プロフィール

増本世志夫

Author:増本世志夫
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア

父の在り方

 次のブログ「父娘の記念受験」の存在を知ったのは7月27日(日)のことでした。類似したことは他でも見かけることですが、すごい、というのが第一印象でした。中卒の両親のもとで育ち、自らも中卒で終わる、ということを題材としてブログを綴っているわけです。

 この方のすごいのは、娘に勉強を強要するのではなく、仕事を終えた後、自らも勉強に励んでいることです。時には2~3時間の睡眠で終わることもあったことです。親といえども口先で子どもに「勉強せよ、勉強せよ」では、説得力がありません。この親のように、ともに子どもと努力する自らの姿勢を見せる必要があります。理屈ではありません。

 つい先日、女子高校生が同級生を危める、という痛ましい事件がありました。加害者の高校生は、昨年の10月に母を亡くしているようです。問題なのが母の死後、わずか半年足らずのうちで父が再婚されたことです。このことで娘の精神が情緒不安定に拍車をかけたような気がします。母親を亡くし、その上、父まで他人に取られた、との思いが娘の心に芽生えたとしても不思議ではありません。もっともこの少女、小学6年生の時にも問題を起こしていたようですが。

 たまたま目にした双方の父親像。すごく考えさせるものがありました。娘のために、自らも努力しながら娘と対座する父さん。方や、娘の心を察することなく、我が道をゆくお父さん。娘の立場からすれば、当然、前者のお父さんに魅力を感じるはずです。

 手前味噌を並べるようですが、私は常に親父の背中を見ながら育ちました。私の記憶の中で、親父に怒られたとか、ましてや、殴られたなどの記憶はありません。とにかく、私の親父は、非の打ちどころのない人でした。それが親としての子どもに対するお手本なのです。子どもにうるさく教育する必要はないのです。

 子どもが悪い事をしたときは、怒るのも子育てには必要でしょう。また、ブログで知る父親のように、常に子どもと対座するのも父親の在り方のような気がします。ただ一つ言えることは、親は子どもに対して、常に正しい生き方を示すことです。子どもというのは、親の背を見ながら育つものです。

 ブログで知った父親の存在、そして不幸にも娘が事件を起こした側の父親、共に考えさせられる父の在り方です。

スポンサーサイト
THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

音楽は素晴らしい

 私のこれまでの人生の中で、歌謡曲を聞くためにチケットを購入したことはありません。ただし、無料の入場券を数回いただき、コンサート会場を訪れたことはあります。

 自費で初めて足を運んだのが、「喜多郎」の演奏を聴くためでした。過去、NHKがシルクロードを放送するため、彼の曲を使ったことで全国ネットで流れたわけです。このことで、彼の名が日本全国に知れ渡ることになりました。その生演奏を聞きたくて、私は二度も会場に出かけました。

 自費出費三回目が、大阪センチュリー交響楽団の吹奏楽でした。この楽団は、もとを正せば、大阪府の音楽団でした。でも、橋下大阪府知事知事時代に、いわゆる事業仕訳で楽団が解体されたわけです。そのあと、大阪センチュリー交響楽団として再出発をしたわけです。今はどのようになっているのか分かりません。

 ま、このように過去を振り返ってみると、甥っ子の吹奏楽がすべての発端ではないわけです。音楽にたいする魅力を感じていたわけです。つまり、眠っていた私の音楽に対する強い思いが、甥っ子の吹奏楽で目覚めさせてくれました。

 さて、8月2日(土)ですが、人生4回目の自費出費のチケットを購入しています。細部は控えておきますが、「百万本のバラ」の歌声を聞いたことです。この歌を初めて耳にしたのは、加藤登紀子さんの歌声でした。心ひかれたものです。ところが、同じ歌をシャンソン歌手の方が歌っているのを耳にしたのです。「このような歌い方になるんだ」、とその素晴らしい歌声を聴き驚きました。そのことがきっかけとなり、大阪市内まで出向くことにしたわけです。

 このあと、もう一つの珍事があります。なんと、このオッチャンが綾香さんのコンサートに出向くことになったのです。若者が耳にすると、「このくそ爺!!」がと、ドン引きすることでしょう。猫を掴むとき、首根っこを持ったことがありますが、下手をすると、このように摘み出されるかもしれません。ですから、会場では、おとなしくしておきたいと思っています。チケットは、姪っ子と甥っ子が出費してくれたものです。いずれ、支払うつもりですが。

 彼女の歌、昨年のことですが姪っ子に教えてもらいました。それを聞き、素人の私でさえも聞き惚れました。彼女の作詞、ほんとにすばらしいですね。

 理屈など必要ありません。聴く側の耳にいかにして心地よく聴こえるか、このことに尽きると思います。そのためには、持って生まれた声が大切になるはずです。こればかりは、努力の世界で変えることはできません。

 いずれにしてもジャンルに関係なく、音楽ってほんとにすばらしいと思います。改めて、感動しているところです。今年は、まだまだ楽しみが続きそうだ。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

金賞グループに入った

 昨日行われた吹奏楽コンクール審査の結果ですが、複数の学校が金賞に選ばれ、甥っ子の中学校も金賞を仕留めてくれました。

 昨日のこともあり、ご褒美として今日は、恐らく生徒の部活もお休みだろうな? と思ったのですが、いつものように練習のようで、頑張って登校したといいます。このくらいやらなければ、ダメなのでしょうね。

 このコンクール少し前までは、母親に「もういやや・・・」を連発していたそうです。私の所へ来たときは、更にかみ砕くように部活をすることの意義を、何度も繰り返し、言い聞かせたものです。

 学校に帰った後、全員そろって記念撮影をし、各保護者に画像が送られたといいます。私のところにも満面の笑みを浮かべる生徒たちの写真が妹から転送されてきました。

 昨日の結果もあり、今はやる気満々に変身しています。中学校入学して4カ月弱ですが、かなり逞しくなってきたようです。

 昨日は会場内での撮影が禁止されていました。「公平な審査の妨げになりますから・・・」というのが理由です。ですから、スマホを使うことも禁止でした。ビデオを持ち込んだのですが、使うことができませんでした。

 ただ、主催者が各学校の演奏ごとにCDを作成されていましたので、そのこともひとつの理由であったように思うのですが。いずれにしても、演奏を収録したCDを、演奏の後一枚1500円で即売してくれたので、助かりました。当然買いましたよ。

 帰宅後、9時を過ぎると、完全に仮死状態でした。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

今日は甥っ子の吹奏楽・大阪南地区大会です

 昨夜から宿直勤務に就いているところです。勤務中、二件、ちょっとしたことがありまして、眠気もどこかにすっ飛んでしまいました。

 さて、今日は帰宅すると、その足ですぐ大阪狭山市内にある文化会館へ直行です。この会場で今日、大阪府吹奏楽コンクール南地区大会が行われます。午後4時30分になると、発表がありますので、それまでとどまる必要があります。昨日、甥っ子が「緊張するわ!」といってましたが。

 甥っ子は夏休みに入って以後、休んだのは一日だけです。弁当持参で朝8時に登校。17時まで部活に励んできましたので、必ず何か(金、銀、銅のいずれか)を受賞するはずです。

 また会場からブログ更新をしたいと思います。
THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

ついに出た、グリーンのヘビ

 以前のブログでも綴ったことがありますが、とにかくヘビの夢をよく見ます。7月6日(日)のことですが、また、夢の中でヘビが現れたのです。それが、突然、現れたヘビがヘビ独特の動きをした瞬間、その色が鮮やかなまでのグリーン色を見せたのです。

 このことを、妹に伝えたところ、「それ、グリーンジャンボ宝くじやんか。あれだけ、黙って宝くじを買うように言ったのに・・・」と、ま、このような調子で、まくしたてられました。

 私は、宝くじに対する意識が無頓着なので、「グリーンジャンボ宝くじ」なるものが存在していることさえも知りませんでした。言われてみて初めて「あ、そうなんや」と、気付いたのです。

 宝くじ、について記していると、四国でのことを思い出します。それは、自転車で日本一周の時です。愛媛県内にある道の駅で、名古屋からお越しのライダーのお兄さんが社内のことを語りだしたのです。なんでも、男女二名の方が宝くじ一億円を当てたあと、女性は海外旅行をするため、すぐ退職をされた、というお話でした。一億円もの大金が転がり込めば、人が変わりますよね。

 このたびの「ヘビの夢」は、単なる夢では片付けられない、何かがあるような予感がしているのですが。でも、最大のチャンスを逃した気がしているところです。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

暑くても夏が好き

 炎天下の中を黙々と歩き続けていましたが、両足首に異変が起きました? 両足首の筋肉が張ってきたわけです。考えられる要因は、少々無理をし過ぎたためなのかな? 加えて、深夜勤務になると座ったままなので、足が頭よりも低い位置にあるため、血液の循環が悪くなっていたように思うのですが?

 そのようなことで、月曜日から歩くことを中止しているところです。

 現在の私の市内の気温は、31℃のようです。最高でも、午後3時で33℃のようです。でも、大阪市内では、35℃まで上昇するようです。私の市内と大阪市内を比較すると、ざっと2℃程度の差があるわけです。そのような住みにくいところで、何で住むの? と思うわけですが<ほっといてくれ! どうもすみません>。

 いずれにしても、暑さのおかげで腰の痛みを感じません。つまり、寒さは体にとって大敵なわけです。だから、暑くても夏が好きなのです。

 ちなみに、今、扇風機さえも使っていませんよ。大阪でも田舎はいいわ!!

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

我が住まい

 近畿地方も梅雨明けをしたようです。いよいよ夏本番に突入したわけです。昨夜までの我が住まいでは、エアコンは勿論のことですが、扇風機さえも使わないで暮らすことができました。寝るときは、お腹にタオルケットを掛けるほどでした。

 我が家は、24時間、東西の窓を解放状態にしています。4階ということもあり、周辺に大きなビルがあるわけでもないので、けっこう風が通ります。それに、夜間に入ると気温がぐっと下がってくれるので扇風機さえも必要ないわけです。

 ただ、これから夏本番になると(日中気温が33~5℃になると)、扇風機が必要になってくるはずです。今、高齢者の熱中症が問題になっているわけですが、私もほんとうは、神経が鈍くなっていることに気付いていないのかもしれません。

 いずれにしても、現役時代は大阪市内まで通勤をしていたわけですが、我が住まいよりも大阪市内の方が暑いことは確かです。
THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

スイカ

個人的には、夏と言えば「スイカ」でしょうか。ずっと以前は、おふくろがよくスイカを買ってくれたものです。それが近年、スイカともご無沙汰になってしまいました。だから、これまでは、お店に行きスイカを見たとしても通りすがるだけでした。

それが今日、昨夜の宿直勤務の帰路、お店に立ち寄ると石川県産のスイカが目につきました。なかなか立派なスイカです。値段を見ると、千円未満です。ただし、「訳あり・・・」、であることが添え書きされています。それでも、お一人さま一玉とあります。甥っ子もいてるので、買ってみました。

帰宅後、冷蔵庫に入れるため輪切りにすると、見た目は大当たり。そこで、切ったところに更に包丁を入れて、少し切り取り味見をしてみると、これがまた最高の糖度ではありませんか。ぶったまげました。



THEME:日々のつれづれ | GENRE:日記 |

今日も散歩だ

暫く海岸を歩いたので、今日は、山側に向かって歩いているところです。

林道に入ると、やはり涼しいですね。鳥のさえずりも耳にすることが出来ますし。ただ、ヘビの存在が気になるので、常に足元前方に目配りをしていなければいけません。

小さな穴から水が流れているのですが、雨が少ないため、かさすがに水が流れていません。



林道に入ると、涼しいですね。





ビーチラグビー

ビーチバレーは知っていましたが、ビーチラグビーのあることは、知らなかったですね。

第23回、関西大会が行われていました。けっこう歴史のあるスポーツなんですね。ラグビーのことは分かりませんが、見た目ですが、どうやらビーチラグビーで使うボールは硬さはないようです。




お昼休みのようです。


THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

夏は海です

今日も暑い中を、根気よく2時間歩きました。散歩の後はブラブラと歩き、夏の砂浜で目にした画像を更新いたします。
山もいいけれど、海もいいですね。


まるでお好み焼きだ

 九州南部が梅雨明けしたようですね。ということは、近畿地方も数日以内に梅雨明け宣言がされるものと思われます。

 さて、散歩をした翌日は腰痛の関係で続けて歩くことができなかったわけですが、なんと歩くことができました。今日も調子がよさそうなので、この後、ウォーキングに出かける予定です。

 ウォーキングはいいのですが、生まれも育ちも四国・南国育ちなので、根が黒いわけです(私だけでしょうが)。色白の方は、日焼けをすると皮膚が赤くなるわけですが、私の場合は黒く日焼けします。この二日間、炎天下、トータルで3時間余り歩いているわけですが、まるでお好み焼きのように、私の裏表の識別ができなくなりました。えらいことです!!

 でもね、良い意味での副作用も現れているようです。炎天下、黙々と歩くことでなんだか、夏バテを感じさせないほど体調もよくなっているようです。南大阪の上空には雲一つ見られないほど、素晴らしい晴天です。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

昨日のウォーキングから

 セミの鳴き声も絶好調です。セミにとっては、最高の環境なのでしょうね。でも、人様にとっては、この暑さから逃れのに大変ですね。

 朝一番、掃除をしたのですが、まるでランニングをした後に等しい状態になりました。このあと、散歩に出かけるので自然乾燥です。シャワーを浴びたいのですが意味がないので、やめました。

 散歩と言えば、昨日、海岸を1時間30分ほど歩きました。幾人の方が半パン1枚で、カメでもあるまいし甲羅干しをしていました。中には、若者がパンツ1枚で炎天の下、寝ていました(見たくもない光景ですが)。炎天下、歩くのも根性が入りますが、寝そべっておくのもそれなりの根性が要ると思うのですが。

 もう一つ変な光景を目にしました。60歳過ぎと思しき男性が、愛車である立派なバイクを置き、そのそばで寝そべっていました。そばには、なぜか双眼鏡がありました。

 沿岸を3周しているうちにこのおじさん、最後は張ばいの状態になり、海水浴場のある方向に双眼鏡を向けて必死で覗いています。何を見ているのだろうか?

 昨日の散歩の様子でした。今日も腰の調子が良いので、散歩に出かけてきます。今日は何があるのかな? 8月末から9月前半にかけて、大台ケ原へ行くつもりですが、そのための体力作りをしているところです。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

これが夫婦の絆だ

 最近ですが、「わたなべ夫婦日本一周の旅」というホームページを目にしました。ホームページの結びの中で「安定した人生を送ることもできますが、私たちは本当にやりたい事に全力を尽くすことにしました。これが二人の生き方なのだと確信し、日本一周自転車の旅へ挑戦します」と、日本一周するに至る思いを綴っています。

 若いご夫婦の強い絆に、「これが真の夫婦だ」と絶賛しているところです。旅の過程での苦難や資金は勿論のことですが、帰宅後の生活についても様々なことが起きるかもしれません。その意味においては、安定した生き方を選ぶのが、賢明なのかもしれません。ただ、一つ言えるのは、旅の後の夫婦生活において、強い絆で結ばれることは間違いないでしょう。

 素晴らしい選択だと、個人的には、旅を応援しているところです。ご夫妻は、千葉市内を出発のあと、南下、九州周回を終えて、今、京都府舞鶴市内を走行しています。よろしければ、覗いてみてください。

わたなべ夫婦日本一周の旅

仕事を辞めて旅に出ました



THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

ホームページのリニューアル化

 ホームページを開設して2年の歳月が経ちました。開設目的は、「自転車で日本一周の旅」を記録することでした。ところが開設当初は、素人が作成するわけですからリンクが複雑すぎました。そこで、少しずつ修正を加えて簡素化しているところです。

 その結果、かなりリンクのあり方が明瞭(めいりょう)になりました。せっかく立ち寄っていただいた方々がストレスを覚えるようでは、ホームページのあり方として、失格に等しいと言えますから。

 もう一点の課題ですが、ホームページ開設当初のままでは、これまた新鮮味がありません。つまり、いつまでも「自転車で日本一周の旅」では、二度の訪問を期待することはできないはずです。そのため、ホームページのリニューアル化に努めてきたところです。

 改善の試みとして取り入れたのが、「日々つれづれ&故郷」の二つの項目です。できれば、もう一項目増やすつもりです。そのためには、なにかひとつ趣味が必要になりそうです。

 デザインのあり方にも、まだ気に食わなくて、すごく歯がゆい思いをしているところです。いずれにしても、ホームページの飽くなきリニューアル化に努めたいと思っているところです。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

自分、大丈夫? 

 スマホを使う者にとって、ラインは欠かせない機能になりました。「メッセージ」で通信すると、書き込み文字数に限りがありますが、ラインメッセージには、それがありません。ですから、メッセージの手段は、ほぼラインを使うことが多くなります。なんといっても無料ですから。

 問題なのが、入力過程で不意に送信することがあるのです。何かのはずみで、送信ボタンに触れるのでしょうか? 指がでかのでやむを得ないかもしれません。

 随分ラインを重宝しているわけですが、最近、ライン送信で数回、下手を打ってしまいました。表示画面が誰であるのかをよく確認しないまま、違う方に入力・送信するチョンボを繰り返したのです。画像を送信したことさえあります。送信の後、ほんとに赤面する思いですが。

 このようなチョンボ続きに、「自分、ほんとに大丈夫?」と意気消沈しているところです。
THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

雨に濡れながら歩きました

最近は、腰痛の起きる頻度が増しました。筋肉の衰えが最大の原因です。 そこで朝いちばん、ストレッチ体操を行った後、自転車で海岸まで出かけて、そこを1時間あまりかけて歩きました。

歩き出すと、小雨が降り続きました。でも、なんとか歩き続けることができたわけですが、終わると同時に雨の降り方が激しくなってきましたよ。

今日の南大阪の海の様子です。波打ち際ですが穏やかですね。


3泊4日

 「3泊4日」、いやいや、旅行であればいいのですが残念ながら旅行ではありません。3泊4日とは、私がテレビを見なくなった日数のことです。

 経緯ですが、先日の土曜日から甥っ子が我が家で寝泊りしてくれることになりました。そのあと、彼の使う部屋へテレビを運び出したので、私の目の前からテレビが消えた、ということです。つまり、テレビが姿を消してから3泊4日目を迎えました。

 最近、ケチケチ作戦に入っています。その一環として、新聞の購読をやめました。ただし、会社が購読している新聞のデジタル紙面を活用させていただいているので、不自由することはありません。そして、最近のことですが、次はNHKを打ち切ってやろう、と検討していたところでした。結果として、甥っ子がテレビを使うことになったので、私のそばからテレビが消えました。でも、さして困ることもありません。

 いざ目の前からテレビが消えると、とにかく時間を持て余す感じになっています。いかにテレビにしがみついていたのかが分かるというものです。とにかくニュース番組が好きなので、そちらに目先が注がれていました。

 以前、テレビを通じてですが、テレビなしの生活をされている家族を拝見したことがあります。ま、なければないの生活でも、なんら支障がありませんね。というのか、時間を有効活用できるようになったので、寧ろ、テレビのない生活の方がいいですね。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

今年は実ってくれたカリンの果実

ワンこの散歩をしていると、奇遇な出会いがあったり、心ときめくような花を目にするものです。

その中のひとつになりますが、公園の片隅、他の樹木のなかで密かに果実を実らせているカリンの木を目にしました。昨年は見ることができませんでしたが、今年は、果実を実らせてくれました。
THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

同級生からの便り

郵便受けを覗くと、ハガキのおたよりが。確認をしてみると、差出人は、同級生からです。更にハガキの反対側を見ると、絵はがきになっています。それだけではありません。絵はがきの写真をよく見ると、なんと、田舎で暮らしていた時、いつも目にしていた風景ではありませんか。

更に写真には、マウンテンバイクで島を楽しそうに走る姿です。自転車の好きな私には、なんとも言えない、嬉しいん心境になりました。

よく見るとこのハガキ、島の「観光協会」が島をPRするために、作っているようです。


ワンこの散歩で・・・?

 いつものように、ワンこの散歩に出かけていると、知り合いのおばさんと出会いました。1年ほど前になりますが、入院をされたということですが、杖が必要になっていたのです。

 右手に杖、左手には回収したアルミ缶を入れた袋を持っています。おばさんいわく、「息子に6時から行けと言われて、こうしてやっている。もう嫌になる・・・」。この時点で7時30分を過ぎていましたが、嘆きの言葉を出しました。分かれたあと、振り返ると、歩く姿が痛々しく見えました。

 息子さんは30歳後半と思われるのですが、その息子さんもアルミ缶回収で生計を立てているようなのです。30歳代の男性といえば働き盛りです。死ぬ気になれば、どのような仕事でもあるはずです。

 この息子さん、ずっと以前、母親を思い切り突き飛ばし、母親が気を失い救急車で搬送されたことがあったとも聞きました。要するに、切れるタイプのようです。あくまでも母親をあてにした生活をしていることは明らかです。

 自転車で日本一周の九州周回中、私よりも年配の男性に出会いました。その方の住居は、“軽自動車”でした。生計は新聞配達です。朝刊の配達が終わると、道の駅に戻り、車で仮眠をとるわけです。同じ市内にご兄弟がおられるので、どうやらそこに籍を置いていようでした。あくまでも名目上ですが。

 そのときのご年配の男性の生き様と、この若き息子さんの生き様を、どうしても比較します。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |