畠晴夫さんが見事に男児を無事保護してくれました。この事実について、全国民の方が拍手喝采の心境になったはずです。

 さて、幼児を保護した尾畠晴夫さんですが、地元・大分県由布岳の山岳道を補修するなどのボランティア活動も行っていました。

 さらに驚くのが、鮮魚店を営んでいた66歳の時、鹿児島県佐多岬から北海道宗谷岬までの約3300㎞を徒歩で日本縦断を成し遂げています。3カ月の日程で旅立ったのですが、予定よりも9日も早く目標達成させています。使用した靴は5足ということです。

 私の知る限り高齢者が日本縦断を成し遂げたのはこれで、二人目になります。78歳の尾畑晴夫さん、現在もボランティア活動に余念がありません。彼のこのような生きざまは、まさに神業としか表現のしようがありません。

 彼から学ぶべき「清く正しく生き、人のために尽くす」この信念が2歳児保護へと神が導かせた、としか思えません。学ぶべきこと大です。更に付け加えるとすれば、人間、強く願えば、おおよそのことは叶えられる、ということでしょうか。


祖父宅から直線で約500㍍先にある沢のそばで保護してくれました(写真を拝借いたしました)。





地元・大分県由布岳の山岳道に設置の休憩用のテーブル&椅子。腐食した板を彼は、取り換えています。





地元・大分県由布岳の山岳道。露出した地肌を補修する尾畠晴夫さん。自宅で資材を揃え、現場まで運んでいます。





66歳の時、彼は意を決して「徒歩による日本縦断」を決行します。





徒歩ですから目標達成するには、少しでも荷物を軽くする必要があります。テントは必需品です。でも、少しでもコンパクトにする必要があります。そこで考えたのが、手作りのテントでした。雨傘を広げることで圧迫感を回避させる工夫をさせています。





自前のテントに入り込んで見せたのが御覧の通りです。でも雨が降ると、あの状態で過ごすことはできないはずですが。かなりの苦労をされたことは確かです。





鹿児島県佐多岬の灯台へと続く旧有料道路の料金所を出発です。





九州踏破する手前になると、靴擦れが起こり大変だった、といいます。そのことを物語るかのように、足がすごいことになっています。ただ、ここまになると固くなり痛みも無くなったそうですが。





3カ月弱で目標達成させました。彼は、日本の様々な山に登っています。そのことが、日本縦断という偉業達成に繋げたはずです。北海道宗谷岬から。

NHKの実態


 テレビを見なくなってからどのくらいになるのだろうか? 見たくもないテレビのために受信料を支払うのがばからしくて、結果として今年の春でしたかNHKとの受信契約を破棄したことをブログの中で書き込みました。

 NHKは国民から強制的に受信料を徴収しているのに、相変わらず非国家的な放送を続けているようですね。

 自民党の和田政宗議員(元NHKアナウンサー)も、動画を通じて「これ以上NHKを擁護しない!」と怒り心頭の発言をしていました。どうやら旧日本陸軍による中国人殺害について、ロシアの資料を鵜呑みにしたまま事実の検証もしないで放送をしたというのです。要するに事実に基づかなで編集・放送をされたわけです。

 東京ではとあるデモ隊に対して、一人のNHKプロデューサーがデモ隊に対して罵声を浴びせている様子の動画が流されました。批判を恐れたNHKが当人を地方支局へ転勤をさています。この人物、どうやらとある団体の幹部であることが暴露されてしまいました。

 さらにもう一つ付け加えると最近ですが、韓国サムスンが販売するスマホの新機種を55秒も公共の電波を通じて宣伝したことで、これまた大きな批判を受けています。これは、間違いでしょう。

 これがNHK一部幹部の実態なのです。だから日本を貶める一方で、韓国や中国に平気で加担する放送を行うのです。個人的には、NHKの民営化を心より願う一人ですが。

 テレビを見ない私は、常にYouTubeを通じて正しい情報を吸収しています。そこで先日のことですが、甥っ子に重宝なものを頂きました。それまでマウスを背後置き、それを利用することでスマホを立てていたわけですが御覧のとおり、素晴らしい角度でスマホ画面を見ることができるようになりました。

 


犯人逃走で思うこと

 時間遅れの情報になりますが、昨日は、スマホを通じて虎ノ門ニュースを見ていると、府警本部発信で次のような情報が飛び込んできました。

 ご存じのように、大阪府富田林署で強制性交などの罪で起訴され留置中の男が、署内の面会室で弁護士と接見後、仕切りとなっているアクリル板を破り逃走したものです。逃走したのは、12日の夜だったわけですが。

 逃走後、SNSを通じて警察に対する批判の書き込みが見られましたが、犯人逃走の責任のすべてが富田林署にあったとは思えません。一義的な責任は、弁護士のはずです。少なくとも接見を終えた弁護士が、どなたかに伝える義務があったはずです。

 もしかすると自身(弁護士)の地位に驕(おご)りがあったように思うのですが。一方、富田林署は、弁護士に対する過剰な気遣いがあったのではないでしょうか。

 いずれにしても4月30日、松山刑務所大井造船所から受刑者が逃走したあとだけに、双方にもう少し危機管理があれば、逃走は防げていたはずです。






★逃げれば罪が重くなるだけ。事件の再発の起きないことを、祈るしかありません。


山口県光市母子殺害事件で思う死刑制度

 少しばかりブログ更新を怠っていると、世間では目まぐるしく様々な事案が起きている。今日は、その事案の一つとして「死刑制度廃止」について取り上げてみたい。

 いま弁護士会を中心とする一部の方々のなかで、「国家の名の下で、人が人を殺すことはいけない」また、世界の動向も踏まえた上で「死刑制度反対」を訴える声が聞こえる。

 改めて記すまでもないが、死刑制度反対の声が再燃したのが「オウム真理教の麻原彰晃を含めた13人の死刑執行」であった。

 ここで個人的な考を改めて書き込むと、「死刑制度反対」といえる立場にあるのは「被害者家族のみにある」と伝えたい。それ以外の方が「死刑反対」と声高に言うのは論外。

 その理由を口説く書くよりも、次の動画をいちど見聞していただければ、被害者の思いや私の思いも少しはご理解いただけると思う。語りは「武田鉄矢」氏だが、この画面以外で見たい方は「山口県光市母子殺害事件 武田鉄矢が語る」で検索していただきたい。


続きを読む

PCを購入

 いつだったかな? C・D両デイバスの空き容量が飽和状態になったことを書きました。ただ、Cデイバスは何とか使える状態にしたわけですが、さすがにDデイバスを改善させることができません。

 このよな状態の下で最近のことですがスマホ&PCを繋ぐも、PC側でスマホを認識しなくなってしまったのです。更には、お気に入りを表示すると、不思議な現象が発生。これはダメだ、と判断。PCの寿命、と判断し新しいPCを買い替えましたよ。

 いま私は、YouTube に力を注いでいるところです。とは言っても撮影のすべてがスマホです。もっとも、デジカメ(よく見ると4K撮影も可能)もあるわけですが、どうも馴染めなくて。

 先月、京都での祇園祭の動画撮影も当然スマホでした。ところが、帰宅後、編集のため動画をPCに取り込もうとしたものの、上記のようにPC側で反応をしてくれません。やむを得ずスマホを通じて祇園祭の動画をそのまま転送・公開したわけですが、画像が悪くて残念な結果になってしまいました。

 スマホに保存の画像は、スマホ画面で一旦「共有」に移すことで、PCへ転送させることができたのでホッとしているところです。

 スマホ&PCの関連性を考えると、本当はMacPCが良いのですが、かなり贅沢すぎる買い物になるので諦めました。いずれにしても、これで暫くの間、安心してPCを使うことができそうです。


毛筆で悪戦苦闘

 ここ数日、毛筆で命名を書くのに悪戦苦闘を強いられた。それが下記一筆の画像である。

 筆を手にするのは、いったい何年ぶりのことだろうか。それでも、練習をしているうちに慣れてきたわけだが清書になると、どうしても思うように筆が運べない。

 60㌫完成度で諦めた。姪っ子には勘弁してもらうことにした。