FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

動画編集ソフト・パワーディレクター15

 前回のブログで動画をユーチューブに投稿するうえで、(今さらですが)サムネイルの必要性を取り上げました。これまでの動画作成のすべてが、スマホあるいは無料動画アプリでした。

 以前のブログでも動画編集ソフトの必要性につて触れたことがあります。最大の理由は、スマホや無料アプリではモザイクがかけられないからです。

 2週間ほど前のことですが、甥っ子が「Power Director 15(パワーディレクター15)」を買ってくれたのです。ついに動画編集ソフトを手にすることが出来ました。

 手本がないわけですから、編集ソフトをPC画面に呼び出したものの、見た目ではさっぱりわかりません。たまたま傍に甥っ子がいたので、取りあえず、画像の呼び出しから貼り付けに至る入り口までの知恵を拝借したものです。

 そのあと苦労しましたね。たとえば、①2カ所以上にモザイクをかける方法? ②作成した動画の更新、さらには、サムネイルの作成でした。サムネイルについては、頭出しの短い動画を送信し、削除、を繰り返しました。

 けっこう苦労したものの、なんとか解決することが出来ました。その成果が、次に貼り付けた動画写真の上段(白浜三段壁)です。ここでは、このソフトならではのテクニックを三カ所使ってみました。





スポンサーサイト

カスタムサムネール

 これまで36本の動画投稿をしてきましたが、その過程のすべてが手探り状態でした。投稿手段のほとんどがスマホでした。素人にとって動画投稿するには最高の手段なのです。ただし、スマホでの動画作成には限界がありますが。

 冒頭で36本の動画投稿に触れましたが、多くの方の動画試聴・自身の投稿を繰り返してきたはずなのに、「カスタムサムネール」の重要性についての認識がありませんでした。そこで数日前から、動画にカスタムサムネールの取り込み方法に時間を費やしてきました。

 結果は、下段の写真で表示のとおり、ユーチューブ動画投稿標示に、文字書き込み(カスタムサムネール)を表示させることに成功しました。けっこう苦労したので、自己満足ですが感慨ひとしおです。分かれば至って簡単ですが、予備知識のない者にとっては大変でした。

 




死ぬまでペンと原稿用紙を手に

 仕事を終えての岐路、いちばん初めに立ち寄るのがコンビニ。深夜勤務で空腹になった胃袋を満たすためだ。その次は、24時間営業のお店になる。ここに立ち寄るのは、主に食料品を調達するためでもある。

 お店の片隅には、お茶を飲むための憩いのスペースがある。今日は、コンビニに寄るでもなく、このお店の憩いのスペースに入った。入り口に備えてある百円コーヒーを買うと、お店で買っておいたパンを食べることにした。

 そのとき、何気なく隣の席に目が向く。年齢は90歳と思われる男性が座っている。テーブルには消しゴムが置かれてあり、左手で数枚の原稿用紙を挟み、右手には鉛筆が握られている。

 この年代にして、原稿用紙とは、驚いた。私は、声をかけてみようか、と思いつつも最後の言葉が出なかった。

 個人的には私も原稿用紙をよく使った。旅の後、原稿用紙を使って必ず感想文を書いていた。だからすごく気になって仕方がなかった。つまり、私のスタイルと相似するところがあるためだ。

 人生の大先輩にあたるこの男性の前向きな姿勢を見て、私も死ぬまでペンと原稿用紙を手にする生き方をしたい、と思った。



米国が本気度をだす

国連総会の場でトランプ米大統領は19日、「米国は大きな力と忍耐力を備えているが、自国や同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊せざるをえない」と表明した。

 トランプ大統領の演説の中でのもう一つの特筆すべき点は、「日本の13歳の少女が自国の海岸から誘拐された」とも述べた。

 この発言を引き出させたのは、北朝鮮による日本人拉致被害について、一部国会議員が米国に根気よく訴え続けたこと、つまり安倍首相の成果ともいえる。拉致問題の解決を心から願うしかない。

 9月15日付のブログで、「北朝鮮の恫喝は心配ご無用」のタイトルで投稿した。記事の中で、仮に日本に核爆弾を使えば北朝鮮も米国の核攻撃で地球上から抹殺される、と書き込んだが、そのことが裏付けされた。米国がついに本気度を見せたのだ。

 さらに4月7日付のブログでは、過去起きたキューバ危機を引き合いの記事を書いた。このなかで北朝鮮による「弾道ミサイルの発射や開発について米国は、これ以上看過しない」、とも書いた。北朝鮮がこれ以上暴走すると、米国が本気で行動することを北朝鮮は悟るべきだ。

 長い記事になるが、ドイツのメルケル首相は旧東ドイツ出身なので、考えがどうしても中国やロシア寄りになる。だから日本からみて信頼できる友人とはならない。

 中国・ロシアさらには韓国に至っては、国内経済は火の車に等しい。この状態でトランプ大統領から「経済制裁」をちらつかせられると、今の中国とロシアでは米国に面と向かって楯突けない。

 

電波利用料

 次の表は電波利用料です。チャンネル桜を通じて目にしたデータを借用させていただきました。表の下段3社の27年度の電波使用料&上段6社の28年度の放送事業者の電波利用料を比較してください。どうしてこれだけ違うの? と驚きます。国に支払う6社の電波利用料が売上高と比較すると、その少なさに驚きます。

 許せないのが、6社の放送に偏向報道のあることです。NHKも同じです。具体的には、「加計問題」で扱った報道時間の合計が8時間36分23秒だったとされています。放送時間について、前川氏の発言場面が2時間33分46秒。方や加戸前愛媛県知事の発言場面は6分1秒とされています。

 一部新聞を含めてですが、放送の在り方について皆さまも、ぜひ考えてほしいものです。





北朝鮮の恫喝は心配ご無用

 「4つの島からなる日本列島は主体思想の核爆弾によって海に沈められるべきだ。日本は我々の近くに存在する必要はない」。これは、北朝鮮の日本に対する脅迫(恫喝)を羅列したものである。

 恐ろしいほどの脅迫だが、北朝鮮が日本の国土に核爆弾を落とす勇気はない。だからご心配はご無用といえる。核爆弾を使えば北朝鮮も米国の核攻撃で地球上から抹殺されることくらい、誰よりも理解しているからだ。

 心配ご無用、の根拠だが、北朝鮮は「グアム周辺を炎で包み込むための作戦を慎重に検討している」と、米国に向けて発した。すると、トランプ大統領は「北朝鮮はこれ以上、米国を脅さない方がいい。世界が見たこともない炎と激怒で対抗する」と述べた。

 北朝鮮はトランプ大統領の怒りに怯えたのか、ミサイルを北海道襟裳岬の上空を通過させて発射した。日本にとっては迷惑な話だが、米国の報復が怖いわけである。要するにすべてが茶番劇なのだ。

 もう一点の根拠として、ネットニュースでも取り上げられているが、拉致問題について「年内にある種の解決じゃなくて、着地点の方向が見えてくる」とされている。

 日本政府もさまざまな外交チャンネルを通じて、水面下で北朝鮮との交渉が行われているわけだから、北朝鮮も話をぶち壊すことはできない。つまり、北朝鮮の恫喝が本心でないことになる。・・・職場からの投稿・・・



運転免許証の自主返納までは・・・

 コンビニの店頭で駐車する際、車をお店に突っ込む、という事故が後を絶ちません。事故原因の多くが、アクセルとブレーキの踏み間違えのようです。

 1カ月余り前のことになりますが、時々立ち寄る住まい近くのコンビニでも、明らかに車がお店に突っ込んだと思われるようなお店の破損を見ました。 

 暫く放置状態だったお店の破損でしたが、今日クリーニング店からの帰路、そのコンビニへ立ち寄ると完全に修理されていました。

 個人的には、アクセルとブレーキを踏み間違える、という行為そのことが理解に苦しむわけですが、それでも人がハンドルを握る以上、事故は絶対に起こしません、と断言もできません。それは、相手側の過失によるもらい事故もあるからです。

 仕事を辞める時は運転免許証を自主返納することにしていますが、それまでは、とにかく事故は絶対起こさない、との強い決意の下、様々なことを想定しながらハンドルを握るしかありません。


トウモロコシ&北朝鮮問題

 久しぶりのブログ更新になります。書き込みをしようかな! と思いつつ、書けない日が続きました。そのような心境の続く中で今日は更新をすることにしました。

 今朝いちばん、ごらんのようにトウモロコシを茹でる準備をしているところです。お昼に食べるつもりですが。



 さて、ここでブログの内容を一変させます。

 北朝鮮の大陸間弾道ミサイルで米国や日本・韓国が翻弄・恫喝されていますが、決め手となるカードが切れません。その原因の一端は、中国とロシアにあるはずです。

 そこで私見として述べてみますが米国は、北朝鮮の核保有を認めてあげることです。ただし、そのうえで、日本や韓国に対しても「核の保有を認めます」と、国際社会に向けて米国が宣言すればいいのです。現在の北朝鮮にしたのは、とりもなおさず中国&ロシアのはずだから。

 中国とロシアの焦る顔色を見たいものです。ただし、そのまえに北朝鮮が、米国領土であるグアムやハワイ近郊まで大陸間弾道ミサイルを飛ばすと、一気に戦争の道へと突き進むことになるはずです。