プロフィール

baike

Author:baike
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

つぶあんパン

朝、職場からの帰宅時、時々コンビニに立ち寄りパンを食べながら、コーヒーを飲む。

今朝のパンは、なんとつぶあん。食べながら、あらためて爺さんであることを再認識した。

帰宅後、宿直明けなので一眠りするための体勢に入ってはみたものの、なぜだか眠れない。だから半ばヤケクソの心境でスマホを使ってブログを綴っている。






スポンサーサイト

マウス

マウスが故障しました。いや、故障させた、というのが正しいでしょう。

夕食の後、同じ卓上に置いているPCとマウスですが、お茶を入れたコップをひっくり返してしまいました。その後、マウスが機能しなくなりました。決してちゃぶ台をひっくり返したわけではございませんが。

本来であればお店に行けば良いのですが、面倒くさくて出向く気になれません。それに数千円も必要になると、考えただけでも嫌になります。

ということで、マウスなしでPCを使うのもストレスが溜まるので、横着にもスマホを使って、寝床で書き込みをしているところです。


ボスザルは怖い

 神奈川県厚木市のゴルフ場でプレー中の男性が、サルの集団に襲われたニュースが目についた。

 ことの発端は、林の方に落ちたボールを拾いに行ったところ、10匹ぐらいのサルの群れに遭遇。このうちの2匹においかけられたという。慌てて逃げたものの、追いかけるサルの足は早くて逃げる途中、脚の筋肉を断裂をするなど全治1カ月の重傷を負ったという。

 私自身も日本一周の時、鹿児島県は佐多岬を訪れ、その場を離れるとき、前方の道路をふさぐように野生猿が群れていたことを思い出した。強行突破する以外に手段がないので、下り坂だったこともあり、自転車に勢いをつけて「そこのけ! 」と気勢を上げながら、サルの群れをめがけて強行突破した。

 突っ込んでくる自転車に驚いたサルの群れも、奇声を発しながら一応その場を逃げてくれた。ところが、後ろを振り向くとボスザルだろうか? 勇敢にも吠えながら私を追っかけて来たのだ。それを見た私も、必死で逃げた。

 下り坂を計算したうえで突入したからボスサルから逃げることができたものの、それにしても、ボスザルの追っかける足は早いし、追っかけてくる勢いを見ると、怖いものがある。

 朝一番のニュースを目にして、思わず在りし日の我がことを思い出した。

右サイドバーが真下に移動した

 私のブログ表示は3カラム、つまり本文を中央に、両サイドにサイドバーを配置する三列構成のものを使っています。

 ところで昨夜、右サイドバー表示が、本文の真下に移動していることに気づき、「これは困った。HTMLを修正する必要があるのかな、大変だなぁ? 」と一瞬、頭をもたげたものです。

 自身の使っている本来のテンプレートをプレビュー表示しても、右サイドバーが本文の真下に移動します(このとき、なんでやねん? と心の中でいぶかる)。

 どうすることもできず、仕方なく昨夜はそのまま寝たわけですが、朝起きた後、ことを冷静に分析してみました。
①、「HTML」は触っていません。
②、原因の前に、過去記事について、改行のできていない文章に気付いたので、これを修正しました。

 どうやら、上記のうちの②が原因であることに気づき、とりあえず、一段空白をなくしての段落に修正したあと、公開保存、したところ正常なテンプレート表示に戻せたので、一安心しました。

 

道すがら見たアサガオ

 今日は自転車で病院へ向かいました。その道すがら目にしたのが朝顔の大輪でした。野草の中に見せる一輪のアサガオだけに、視線もそちらに向きました。そばにもう一輪、ぴんくのアサガオがあれば、いいのに、なんて思ったりしたものです。

 皆様にとって、今日も素晴らしい一日でありますように。




またもやホームページに苦戦

 昨夜から朝にかけては24℃ほどでした。すごく爽やかな朝を迎えているところです。でもこのあと、時間の経過とともに気温も上昇し30℃までになるようです。でも今日は9月10日なので、もう数日もすれば暑さも和らぐはずです。

 日中の暑さに影響されたわけでもないのでしょうが、わがホームページ、少々ご機嫌斜めの状態がつづいていました。スマホ版で公開している文章の不備に気づきすぐ修正、更新をしたのはいいのですが、横着をし確認をせずそのままにしていました。

 数日前、何気なくスマホ版のトップページを覗くと、修正したはずのミスが修正できていないことに気づいたのです。

 そこで慌てて再更新をしたものの、たしかに更新はしているはずなのに、修正画面が切り替わりません。ここからまたもやホームページとの悪戦苦闘の日が数日間続くことに。最後は、送信したファイルのすべてを削除するに至るなど、昨日の夕方、やっとの思いで正常に戻すことができた次第です。

 まぁ、良くも悪くもホームページについては、けっこうな知識が身に付きました。とにかく、PC、ましてやホームページに関してはしょせん素人ですから。もう大丈夫なのかな?

稲の実る農道

 朝のブログ更新の後、入院先のお袋のもとへ向かいました。

 いつもは車ですが、たまに自転車で向かうこともあります。なので今日は、稲の実る農道を通ってみました。ご覧のように、耕地一面に色づき始めた稲が実り、その重みで穂が垂れています。収穫まであと1カ月ほどかかるのでしょうか。暑くなければ、1時間ほど腰を下ろしてボンヤリしてみたい、いや寝そべってみたい心境になりました。

 都会も田舎もそれぞれ一長一短あります。田舎の長所は、何と言ってもあふれんばかりの自然の豊富さでしょうか。その反面、田舎には、都会と違って心を注がれるようなお茶を楽しむお店が、すぐそばにないことでしょうか。








雑記

 今朝は5時前に目覚め、そのまま起きてしまいました。明日が宿直勤務なので、今夜熟睡しておくための調整です。

 起床の後、台所の椅子に腰を下ろしていると、爽やかな風が吹き抜けてきました。でも日中になると湿度が90%、気温も30℃まで上昇するようなので、少々憂鬱な気分になるのですが。

 でも、「暑い! 暑い! 」とボヤいてると、災害で苦しまれている方々に失礼になります。岩手県や北海道地方では、台風による甚大な水害を被ってしまいました。 

 それでも自然というのは容赦のないもので、台風13号が発生し、鹿児島県の種子島近くまで接近していて、このあと四国太平洋上を本州東へと進み、再び東北や北海道を通過する恐れがあります。これ以上、同地域への被害の起きないことを願うしかありません。

竹林

書く手が止まってしまったので、とりあえず、近くにある小さな竹林ですが、デジカメで撮り貼り付けることにしました。