プロフィール

baike

Author:baike
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

電子書籍(蔵書)が消える?

タブレットの普及により、いくつかの企業が電子書籍事業に参入した。ところが、電子書店の乱立状態で企業が撤退を始めたという。

ここで問題となるのが、購入したはずの個人の電子書籍がある日突然消える恐れのあることが、報じられていた。

電子書籍は物ではなくデータ。だから、データに所有権はなく「条件付きレンタル」のようなもの、と付け加えられている。

私がタブレットを買ったのは、旅先で数冊の本を読むことができることを念頭に置いたのものだ。更に付け足すならば、新聞を読むためでもある。

私の利用している事業者は、今のところ幸い撤退の動きは見られない。それにしても、買った書籍が消滅しても事業者に責任がないようでは、利用者も次第に遠のくことになる。これでは安心して電子書籍が買えない。


これは私が電子書籍を買うために、立ち読み、という制度を利用したもの。その名のとおり書店で立ち読みするのとほぼ同じことができる。
スポンサーサイト

自転車にこだわるわけ

 昨日は、久しぶりに自転車でよく走りました。でも走行途中、右ひざ、次は左ひざが痛みだすなどギブアップ寸前でした。それだけではありません。上り坂になると、もうヘトヘトになるほどでした。よくぞまあ、自転車で日本一周などしたものだと、今更ながら驚きのひと言です。荷台に30㎏余りの荷物を常に積載した状態で走っていたわけですから。もう二度とやりたくないよ。

 それでも自転車にこだわる(乗る)理由は、健康維持に良いからです。歩いているだけでは使えない足の筋肉を使うことができるからです。それに、私の経験上から言えることですが、自転車は、いくら乗っても腰痛に悩まされることがありません。

 更なる最大の利点は、頭の活性化に有効な乗り物であることです。自転車は、歩くのと異なり、様々な交通ルールに気遣いながら走る必要があります。実は、このことが脳の活性化(痴ほう防止)には最適なのです。乗車の過程で一瞬の判断を誤ると、わが身は勿論ですが、他人に怪我を負わせることにもなるからです。だから常に頭を使うことが求められるのです。

 ただし、気を付けたいのが、夜間走行です。これはものすごく危険です。同時にトンネル内走行です。更に付け加えるなら、逆走行や信号無視をすることことです。次回もう一度、自転車につて書き込みます。



※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <38回目>
「『何事も一回ではきめない。様子をみる』、と言ったのは佐藤元首相である。『重要なことは一回きりでおしまいになってしまうことはない。必ずもう一度出てくる。もう一度出てこないようなものは、さして重要事項でないから一回こっきりで消えてしまうのだ。だから二回目、もう一度出てきたときにしっかりつかまえて事を行なう。そうするとまずまちがいない』、と説明している」


THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

トンネルを抜けると?

何かの小説の模倣ではありませんが、1キロ余りのトンネルを抜けたその先は、大阪湾です。

あまり立ち止まってばかりしていると帰宅時間が遅くなりますので、これが最後になります。

冬の海は透明度、抜群ですね。










トンネルを抜けると、そこは大阪湾。

和歌山・加太海岸

休憩の後、和歌山市内を一気に通り抜けて、和歌山県内の加太海岸というところに着きました。

海岸に腰を据えて、また休憩をしているところです。波打ち際をご覧いただければお気づきかと思いますが、ほんとに穏やかな天気です。

これから我が家に着くには、かなりの時間がかかりそうです。








貨物船を見ると、親父のことを思い出します。

モスバーガーで休憩

ほぼ正午、和歌山市内に入りましたので、走行中目にしたモスバーガー店に入りました。

そこで注文したのが、「辛味噌チキンバーガー」。恐る恐る注文したわけですが、それほどの辛さではなかったですね。
THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

ツーリング

昨年、秋以来のツーリング中です。この続きは、帰宅後にいたします。

今、県境の峠を越え、下り坂に入っているところです。それにしても、あァ~疲れますね。

日ロ首脳会談に期待

 日中韓に象徴されるように、暗いニュースばかりが日々聞こえてきます。鉛色をした曇り空のようななかで唯一明るいニュースと言えば、2月8日ロシアで開かれるソチ冬季五輪でしょうか。でも、ロシアでの人権問題に異議を唱える欧米の一部首脳が開会式を欠席されるなど、いやな雰囲気も見られます。そのような中で安倍首相は、開会式に出席を表明されています。

 いつものことですが、五輪のような鮮やかな開幕式の裏でよく繰り広げられるのが、各国首脳同士による会談です。今回も御多分にもれず安倍首相とプーチン大統領の会談がソチで実現しそうです。

 日ロ関係がどのように進展するのか定かではありませんが、双方首脳同士が話し合いのテーブルに着くことに大きな意義があります。日ロ首脳会談に期待したいものです。

THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

問題の解説

今日の南大阪は、冬にしては「小春日和」のように日差しのある穏やかな天気です。 

 さて、今日は、昨日の解答を説明をさせていただきます。説明と言っても、説明文の写をそっくり貼付(ちょうふ)するだけのことです。お詫びしなければいけないのが、貼付写真のなかで文末と文頭で、説明の重複がみられることです。つなぎ合わせて文章を上手に読んでいただきたいと思います。誠に申し訳ございません。

 
回答1.Zqrkd4a7xPeBwzf1390497611_1390497701



回答2.CJlmFOx2yYogZoQ1390497817_1390497840


回答3.pMegr5ZGpXJ4eFX1390497928_1390497970


回答4.bGbzigTnLXj0T7p1390498052_1390498070


回答5.R39rWXRKNkIs01e1390498141_1390498156


回答61.wXPRIXJb0AZyokh1390498236_1390498258


回答7.CAZS7FGtz6jnuQL1390498334_1390498353


THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

前回の解答

 昨夜から深夜勤務に就いているところです。夜空を見上げると、ほぼ満天の星空といえます。この季節は、上空に“フィルター”が覆わないので夜空がきれいです。

 さて、皆さま、前回の算数問題に挑戦されたでしょうか。問題をいとも簡単に解かれた方もおられたことでしょう。その方は、かなり頭の柔軟性があるといえます。

 解答は次の写真で示したとおりです。問題の解説は次回といたします。

回答、uvrdzMSSd_BqVqD1390354658_1390354689
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

頭の体操

 先日の宿直でしたが、持参した朝日新聞を開けてみると、次に掲げる写真のような算数問題(中学入試問題)が目につきました。この爺、時計を机に置き10分をめどにして考えてみました。結果、あえなく撃沈。10分以内に、この問題を解くことができませんでした。中・高校生の計算問題を解く方が簡単だ。

 言い訳がましくなりますがこの種の問題は、幾つかの類似問題に挑戦しておかなければ、爺の頭では無理があります。解き明かせば簡単なのですが。問題は、絵を見て解こうとすると誤りがあります。やはり、算数ですから、あくまでも計算することが前提となります。

 昨年後半から勉強に取り組んでいるので少しは頭も柔軟になっているはずですが、この問題には、降参しました。

 それでは皆様、この問題にチャレンジしてみてください。神経に支障を来しても私の責任ではありませんから。なお、解答は次回とし、解説はその次にいたします。

時計、qyt0HAsdKcMkBTF1390351802_1390351846
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

仏の顔も三度

 日本にとって、最も仲良くしなければならないはずの、隣国・韓国。それなのに、韓国の日本に対する憎悪の念は増幅するばかり。問題点は幾つかありますが、やはり日本側が「慰安婦」について謝罪をしないことについてでしょう。

 慰安婦問題について韓国は、公式謝罪と賠償を求めています。謝罪をしない日本に対して、ことはエスカレートするばかり。自国だけでなく米国グレンデール市にも慰安婦像を設置させたほどです。これに対して日本の地方議員有志数名が、1月14日、異議申し立てのため同市を訪れました。まったく関係のない米国内にどうして「慰安婦像」を設置したのか理解に苦しみます。これを認めた同市議会もどうかしていますが。

 時計の針を巻き戻してみますと、国交正常化に当たり、請求権協定の締結を経たうえで、過去を清算させたはずです。かりに、ここで韓国の要求を飲んだとしても、問題の解決には至らないはずです。新たな難題を必ず持ち出すはずだからです。それはこれまで、人道的見地の名目で、歴代の首相が200万円の償い金をされているからです。にもかかわらず、この有様です。

 「仏の顔も三度」と言います。これ以上、韓国による日本たたきが行われると、日本による過去の過ちとは関係なく、戦後生まれの多い日本人の韓国を見る目も変わってくるはずです。韓国は、そのことに気づくべきです。

THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

いまなぜ田中角栄なのか?

 引っ越しとともに、本を随分廃棄処分した。そのなかで、いまだ捨てられない本もある。その一冊が「田中角栄回想録」だ。著者は、今は亡き、早坂茂三氏。昭和62年に出版されたもの。早坂氏といえば、元首相・田中角栄氏の秘書官でもあった。彼は、「東京タイムズ」という新聞社の政治部記者だった。素人の私が氏の文脈について、何かを付け加えるのはとんでもないことだが、内容は素晴らしい。だからいまだ捨てきれない一冊になっている。

 回想録は、第一章~第九章に分けて書かれてある。それは、当時の田中角栄氏について、リアルに綴られたものだ。読み手を虜にするするほどである。「日中国交回正常化」当時の田中角栄氏と周恩来総理のやり取りの一説を読んでいると、まるで田中角栄氏の肉声を聞いているようでもある。

 田中氏は、たいてい夜9時すぎには床に就くが、ひと眠りすると12時ごろに必ず起きだし、夜半の二時、三時まで机に向かって勉強されたという。その結果、無名時代に30を超す議員立法を成立させている。

 最後はコッキード事件という金脈問題で追い詰められて、田中氏は退陣することになる。にもかかわらず今、田中角栄氏について、熱く語り始められている。どうしてなのだろうか?

 最後の解説で「現在の政治家には強さと個性が欠如している。よく言えばあか抜けしているが、頼もしさが全くない優等生である」と結んでいる。現在の政治家にも共通する課題といえる。だから今、田中角栄氏が見直されているのではないか。そのようななかで今、唯一強力なリーダーシップを発揮しているのが安倍首相といえる。

 日中、日韓関係が、大きく揺らいでいる。だからこそ、改めて政治家・田中角栄氏のような強力なリーダーが求められているように思う。


 
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

コーヒーの効能

 お酒の飲めない私の唯一の楽しみは、カフェに立ち寄りコーヒーを飲むことです。このスタイルは、勤めをしていた時から変化していません。でも、知らないお店に入ると、コーヒーにも当たり外れがあります。体調にもよりますが、コーヒーを口に含んだその瞬間、「これは、うまい! これは、まずい!」と感じるものです。

 退職後、私が思い出したように立ち寄るカフェがあります。それはドトールコーヒーを扱っているお店です。先日も、歯科医からの帰宅時、ちょっと立ち寄ってみました。わずか200円で美味しいコーヒーを飲むことができます。どことは申しませんが、全国展開しているカフェがありますが、個人的には、決して美味しいコーヒーとは思いません。ま、個人の好みもあるのでしょうけれども。

 コーヒー、といえば、メディアを通じて、コーヒーが「がん予防」に効能のあることが、幾度となく伝えられていました。癌効能だけではなく、「カフェインを摂取すると、記憶力が高まることが分かった」との研究論文が12日、英科学誌「ネイチャー・ニューコサイエンス」に掲載されていることが報じられていました。

 コーヒーにまつわるこれらの効能、「信じる信じない」は個人で判断するとして、これらのことが事実とすれば、個人的には、最高の嗜好品であるといえます。


たまに立ち寄るカフェーで、至福のひと時。
BUojxUKMyk3mmq61389834384.jpg


THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

ウォーキング

今日は無風状態の素晴らしい天気です。その陽気さに釣られて、早速ウォーキングに出かけました。

さて、どちらに向かおうか、と迷ったわけですが、結局いつもと同じコースになっていました。


コースを外れて、脇道へと入り込みました。



ここに腰を据えて、休憩です。



緑を見詰めるのは、すごくいいですね。

除雪費

 ここ数日、厳しい寒さが続きました。雪国では、どか雪処理の費用捻出に苦労されているようです。そのため、除雪費が地方の財政を圧迫しているところもあるほどです。

 国は道路除雪費として、北海道など雪国地方22道府県に対して、171億7千万円弱を配分しているようです。当然の支援といえます。どこの地方でも高齢化が進んでいることもあり、除雪機で作業をする家庭が増えているそうです。それも数十万円余りもするそうですが、除雪機が足りないと、インタビューを通じて店主が語っていました。

 その一方で悲しいことに、除雪処理作業を巡って近隣同士のトラブルも発生、高齢者が死亡されているほどです。雪も必要ですが、必要以上の積雪は迷惑以外の何物でもありません。


※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <37回目>
決断する以上まず自分の心に『勝つ、勝つ』としっかり言いきかせる。途中で多少不利な状況を迎えても驚かない。最終的に自分は勝つと思いきわめているからこそ、事態の変化に応じることができるのである



 
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

成人おめでとう

 今日は、「成人の日」ですね。成人を迎えられた皆さま、おめでとうございます。新たな抱負を心に秘め、第二の人生を迎えられていることでしょう。

 20歳を迎えたことでの特権が、幾つかあります。とりわけ、選挙権が得られたことの喜びも大きいはずです。また、堂々とお酒も飲めますよね。しかし、喜びごとばかりではありません。大人になると、行動の一つひとつについての結果責任が伴います。

 私の甥っ子も、ついこのあいだまで小児科に連れて行ってたはずだったのに、いつの間にか成人の日を迎えるほどになりました。成人式に出席することを促したのですが、仕事をする、と成人式などどこ吹く風です。まさに、我が道を行くでしょうか。

 成人を迎えた皆様にとって、希望に満ちた将来であることを記念します。おめでとう。




 
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

ニセコ

 8日のテレビで、北海道・ニセコの活気あふれる町の様子が取り上げられていました。人口減少が続いていたこの町に、外国人の移住者・観光客が増えてるというものです。人気の理由は、ニセコのゲレンデです。外国人の方の感想によると、スキーをするんは、ニセコの雪はパウダーのようにさらさらしているから、ここが一番だというのです。
 
 ニセコを訪れた外国人の方がネットを通じて情報発信をするので、知名度も益々上昇していることが伝えられていました。町の一角には、英字看板のお店が出現するほどの反響を呼んでいる様子が伝えられていました。リポーターが町にある札幌ラーメン店を覗くと、店内は満員ですが日本人は一人も見られません。

 町役場ではニュージーランド出身? の男性が正規職員として勤めているほどです。一方、外国人の方が住居斡旋(宅建業)をしているほどです。

 どこの地方でもよくあることですが、ニセコについても人口減少が続いていたそうです。それが、自然の恵み雪が、町にとって思わぬ味方となっているわけです。

 住まいについて日本人は、利便性(賑わい)を求めます。住環境は二の次です。そのため、住居地の交通・病院・お店、これらの条件が満たされると満足するわけです。すると、自分の住まいは、都会ということになるわけです。

 恐らくニセコの人口が年々減少したのも、雪に対する苦労と不便さが今の時代には合わなくなり、敬遠されたのでしょう。でも、外国人は、日本人の発想とは逆なんですね。利便性は、対象外。とにかく住環境の良さを求めます。

 私たちは、ともすれば都会に住んでいることに優越感を持つところがあります。だから、住居が少し街から外れると、「ここは田舎だ」、と揶揄(やゆ)するところがあります。同じ大阪でも私の住まいも、まさにその対象になりそうです。

 自然の中で生活をする、これが人間本来のあるべき姿のはずです。それが、どこでどのように取り違えたのか定かではありませんが、住まい周辺が賑やかになることを望んでいるようです。

 外国人の方がニセコに住み「ニセコは最高!」と雄叫(おたけ)びをあげていましたが、日本人も田舎の良さをもっと見詰め直す必要がありそうです。




THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

過去の教訓が生かされていない

 7日、集団強姦や強盗などの疑いで逮捕されていた男性が、横浜地検川崎支部で弁護士と接見中、「腰縄がゆるい」という本人の要望を受けた警察官のそばで、本人自らが腰ひもを足元へ引き下ろしたその隙を突き、部屋からまんまと逃走を図った。警察による捜索にもかかわらず、8日午後現在に至っても捕まっていない。

 ここで心配なのが、容疑者は無一文で逃走しているので、同様の事件を引き起こさないか、である。取り分け女性にとってこれ以上の脅威はない。まるで、街にライオンが放されたと同じだ。それだけに、この男が再犯の前に捕まえることが求められる。

 接見中の逃走で思い出すのが、昨年11月、仙台中央署から逃走した某国男性のことだ。今回とほぼ類似したことで逃走されている。このあと、県警が再発防止策を発表されたはずだ。この事件からまだ二カ月もたたないうちに、またもや同じ過ちを犯したことになる。

 そもそも、取り調べ中にしろ、弁護士との接見中にしろ、容疑者と対応する席の位置が間違っている。つまり、容疑者を部屋の奥側に座らさせるべきではないのか。入り口では、どうぞ逃げてください、と暗黙の了解を与えているに等しい。もう一つの最善策は、出入り口の内か外にもう一人、警察官を立たせておくべきである。いずれにしても、昨年11月に起こした逃走事件の教訓が生かされていなのは、残念としかいいようがない。


 
※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <36回目>
人が30分本を読むなら、あなたは一時間読むことだ。人がタバコを吸って休憩しているなら、あなたは少なくともそのとき会社の仕事について考えることである



THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

今夜の料理

 三箇日(さんがにち)が終わり冷蔵庫を開けると、妹が作ってくれたおせち料理や様々なものが残っていた。一人暮らしの私は持て余した。

 そして今夜は、ミズ菜が沢山残っていたので、そいつを使って雑煮を作ってみた。それに賞味期限切れの年越しソバまで残っていたのだ。というわけで、今夜は、ご飯抜きで、雑煮とそばのご飯となった。どうやら明日も同じものになりそうだ。

 ん、雑煮の味ですか・・・? 我ながら素晴らしい味付けになっていた。やればできるものだ。
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

星空

 現在の時刻は23時過ぎです。会社の外に出て夜空を見上げると、輝く星が沢山見て取れます。風もなく冬にしては穏やかな夜と言えます。中国国内で起きているPM2.5に伴う大気汚染の上空とは雲泥の差がありそうです。

 この星空、どうやら朝まで続きそうです。それでは皆さま、月曜日からのお仕事、頑張ってくださいね。



※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <35回目>
ものにはいい方がある。同じことをいっても、角が立ついい方と、角が立たないいい方とがある。いくら自分に自信があるからといって、歯に衣をきせず、これをやれば間違いなく、『あいつは自信過剰のイヤな奴だ』という評価は、まぬがれない。能力をパワーアップするつもりなら、これはやめておいた方が良い。能力があれば、ズケズケいうだけで、孤立するだけである。大人になればなるほど、役職につけばつくほど、自分の言葉のいい回しには気を遣うことである。内心、シマッタと思ってもいったことは、取り返しがつかない。ズケズケいえば、シマッタと思う回数も多くなる。自のいったことを、後になって訂正することほど、見苦しいものはない。十分に考えてから発言するべきである


 
THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

デジカメ

 私とデジカメの関わりですが、かれこれ11年になります。私がデジカメを必要としたのは、自前の新聞に写真を張り付けるためでした。

 この頃のデジカメは、いちどシャッターを押すと、少し間を置かなければ次のシャッターを押すことができませんでした。つまり、次にシャッターを押すための充電時間が必要だったわけです。このことで不便さを感じたのが、ホエールウォッチングでのことでした。クジラが海面に姿を表すわけですが、それも一瞬のシャッターチャンスです。ところが、連写ができないので一枚撮ると終わりでした。随分歯がゆい思いをしたものです。

 そこで現れたのが、ニコン一眼レフD100でした。600万画質程度ありました。当時のデジカメは200~300画質でしたので、そのことを思えば最高画質といえます。それに連写が可能なうえに、バッテリもかなり長持ちをしてくれる。これら総合的なことを踏まえると、私の心も虜となり結局買うことになりました。

 その後、年を追うごとにデジカメも進化を遂げ、今では1000万画質が当たり前の時代に突入しました。

 1000万画像デジカメができると、私のような素人は、高画質であればあるほど良いと錯覚をするものです。ところが、つい先日「デジカメに1000画質はいらない!」の本を目にしたのです。それによると、「200万画質もあれば十二分です」というのです。実際、画質の異なるデジカメで写した同じ風景写真を対比して、その違いが指摘どおりであることに納得をしたもです。

 要するにメーカーがデジカメを開発・販売するうえで、高画質であることを顧客にアピールするわけです。でも、それはメーカー側の販売戦略であることに他なりません。使う側にとっては、500万画質もあれば十分であることを知っておく必要がありそうです。


※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <34回目>
できない理由より『できる理由』を考える人は必ず伸びる


THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

休暇もあと三日

 お正月休みですが、多くの企業が九日間ではなかったでしょうか。でも、休日というのは過ぎるのが早く感じるものです。お休みもアッという間に、あと三日になりました。土曜日になると、恐らく出勤するのが嫌になることでしょう。

 私の会社は、お盆、正月が多忙期なので、社員一同フル稼働です。私も今夜は宿直勤務です。私も経験がありますが、仕事をあまり休み過ぎると、出勤するのが嫌になるものです。ま、人間というものは、贅沢、身勝手な動物と言えます。

 あと二日間、心身の充電を思いっきりしておいてください。そして、最後の日曜日は翌日からのお仕事に備えて、体調を万全な状態にしておく必要があります。皆さま、風邪など引かれませんよう、どうかご自愛ください。 


※過去読んだ本の中から抜粋しておいた文書を綴っています。
  <33回目>
人の悪を責める場合にも、厳しすぎるようなことがあってはならない。その人が受けっとって背負える程度にとどめるのがよい。人に善を示すにしても、あまり高尚(こうしょう)すぎてはならない。相手の能力を考え、実行可能な程度にとどめるのがよい

THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

新年の始まり

 2014年の幕が開きました。多くの皆様が、様々な誓いを胸に秘めて新年を迎えたことでしょう。私は特段、計画を立てないままで新年を迎えました。とりあえず、健康がいちばんですね。これに勝るものはありません。

 今年もまた、がんばってブロブの更新を続けたいものです。時には、少し過激なことを書きこむこともあるかもしれませんが、それもまた私の綴るブログのスタイルです。

 2013年は、日中韓の関係がこれまでになくぎくしゃくした年でした。今年こそは、お互いの気持ちが理解しあえる国家間になるといいですよね。心から、そのことを願うものです。

 皆さま、今年もどうかよろしくお願いいたします。

THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |