FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

罠にはまった

 コインパーキングの利用料金についてのトラブルが増えているようです。すでにご存知かと思いますが、例えば「1日最大700円」の看板表示を見て、これは安いと気軽に3日間駐車させたとします。

 利用者は単純な発想で3日だと、2,100円の計算にします。ところが、ここに大きな落とし穴があるのです。この駐車場の通常利用料が1時間100円の設定であれば、1日目の700円の駐車料金にプラス2日目以降の駐車料金が加算されることになります。

つまり、
1日目: 700円
2日目: 1時間100円×24時間利用=2,400円(累計3,100)
3日目: 100円×24時間利用=2,400円(累計5,500円)

 合計金額は、5,500円になるわけです。

 以上の情報を知っていたはずの私が、昨日でしたが、まんまと罠にはまってしまいました。それが、次の看板です。急いでいたので看板表示の「最大700円」の料金以外に目を向けていませんでした。


700円の料金を投入しても清算ができません。「あれ??? なんでだろう???」

 そばの看板に目を向けると、700円の下に「№8~№14車室最大料金の適用はございません」となっているではありませんか。つまり、私の使った駐車場スペースがこの中に含まれていたわけです。

 つまり、9時間利用したので、20分100円となっているので、つまり1時間300円になります。
∴ 1時間300円×9時間の利用=2,700円になるわけです。

 なんだこれわ!! 罠にはまった、との思いでしたが看板の表示確認を怠った自分が悪かったわけです。それでも、気分が悪かったですよね。次から気を付けることにします。


スポンサーサイト

徘徊中

昨夜は仕事だったので本来であれば帰宅後仮眠の時間なのですが、大阪市内の写真のところで徘徊をしているところです。

日本列島の全てだと思うのですがここ数日、かなり寒いですね。

外に出ると、全身が氷柱の様な感覚になります。





なんとも風格のない新歌舞伎座でしょうか!以前の歌舞伎座は、場所も一等地、建物も立派でした。


カラス

 新年を迎えた1月でしたが、埼玉県・所沢と入間の3キロ圏内で90羽のカラスの死骸がみつかったことが報じられていました。鳥の大量死を知ると、鳥インフルエンザを連想します。

 90羽のカラスの死骸について、鳥インフルエンザの簡易検査では陰性であり、農薬も等の化学物質も検出されなかったことが伝えられていました。

 今朝いちばん、クリーニング店へ向かうため歩いていると、1羽のカラスがフェンスに止まっていました。カラスはすごく警戒心の強い鳥です。でも、私が2㍍程度まで接近したにもかかわらずカラスは、その場から飛び立つことをしません。

 無防備なこのカラス、もしかするとめまいを感じるほどの空腹に襲われ、私の存在などどこ吹く風、の状態に置かれていたのかもしれません? さらには90羽のカラスの死も餓死ではなかったのだろうか? と様々な空想にふけったものですが。

 

装備の大切さ

 14日(日)のブログは、ハイキングの様子でした。記事の中で、目的地へ向かう過程で道に迷ってしまったことを、発信しました。

 それほど大層な迷いではなかったわけですが、それでも実際に山で迷うことの恐ろしさを実感したものです。

 迷ったのは私だけでなく、6歳の子連れご夫妻もご自身の歩いてきた進路とは真逆へ歩いたため、どちらへ向かえばよいのか困っていました。一応説明はしたつもりですが、無事帰られたのかすごく心配でした。同行してあげればよかったのですが、さすがに後戻りをするほどの気力がありませんでしたから。

 ハイキングを通じて思ったのが、山へ向かう時の装備の大切さでした。


目的の場所へやっと到着でも?

やっとの思いで、目的の場所へ着くことができました。そこで、さてオニギリを食べようとリュックを開けると入っていません。

なんと、コンビニの店内でコーヒーを飲むとき、そばに置き忘れてしまったのです。

結構歩いたので、水分補給がしたいのですがそれが出来ません。すごく辛いですね。

とにかく下山することにします。






目的地の場所で休憩。


またもとんでもないところへ

引き返したつもりが、再び迷ってしまったようです。引き返します。




道に迷ってしまいました

途中で枝道に突き当たり、一瞬迷ったわけですがやはり判断に誤りがあったようで、思わぬところに来てしまいました。

一旦、引き返すことにします。

とんでもないところへ、来てしまいました。





苦労して歩いたのに、何ですかこれわ。

























ハイキング

近くの山をハイキングするため、駅前のコンビニでオニギリとお茶を買い、自転車で目的地の麓まで行くと、ご覧のとおり通行止になっているではありませんか。





さて困った、と思いついたのが別の迂回ルート。山道入口に自転車を置き、山頂を目指して歩いているところです。





猪を捕獲するための捕獲器が置かれています。





振り返って見ると、結構な距離を歩いているのが分かります。





数日前に降った雪がまだ残っています。



山頂でオニギリを食べることにします。



寒いときは温泉に限ります

 1月5日の小寒が過ぎ、1月20日の大寒に向かっています。つまり、一年のうちで最も寒い日に向かっているわけです。

 寒さをうらづけするかのように、今日の私の住む地域では、朝から雪が少々舞い、夜の出勤時間になると、車が雪で真っ白に染まるほどでした。

 寒さには勝てず、昨日の午前中は温泉へ。体が冷え込んでいたようで、湯船に入るとお湯が肌を差し込むような刺激を実感したものです。

 寒いときは、やはり温泉に限りますね。



ブロガーさんの死

 FC2ブログへ引っ越したのが、2013年(平成25年)でした。約4年4カ月が経過しました。

 書き込みを始めてどの程度の日数が経過していたでしょうか? 右「リンク」に貼り付けてある「元インプ乗りnox nix 」さんが私のブログをご訪問してくれました。そのあとすぐのことでしたが、彼のブログに私のブログをリンクさせてくれたのです。なので、私もすぐ彼のブログを私のブログにリンクさせました。

 ところが一昨年のことですが、彼が体調の異変を訴え始めました。検査をしたものの原因が分からない、地元には大きな病院もないし、と言うことでした。コメントを通じて総合病院で再検査をすることを進言しました。

 ところが、彼が突然、倒れてしまい救急車で総合病院へ搬送され入院。検査の結果明らかになったのがとある癌に侵されていたわけです。

 手術を行うもそのあと転移があり、再手術、1年弱抗がん剤を使うなど病魔と闘っていたわけですが、昨年の10月帰らぬ人となってしまいました。彼の他界について、それとなくお伝えしてくれたのが信頼できる友人でした。その方が、「元インプ乗りnox nix 」さんの最後のブログ更新になっていました。

 彼からよくコメントを頂きました。でも、癌に侵され、手術を行い、抗がん剤との辛い闘いをする彼の訴えを知るにつけ、自然とブログご訪問をとう避けてしまいました。彼へどのようなコメントをすればよいのか困ってしまったわけです。

 頑張ってね、と励ますのは簡単です。でも、そのような言葉を掛けなくとも彼は日々すごく頑張っていたはずです。そのことを思うと、言葉もなく辛くなりましたね。

 2017年も最後の日でしたが、お言葉をお掛けしたくて彼のブログをご訪問すると、10月6日付が彼の最後のブログ更新で終わり、さらに10月16日付のブログが「代理人です」の投稿が最後になっていました。

 「元気になりました」の投稿を待っていたわけですが、お星さまになってしまったことがすごく残念です。最後まで励ますことが出来なかったことを悔いているところです。

 他界事実を知ったその翌日から毎日、彼のブログを訪問しているところです。当然のことですがリンクもこのまま貼り付けておくことにします。

 推定年齢は30歳前後ではなかったでしょうか? 私の大好きな青森県の情報をお伝えしていただいた、nox nix さん、ありがとうございました。

 nox nix さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 …合掌・・・




お正月から冷や汗

 毎年、三が日のどこかの日に二人の姪っ子が訪ねてくれる。

 今年も何時ものように来てくれたわけだが、その時、妹の甥っ子へ渡すお年玉を預かった。預かった場所が仏前の間だったので、そばにあるお菓子の空き箱へ預かったお年玉を入れておいた。

 昨夜、甥っ子が我が家で泊まったわけだが、預かったお年玉のことを尋ねられ、我に返った。時間が経過したこともあり、預かったお年玉が私の記憶から完全に消えていたからである。

 それでも、預かったお年玉は確かに仏壇のそばに置いた記憶だけははっきりしていたので、慌ててその場所へ行った。ところがお年玉が周辺にない。

 前日のことだが、お年玉を入れたお菓子の空き箱を無造作にもゴミ箱へ投棄したことを思いだしたので、甥っ子と二人で慌ててゴミ入れを探してみると、投棄した空き箱が目につき、その中に確かに預かったお年玉袋があった。

 慌てて取り出しし、甥っ子に渡した。

 お正月早々から冷や汗ものだった。


三が日も終わりました

 早いもので三が日も終わり、多くの企業が今日から仕事始めのはずです。世間(世界)で何が起きようとも、時間だけは止まることはありません。そのことを思うと、一分、一秒たりとも無駄な時間の過ごし方だけはしたくないものです。

 今日の午前中は、時間の拘束がありました。お昼に入るとやっと解放の身となり、こうしてブログ更新をしているところです。

 住まいから車で少々移動すれば温泉があるので、1時間ほどのんびりしたい心境ですが出来そうにありません。 

 

 

口座維持手数料

 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが、銀行口座の維持にかかる費用を手数料として預金者から徴収できるか検討を始めたようだ。個人向けは年間数百~数千円が軸になり、本年度中には結論を出すとされている。

 海外の商業銀行ではほぼ手数料が導入されているようなので、やむを得ない処置かもしれない。今後、3メガバンクが銀行口座の維持手数料を徴収することになれば、当然、他の地方銀行も追随することになる。だとすれば、個人的には、眠ったままの通帳があるので口座廃棄も視野に入れなくてはいけない。

 銀行収益は高水準とみられる一方で、金余りが続き、企業向け貸し出しはのびなやでいるようだ。なので、一説では、預金のお断り、の声が聞こえている。つまり、銀行の統廃合を含めた地方銀行の淘汰が始まる。事実、昨年、私の住まいから銀行が閉店した。コンビニなどにATMが設置されたこともあり、これまでのように窓口業務を必要としなくなった。

 銀行も収益を上げるためには、あらゆる方策を取り入れるだろう。その一つが銀行口座の維持手数料の徴収になる。拍車をかけているのが、ネット銀行の台頭もある。
 


今年の抱負は・・・

 昨年最後のブログで次年度の抱負について、まだ思いつきません、と認(したた)めました。そのあと思い巡らせていると、自身の知識の薄さに反省することばかり。

 最大の原因は読書の衰退です。反省すべは、寒さもありますが、ボォ~とする時間が多々あることです。そこでこの「ボォ~」とする僅かな時間を読書の時間に向けたいものです。つまらない抱負でしょうか。

 本を買うのはいいのですが、そのあと困るのが読了した本が積み重ることです。廃棄処分するにも少々違和感があります。なので、小説については、極力電子書籍を利用しているのですが。

 いずれにしても、読書をしなくてはいけません。


本年もよろしく

 新年明けましておめでとうございます。

 昨夜から仕事で職場からの投稿になります。なので、孤独な年を職場で迎えているところです。

 本来は絶対に夜食はしないのですがゲン担ぎに、自宅から即席そばを持参し「年越しそば」代わりに食しました。

 さて、2018年という新たな年を迎えたわけですが、日本にとって平和な1年であってほしいものですね。

 本年も何卒よろしくお願いいたします。