プロフィール

増本世志夫

Author:増本世志夫
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

重大事故が多発

皆さま、おはようございます。

私は昨夜から宿直勤務に就いているところです。

ところで、ここのところいやな重大事故が多発しています。いずれの事故についても、ドライバーの不注意によるものです。

昨日の早朝は、関越道・藤岡ジャクション近くで大型バスが進行方向左側にある防音壁に衝突するという重大事故がありました。この事故で、死者が7名もでた模様です。

報道によると夜行高速バスは、富山駅から東京ディズニーランドに向かっていたそうです。

まずは、この事故で不幸にもお亡くなりになられた皆さまに、心からご冥福を申し上げたいと思います。

それにしても一点、腑に落ちないことがあります。バスがどうして防音壁に串刺し状態になったのでしょうか? 私には、明らかに高速道路の構造上に欠陥があるように思えてなりません。

さて、実は、私の勤務している職場も観光バスの会社です。東京ディズニーランドを始めとして多方面にピストン運行しているところです。

ちなみに、東京ディズニーランドの場合は、走行途中、3回の休憩をはさみます。鹿児島の場合は、4回になります。ドライバーは、当然、2名の方が乗務されています。速度についても厳しいチェックを入れていますので、ドライバーの方がその掟を破ることはできません。

我が社においては、深夜高速のときは、バスがPAに入り出発する際にドライバーはそのつど「時間と乗車人員・SA名」を本社に報告することになっています。つまり、本社では一名が深夜勤務に就いていることになります(昨夜の勤務は私です)。

本社での深夜勤務者は、ドライバーから受けた報告事項を記録シートに書き込むのが業務です。このときの私は、張りのある声で応答することを心がけています。

また一方、朝・夕の出発時になると、運航管理規程に沿って、そのつど事務所の方がドライバーの方に対して「点呼」を行っています。

その内容は、注意事項の伝達及びドライバーの健康状態の確認等を行うわけです。確認事項のなかには、免許証・企業理念カードの提示を求めると同時に、アルコールチェックも行います。そのうえでドライバーを送り出しているわけです。

以上のように、とにかく会社としては、お客様に安心して目的地へ向かって頂くこと、このことを社員一同、目標に掲げているところです。

この度の事故は、決して他社の出来事ではありません。改めて社員一同、心引き締めて業務に専念しなければならないとの思いです。

皆さま、どうか高速バスのご利用をよろしくお願いいたします。














スポンサーサイト

甲羅干し

いよいよGWに入りましたね。勤めをされている方にとっては、一年のなかで最高の時でしょうね。

さて、天気も晴れ。私も今日は歩きました。まず、川沿いを歩いていると、小石の上に亀が乗っかり甲羅干しをしているではありませんか。石の上で寝ているカメを見ていると、ほんとに気持ちよさそうでした。

歩いていても、新緑が眩しいほどでした。ここのところ、ホームページの修正をするため、結構パソコン画面を見詰めている時間が多いので、新緑のなかを歩くのは健康的にもいいですね。

カメが見えますか。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



森林を眺めながら歩いていると、確かに木の香りを感じることができます。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ


帰りは前回同様、池のそばで小休憩です。
池のほとりに咲く花の周辺を沢山の蝶が羽ばたいていました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ







今頃インフルエンザに・・・

小学5年生の甥っ子がインフルエンザに感染してしまいました。

とにかく病院通いに忙しい甥っ子ですが、最近は病院通いの回数も少しは減ってきた感じでした。この冬のインフルエンザが蔓延したときも乗り切ってくれたのに、暖かくなった今頃インフルエンザに感染してしまいました。

それにしても、暖かくなってきたのでインフルエンザのことはすっかり忘れていました。それが、今頃になってインフルエンザにかかるなんて、あっと驚きました。

母親って、ほんとに強いものですね。インフルエンザなんかなんのそのですから。そういえば姪っ子の園児も先月インフルエンザにかかってしまいました。それでもそばにいるはずの母親はけろっとしてましたから。

皆さま、まだ、まだ、インフルエンザを侮ってはいけませんよ。





さくらんぼ

今日の南大阪は晴れているのですが、黄砂のためなのか霞がかかったように見通の悪い空模様です。

本来は散歩に出かける予定でしたが、この状況ではどうも歩く気分にはなれません。

今朝もワンちゃんの散歩に出かけていつも見る桜の木を見詰めてみると、早いもので、その桜もいつの間にか散って葉桜になってしまいました。そして今桜の木には、花の咲いたその後に小さないくつものサクランボ(実)がついているのが見て取れます。

世間では、福井県の大飯原発再稼働問題で政府と府県の間で軋轢が生じていますが、桜の木を見ていると、時はそれとは関係なく刻々と進みゆくのを実感します。

春はいいね~

南大阪の今日は最高の天気です。半袖一枚で、3時間かけての散歩に出かけてみました。半袖で歩いていても汗ばむほどでした。

畔道には、暖かさにつられて様々な花が咲いています。散歩をしていても、やはり春はいいな~と実感します。


眩しいばかりの光沢です。歩いていると、様々な花を目にすることが出来ます。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ


池のほとりに腰を据えて小休止です。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ


イタドリです。これは食べられますよ。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ

ホームページを再開

暫く閉鎖していた「自転車で日本一周の旅」のホームページを、昨夜、再開しました。

昨年11月末にYahoo!に換えたことから、その時にホームページも閉鎖していました。もっともリンクのできていない部分も随分ありましたので、その際、不備なところの修正もいたしました。

結果、リンクについてはすべてを解消させることが出来ました。が、写真については、管理の仕方やその他の要因があることから、まだ解消できていません。只今、その努力をしているところです。

走行ルートに「Googleマップ」を張り付けることも検討しましたが、ホームページの使用容量の問題もありますので、現段階でのマップを使うことは諦めているところです。

またよろしければ、ホームペジにも立ち寄ってみて下さいね。

ブログのメッセージボードのところらも入ることが出来ますが、「こちら」を押してくださればご案内させていただくことができますよ。

少しずつ修正をしていきますね。

ウォーキングで

ポカポカ陽気に誘われて昨日は、久しぶりにウォーキングに出かけました。

最近はある地点から引き返して歩くことにしています。帰路、いつも見かける竹林の中から、明らかに土にクワを入れる「サク、サク」という音が聞こえてきました。

竹林の方角へ目を凝らして見ると確かに人が見えましたので早速、その方向へと向かいました。

竹林のなかに入ると、竹の子を掘り起こしている一人の年配の男性がクワを手にしているところで、そばには掘り起こした竹の子が三個無造作に置かれていました。

私は「こんにちは、竹の子を掘っているのですか?」と尋ねてみると、「今年は、竹の子が少ないし、小さい。いつもはこのくらいの大きさになっているのだけれど」と、両手で輪を作り竹の子の大きさを示して見せました。

竹の子の収穫の少なさに輪をかけるかのように、「夜行性のイノシシが先に竹の子を掘り起こすからダメだ。イノシシの嗅覚はいいから・・・」と力ないことばで語りかけてくれました。

猿もイノシシもある意味においては、人間様よりも賢いように思ったものです。


$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ



$自転車で日本一周を達成したオヤジ





苦労するほど逞しくなる

どなたにも共通して言えることですが、人間、長く生きれば生きるほど様々なことに出会うものです。

ただ、できれば苦労や嫌なことは避けて通りたいものですが、かといって苦労を避けてばかりの生き方をしていると、ほんとに辛いことに遭遇した時に、そのことを受け止めることが出来なくなることもあります。

たとえば、雑草と同じで、人間の手を加えないで生き延びる雑草は逞しく育つものです。が、人の手を加えて作られているた作物は、途中で一旦、手を止めるともろさが出てくるものです。

今朝、テレビを見ていると、自転車で世界一周をされた青年が三年ぶりに帰国した様子が桜の木の下で映し出されていました。勿論、自転車には荷物を積載したままでした。

一方、大学の入学式の様子を見ていると、親が同伴の模様が映し出されていました。

再び内容は一変しますが、4月8日付の「夕刊フジ」の一面に54億円の中卒社長(40歳)について掲載されていました。

社長は『父親の死後にできた家庭の借金を20代のときに引き受けた。いまや「返そうと思えば返せる」と言うが、あえて月10万円ずつコツコツと返済し続けて、「完済まであと5、6年かかる」という』。

このようなことが書かれていました。

どのようなことでも言えることですが、人間、苦労するほど逞しくなるものです。






昨日は・・・

相変わらず肌寒さを感じます。

さて、昨日は叔母の自宅、大阪市内まで出向き帰宅したのが今朝の1時過ぎでした。

携帯の充電も微妙なところまで下がってしまい、結局、ご訪問して頂いた方へのベタ返しができませんでした。申し訳ございませんでした。

今日も午後から忙しくなりますので、取りあえず更新しておきたいと思います。






カフェの桜

昨日の風雨はすごかったですね。南大阪の今日ですが、風もやっと収まりつつあります。でも寒さを感じるほどの天気ですね。

さて、そろそろ桜の開花時期が間近になってきたようです。

昨日は、叔母のお見舞いに行く途中、最近お気に入りのカフェに立ち寄ってみました。

お店の中央には長方形の庭園があり、そこの中央に一本の桜の木が植えられています。

庭園の南北にはテーブルが配置されていて、喫煙と禁煙室に仕切られています。また、双方の部屋は東西の廊下で結ばれています。

写真はカフェ中央にある桜ですが、六分咲きでしょうか? 開花しているところでした。コーヒーを飲む私たちの一時の心を安らげてくれました。

私が入った時は、雨が降る寸前でしたので、昼間からライトアップされました。

$自転車で日本一周を達成したオヤジ








衰弱した犬

土曜日は宿直でした。

ということで、昨日の朝、会社からの帰宅途中でのことでした。

走行車線少し前方に目を向けると、一匹の白い犬が路肩寄りをヨロヨロしながら歩いています。

「もしかすると走行車線側に出てくる恐れがある」と判断した私は、犬の前で車を止めました。すると、犬はよろけながら歩き、私の車の前を通り追い越して追い越し車線へと移動するではありませんか。

かなり交通量の激しい道路です。このまま放置しておくと確実に車にひかれることは間違いありません。

後続車両がありましたが道路の中央に車を止めて、犬に噛まれないか注意をしながら背後から犬を持ち上げると、歩道へと移動。たまたまそばに公園がありましたので、そこで犬を放すことにしました。

このときの犬は、吠える気力は勿論のこと、抵抗する気力さえもありません。

のちほど、なんとなく分かったのですが病気ではなくて、食事が出来ないために衰弱しているように見受けました。つまり、迷子になったので食事が出来ていないようです。そのため、歩く気力さえもなくなっていたのでしょう。

走り去ったあとで、ほんとは、せめてなにか餌だけでも与えてあげればよかった、とかなり後悔をしました。

飼い主は、散歩のときに愛犬が迷子にならないように、しっかり首輪をしてあげてほしいものです。