プロフィール

増本世志夫

Author:増本世志夫
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

カウントダウン

 12月31日を迎えました。今年もいよいよカウントダウンに入りました。年が増す、という意味での寂しさの一方で、新年を迎えるにあたり新たな抱負を抱く時でもあります。後者に至っては、心がワクワクするものです。

 2015年度を振り返ってみると様々なことがありました。戦争が起きてほしくない、と思うのは人類共通の願いのはずです。しかし願いも空しく、海外では罪のない多くの人がテロの自犠牲で亡くなりました。また、シリアでは、内戦の勃発から国民が命を守るためドイツを中心とするヨーロッパ諸国を目指して母国脱出を試みています。2016年度は、そのような悲しい出来事が起きないことを願いたいものです。

 さて、個人的には、突然の行動として、12月という慌ただしい時期に引っ越しを強硬しました。屋移りをしたときは、荷物で足の踏み場もないほどでした。引っ越しの前後を通じて不要なものを徹底的に処分することで、何とか今日、片付が終わりました。この後、今日の私は、宿直勤務が控えています。ま、どこで新年を迎えても同じですから。今年最後の仕事ですから頑張って努めたい所存です。かなり、気合が入っていますから。

 2015年のブログ更新も今回が最後です。前回のブログは意味不明な語句を使うなど、支離滅裂でした。ご迷惑をおかけいたしました。この一年間、ブログご訪問、誠にありがとうございました。2016年度もどうかよろしくお願い申しあげます。2016年度が皆様にとって最良の年でありますことを、心より祈念申し上げます。

 なお、既に予告しましたが次年度からブログの名前を「老爺日記(ろうやにっき)」で、心機一転、再出発いたします。どうかよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
THEME:自転車 | GENRE:趣味・実用 |

二千円

 引っ越しの前後、どうしても気になっていた一台のアナログテレビ。甥っ子の家族が14インチテレビを知人からもらったものの使えなくなっていたのだ。それを我が家に置いていた。ところが、こいつが目の上のたんこぶ、のように目障りな存在になっていた。

 ある日、廃品回収業者がチラシを郵便受けに入れていた。よく見ると、回収項目にテレビも含まれている。指定日に待ち構えていると、「古すぎるので引き取ることが出来ません」となった。なんとも予想外でつれない返事が返ってきた。

 それから数年がたち、昨日に至った。

 今度は、廃品回収業者の車を見かけたので相談をしてみると、「引き取りますよ」となった。さっそく不要っとなっているテレビを自宅から持ち出し、見せると「これは、(廃品業者が)引き取ってもらうにしても、ソニーのテレビでも五千円はいります(あまりにも古いテレビになるとお金がかかるようである)」となった。よく見ると、韓国製のテレビになっている。これを見た業者は更につれない態度に豹変(ひょうへん)させた。

 正規の手続きでも五千円は必要ないだろう? と思っていたので、「五千円はあかんわ」と断った。すると、「三千円にしとこうか」と引き取り値段を下げた。でも私は「やっぱりやめとくわ」と言葉を返すと、「二千円にしとこう」となった。正規の手続きを踏んでも二千円はするだろうし、それに面倒な手続きをするくらいなら二千円で妥協しようと、決めた。

 目の上のたん瘤となっていた14インチのアナログテレビだったが、やっと処分することが出来た。ただ、心の中で私は、「山に持って行って捨てんといてや」とも、思った。業者を信じるしかない。
THEME:自転車 | GENRE:趣味・実用 |

引っ越しは終わった

 19日(土)になんとか引っ越が終わりました。その日の夜は、疲れに加えて、いたるところの関節が痛くて眠ることが出来ないほどの疲労困憊でした。おまけに翌日が宿直でしたから、最悪のコンディションでした。宿直の夜、左目が痛くて瞼を開けるのが辛くて、仕事の合間になると瞼を閉じたままでしたから。

 引っ越しが終わると、まず寝床と足の踏み場を確保。年賀状の作成を優先しました。すべてを手書作成したわけですから、かなりの手間暇がかかりました。それでも、なんとか昨日(26日)、年賀はがきをポストに投函することが出来たので、やれやれの心境でしょうか。

 でも、ここで万歳!が出来るわけではありません。正月が目前に迫ってきたわけですから、この後、引き続き整理をしなくてはなりません。かなりのものを処分したわけですが、それでもまだ処分しなくてはなりません。
THEME:自転車 | GENRE:趣味・実用 |

老爺日記(ろうやにっき)

 13日、USJの広場に「エンヤ」さんが飛び入り出演され、歌声を披露されたことを知りました。来場者にとっては、一足早いクリスマスプレゼントになったようですね。

 いやいや、エンヤさんのことを取り上げて今日のネタにしようとしているわけでは、ありません。様々な歌声を聴きながら引っ越しの荷造りをしているわけですが、このことで心身が癒されていることを伝えたかったわけです。

 方や素晴らしい歌声を聴きながらの観光客。私は引っ越し準備に余念のない年末。気付けば今年もあと僅かになりました。暫くの間、ブログの名前(タイトル)を「自転車で日本一周の旅」としてきたわけですが、28年度から心機一転「老爺日記(ろうやにっき)」に変更いたします。

 ついこの間、定年を迎え、その勢いで「自転車で日本一周の旅」をしたばかり、と思っていたわけですが、気付けば「あれよあれよ」という間に67歳を迎えてしまいました。腹立たしいことですがこれが現実であり老人の仲間入りをしたわけです。

 このように複雑な心境ですが、それでも現実から目を背けることなくブログのタイトルも「老爺日記」とすることにいたしました。
 
THEME:自転車 | GENRE:趣味・実用 |

溜息しか出ない

 引っ越しを目前にして、タンス三個と食器棚、更にベッドを解体した。これらの廃材を、友人が焼却炉まで搬送してくれたので、ものすごく助かった。ところが、更に悩ましいのが年代もののエアコンが4台も取り付けてあるので、これを取り外して処分してもらう必要がある。ま、このような状態なので、全く暇がない。20日が引っ越しなので、この日までには片付ける必要がある。

 ところで、6日(日)はライブに行く日だった。この日に備えて、早くからチケットを買っていたのだが、引っ越しの準備に予想以上の時間を費やしていることから、苦渋の決断の末、ライブに行くことを諦めた。未使用のチケットは、記念に残しておくことにした。

 ことは、ライブだけではない。もうひとつ悩ましいのが年賀はがきを書くこと。4日(金)の夕方やっと年賀ハガキを買った。これから書かなくてはならないので、これがまた大変な作業となる。間に合うのか、ほんとうに心配になってきた。

 このような状態なので、20日以降までは、ブログ更新もままならない。今は溜息しか出ないが、やるしかない。
THEME:自転車 | GENRE:趣味・実用 |