プロフィール

baike

Author:baike
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

議員の本音

大阪府知事・大阪市長選挙が終わりました。結果は、ご存知のとおりです。

この選挙を通じて、政党のなんともふがいなさを強く感じました。それは当初、立候補に名乗りを上げていたはずの共産党候補者が、橋下候補に打ち勝つために独自候補者を取りやめるという異例の展開になったことです。なんだか議員の焦りを垣間見る思いをしました。

表向きの発言は「橋下独裁阻止」です。なんともふがいない選択方法であると感じました。でも個人的にはこのことが本音でないことを感じていました。

有権者は政党が考えているほどバカではありません。もう少し政策重視を前面に打ち出すべきでした。それもせずに単に「橋下は独裁」だけを有権者に連呼しても、有権者に政策理念が示されていない候補者を選択するはずがありません。

私は選挙結果がこのようになることは、およそ確信をしていました。

選挙の終盤になると、大物議員や著名人が駆け付けたようです。

テレビを通じてですが見ている私が白けたシーンがありました。民主党国会議員のある方が、「大風ろしきを広げる方と、コツコツする方のどちらを選びますか皆さん・・・」と、このようなことを聴衆に訴えかけていたことです。これを聞いていた私は、大風ろしきは、民主党ではないのですか? と内心笑ってしまいました。

今の民主党政治家が、いくら真っ正面からうったえかけても、多くの民衆は上の空でしょう。過去、民主党候補者に投票した経験のある私としては、民主党政治家の勉強不足にはほとほと呆れているところです。かといって自民党も信用できません。

こうして考えてみると、今の大阪維新の方が、遥かに政治理念を持っていると言えます。勿論、理想だけではなくて、確実に公約を守るために前進をしています。

橋下氏が大阪府知事時代に予算の聖域なき見直しを容赦なく行ったことが、次は大阪市役所においても再現されるでしょう。その内容についても、いずれ明らかになるはずです。これを断行しないから今の日本が借金地獄に陥っていることを、国会議員は真摯に受け止めるべきです。

もう一点、見え隠れしていることがあります。かりに大阪都になると当然、今年府議会議員定数見直しが行われたことが、再び府議・市議会議員定数削減に結ぶつくことは明らかです。維新の会代表の橋下氏は、必ずそこまでやる方です。議員の皆さまの本音はここがいちばん怖い部分ではないのですか。












スポンサーサイト

偲ぶ会

昨日は宿直明けであったので2時間ほど仮眠をした後、まずは知事選挙投票へ出かけてから「偲ぶ会」へ出席をするため、大阪市内へ向けて出かけました。

突然の死であったことから、心を痛めていましたけれども、幸い招待を受けることができましたので偲ぶ会に出席をすることが出来ました。生前氏が成した様々な活動についてスライドを通じて紹介をしながら、生前の氏についての思いを馳せながら語り合いました。

人間は、生前どのような行き方をしていたのかについて死後に分かる、とある方が本のなかで触れていたことを思い出します。正にそのとおりだと思います。

偲ぶ会はこれで二度目になりますが、決して悲しい場にするのではなくて、明るい雰囲気の偲ぶ会になり、ほんとに良かったように思います。

また、偲ぶ会を通じて亡き氏が、多くの仲間を引きよせるための再会の場を与えてくれたように思います。

出会い

今日は11月26日、明日は大阪府知事選挙の日です。同時に大阪市長選挙の日でもあります。

ご存知のように橋下前大阪府知事が大阪市長選挙に立候補したことから、大阪市は大変なことになっているようです。

さて、私が言いたいのは大阪市長選挙についてではありません。大阪府知事選挙に立候補した前府議会議員・松井一郎氏についてです。

私は昨年の自転車で日本一周の過程で、徳島県内の食堂へ入って目にしたのが「その時の出逢いが人生を根底から変えることがあるよき出逢い」と書かれた額でした。

前大阪府議会議員・松井氏は正にこの額に書かれているように、橋下前大阪府知事との出会いにより、今、松井氏の人生を大きく変えようとしています。

私の知る限りにおいて、現職の府議会議員が知事選に立候補するようなケースはなかったように思います。松井氏は、目には見えない不思議な糸を無意識のうちに、貴重なチャンスを逃すことなく手繰り寄せた気がします。

勿論、開票するまではその答えが出るわけではありませんが、仮に当選すると、松井氏の人生においてこれはすごいことであると思います。

それはまさに、「その時の出逢いが人生を根底から変えることがあるよき出逢い」と書かれた額のことばそのものだと思います。

人生には偶然はありません。これは以前、なにかの本で目にしたことばです。貴重なチャンスの糸を切るのも手繰り寄せるのも自身です。

いい出会いは逃したくないものですね。







ハーグ条約(2)

皆さま、おはようございます。私は当直勤務で頑張っているところです。勤務中に不謹慎なブログ更新中です。ま、居眠りをするよりはましでしょうか?

さて、以前もハーグ条約について取り上げたことがありますが、昨日の報道のなかでこのことが少し触れられていました。

問題になったのは、米国で国際結婚をした日本人女性がその後離婚訴訟中に長女を日本に連れ帰ったまではいいのですが、米国での永住権更新手続きのためにハワイに渡航したところで身柄を拘束されたようです。

細部まで書き込むと長くなりますので結論として、長女は男性側に戻すことになりました。

ヨーロッパを初めとしてアメリカ等は、この条約に加盟していますが、ご存知のように日本はまだ加盟していません。しかし、諸外国からの要望もあり、どうやら条約加盟方針を表明しているようです。

ハーグ条約は、原則的に元の居住国へ戻すことになっているようです。しかし、これには大きな問題点(盲点)が含まれています。例えば、仮に子どもを親権者に渡した後、親権者が子どもに暴力を振っていたとしても、この子どもを一方の親元に取り戻すことができません。

ですからこの点も含めて、国家間でもっと不備な点についての議論を含めた改善をするべきであると思うのです。

逆走する自転車

20代の青年が、大阪市内の公道をブレーキのないピスト自転車に乗って走っているところを、道路交通法切符を切られたそうです。なんでも6千円の赤切符だそうです。

ブレーキのない自転車、これは危険極まりない整備不良の自転車であるわけですから、厳しい取り締まりをするのは当たりまえだと思います。事故を起こしてからでは手遅れなわけですから。

もう一方気になる自転車の乗り方が目につきます。それは、ピスト自転車に乗る行為にも負けず劣らずの逆走する自転車がやたら増えたことです。私の地域で随分見かけるようになりました。

とくに目立つのが20歳前後の若者です。

車に乗っていると分かるはずですが、いくら自転車が道路の端を走ってるにしても、逆走されると車側からするとすごく危険を感じます。ひどいのは、夜間の逆走も平気でやってますから。

ですから、逆走する自転車についても、これからは車の違反と同様、徹底して赤切符を切ることを警察は宣言するべきだと思います。








わがままな子ども

今夜は宿直勤務なので職場からのブログ更新です。

出勤まえに、職場の方にちょっとおつまみを、との思いからスーパに立ち寄りました。

ある暖かい食べ物を注文して、出来あがるのをお店の前で待っていると、別の飲食店のまえで5歳程度と思われる男の子どもが立っていたのですが、この子供が大声を出してしきりになにかを訴えています。

暫くするとお父さんでしょう。飲食店から出てくるとなにかを子どもに手渡しました。するとこの男の子は、受け取った物を床に向けて思いっきり叩きつけるようにして投げつけたではありませんか。

私の立っている手間前まで飛んできました。投げつけたものを良く見ると、車のキーです。

これがまた、投げつけたときに、たまたま商品配送の男性が歩いているところでした。子どもが投げつけて廊下に転がった車のキーを、この男性が足で子どもの立っているところをめがけて蹴ったではありませんか。

もしかしてこの子どもが拾い上げたキーをまた投げつけやしないかと、子どものしぐさが気がかりでしたがさすがにそれはしませんでしたので、少し安堵しました。

子どもの洋服は普通の子どもと比較すると、とてもおしゃれでセンスのある洋服を着ていました。ですから、お母さんの子どもに対する思い入れが良く分かる気がしました。

ただ、この小さな子どもの短気な振舞いを見て、他人の子どものすることですが、少しわがままに育て過ぎてやしないの? と、なんだか心配になりました。

ラーメン

一昨日は雨がよく降りました。今日の大阪は、ひんやりとした冬入り前兆を感じさせる天気です。

さて、昨日の私は宿直明けでしたが、姪っ子の誘いを受けて、昼食に焼き肉定食を食べに出かけました。

これがまたけっこう美味しかったので嬉しかったですね。おまけに私はごちそうになる立場でしたから最高の気分でした。

帰宅後は2時間ほど寝込んだあと、夕ご飯はひとりでしたので、ラーメンを食べるために専門店へ。

私が食べるときはいつも味噌ラーメンですが、これがまたけっこうな味でして、麺はややほそめで味噌味です。のど越しの味がなんとも言えません。

このお店の嬉しいのは、キムチがサービスになっているところです。いくらでも食べられるところがいいですね。ラーメンのなかには半切りの卵が入っていますが、これを食べると幸せ気分になります。


無料のキムチです。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



どこで食べる時も味噌ラーメンです。780円。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ

ブータン国王

最大の親日国とされているブータン国王が新婚旅行を兼ねての国賓として一昨日、来日されました。

テレビを通じてですが、皇居・宮殿で開かれた天皇・皇后両陛下主催の宮中晩さん会の様子を知ることが出来ました。

ブータンの国土はほぼ九州と同じ面積で、人口はおよそ70万人のようです。ブータン国民と日本人を同じ服装で整列させると、以前のテレビで見る限りでは、日本人と見まがうほどによく似ているように思います。

ただ一点、今の日本と大きく異なるのが、ブータン国民の96パーセントが「幸福」であると感じているてんです。これはすごいことだと思います。

国王ご夫妻は福島県も訪れるそうです。人柄を感じます。日本での素晴らしい旅の思い出を残してほしいものです。

昨年の今日

今日は、若干肌寒さを感じます。とは言ってもこれが11月中旬・本来の気温なんでしょうけれども。

さて、昨年の今日ですけれども、日本一周の旅を終えて帰宅した記念すべき15日です。

走行した日のことが今になっても消えることがありません。とりわけ温泉施設等に入ると、その後のことを思い出して仕方がありません。温泉に入った後は、必ずどこかで野営していましたから。なのでお風呂から出ると、今でも複雑な心境になります。

いずれにしても、11月15日は、私にとって生涯忘れることのできない日になりました。

今日は更新ができません

今日はこれから、用件があるため出かけることになります。

また更新いたします。

大阪がビリだと?

昨日の新聞紙面で「幸せ度何位」なる順位が発表さた。それによると、なんとランク付け上位を福井県、富山県、石川県の北陸三県が占めた。

これを発表したのは、法政大大学院社会人学生のチームである。「幸せ度」なるものを40の社会経済指標を点数化した結果に基づき、順位づけたとされている。

こともあろうに我が大阪の順位が、なんと47位のビリである。おまけに私の出身地である高知県のランクも46位ではないか。いったいどうなってるんだ~

「・・・それぞれの自治体が自分たちの強さと弱さに気付いてほしい」、とされているものの40位以下の自治体にしてみると心中穏やかではないだろう。


とりわけ大阪については、「治安が悪い、高い貧困率」など、すべての部門で改善が必要とされている。なんとも不名誉なレッテルを貼られたものだ。でも住んでいる府民からすればなにも気にしていないのが実情だし、不自由さも感じていない。

なんと言っても水害等、天災についての心配をする必要のないのが最高である。気候も温暖であることから生活をするには最高の住環境といえる。

水資源についても何ら心配がないし、交通網についても不自由することもない。それに適度な人口構成である。京都や奈良、港・山も比較的近くにある。それでもって大阪梅田は大都市である。あそこの地下へ潜り込むと、目の保養にはなに不自由することもない。

地理的にも日本のへそに位置するようなもので、大阪からどちらへ向かってもさほど遠く感じない距離といえる。

「高い貧困率」が指摘されているものの、ある種、大阪市は困った方の受け皿になっている部分もある。大阪が住む場所として最適ともいえるし、偉大な都市の証しであるともいえる。

ま、出生率や障がい者の雇用率、正社員比率など、とりあげればきりがないが世界の都市から見ればまだまだ大阪は遥かにましといえる。欲を言えばきりがない。

今、電話番の宿直勤務だよ。






善の行為

昨日は親友である同級生が経営するお店を伺うついでに、在職期間中であった職場も訪れてみました。

市内へ向かうために乗る電車は久しぶりです。やっとの思いで座ることのできたのが四人掛けの座席でした。私の座ったのは進行方向の窓際でした。

私の座敷は勿論のことですが周辺の皆様の多くがお疲れモードでまぶたを閉じている光景でした。このとき私はたまたま瞼を開けていましたが。

終点も間近にした停車駅のホームから、どう見ても恐らく85歳になっていると思われる女性が単独で乗車してきました。

腰はやや前かがみで杖を頼りにしながらのおぼつかない乗車の仕方でした。たまたまこの女性と目線が合いましたので、手招きをしたうえで私の方へと誘導し、この方を私が座っている席に座らせました。

私はなにかを期待して行動しているわけではありませんが、どのような些細なことでもいいからごく自然に振舞う、このことを心がけているつもりです。

実は日々のちょっとした行動や人との出会いについてですが、決して偶然ではないこともあるはずです。でもそのことに気付いていないと言うのか、目に見えない不思議な糸(答の糸)の回答を初めから手繰り寄せることは出来ません。

ただ目に見えない出会いであるがために、その出会いのチャンス(行為)のサインを見流してはいけないはずです。ただ世の中には気を付けなければならないこともありますが。

いずれにしても、偶然と思われる出会いの不思議な糸を手繰り寄せることが出来るのは、その人が日々いかにして善の行動ができるかにかかっているはずです。

たかが座席譲りの行為と思うか、思わないか、勿論すべては個人の判断ですが。













トースト

今日はなんだかんだの要件を済ませるのに、午後2時30分までかかってしまった。

叔母を連れ添っての行動であったから休憩を兼ねての昼食にとの思いから、喫茶店に入ることにした。

店内へ入るとまずは、「コーヒをふたつと、それにトーストをふたつ」をオーダー。

すると暫くしてから、まず運ばれた来たのが、なんと皿には二枚のトーストが。一瞬、驚てしまった。

まさか、との私の不吉な予言がそのとおりとなって、もう一皿運ばれてきたのはいいのだが、その皿には更に二枚のトーストが添えられていた。

私のオーダーの仕方がまずかったことも確かであるが、それにしてもこのような経験は初めてである。どのようなことでもそうであるが噛み砕いて相手に伝えることの重要性を、改めて認識した次第である。

ウォーキング

昨日とは異なり今日の南大阪は晴天です。

さて、昨日は10月19日に引き続いての、峠越えをして和歌山へ抜けるコースのウォーキングでした。

少々小雨の天気でした。ものの見事天気予報が外れてしまいました。それでも中止することなく、途中コンビニで傘を求めてのウォーキングの続行でした。さすがに休日、車も適度に通り抜けていましたけれども。

峠を歩くときはいつも「アケビ」はないだろうか?と周辺の樹木に目を凝らしながらのウォーキングでです。先月も同じ道を歩いたのですがその時は「アケビ」を目にすることが出来なかったのに、なんと昨日はついにアケビを発見することが出来ました。それもつるに沢山アケビが付いているではありませんか。これが自転車と違って歩くことのメリットです。




途中、予想外の小雨です。この調子だと峠へ入ると、
もう少し雨が降る可能性もあるのでわ、との判断で、コンビニで傘を買いました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




あれ、なにか釣っているようです?
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




そばに近付いてみると、釣っている、というよりは、魚をすくっている、そんな感じでした。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




ついにアケビを発見です。それも沢山実が付いているではありませんか。
さすがに写真で見えているアケビの位置は遠すぎて取ることができませんでした。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




それにしてもよくアケビが生っていました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




デカい! このアケビは、かつらを手繰り寄せて取りました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




$自転車で日本一周を達成したオヤジ




デカい!
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




和歌山県へ抜けるための峠越えの道です。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




ここからが下りです。前回はここの下りですごく膝が痛かったのですがさすがに今日は、
歩き慣れたのでしょうか膝の痛みが起きませんでした。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




ここは大型車両が通れません。のり面の補修工事をしています。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



この日は日本一周以来の出会いがありました。和歌山県JR紀伊駅を間近にして、ツーリング中のご夫妻が、地図を広げてしきりに見ています。そこで歩いてる私に駅を訪ねてきました。大阪堺市方面からのツーリング中でした。どうやら帰りは輪行して電車での帰宅のようでした。

  私 :「ご夫妻が同じ趣味をお持ちでいいですね・・・」

奥さま:「この人、一人にしていたら怪我ばかりしているから、私は介護人として走っています・・」

いやいや、それにしても奥さまは、なかなかユニークなおことばでした。

旦那様は、恐らく私とほぼ同年代と見受けました。それにしても輪行には慣れているようで、実に手際よく車輪を外していました。外した車輪を袋に収納するのは奥さまの役目でした。

「そうなんだ、こういう楽しみ方もあるんだ・・・」と納得したものです。




ご主人が慣れた手さばきで、いとも簡単に前輪を取り外しました。
奥さまは車輪を袋に収納です。まさに二人三脚です。
紀伊駅舎の空間での作業風景でした。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




JR紀伊駅です。やっと着きました。
ここからは、いつものように電車での帰宅になります。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




5時間ツーリング

久しぶりに5時間も走りました。とは言っても若い方であれば4時間もあれば走り抜けるコースだと思います。

天気も抜群によかったので半袖でちょうどよかったですね。

自宅を出発、峠を越えて和歌山県へ抜けたたと、紀ノ川に沿うように走り、和歌山・加太海岸まで走り抜けました。その後は大阪湾に沿って関空を目指して自宅へ無事ゴールでした。

やはり適度な運動は必要であるし、なんといっても体全体がすっきりした気分になります。二日後の次は歩く予定です。



峠手前の気温は19℃でした。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ



和歌山県内の国道です。なぜか大阪府よりも和歌山県内の方が、道路整備が行き届いているように思います。ただご覧のように歩道の幅が贅沢すぎるほどの広さです。
ほんとは、自転車専用道にしてほしいのですが。行政、というのは先見の明がなさすぎます。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




やっと、和歌山県・加太海岸までの距離が3Kmになりました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




前回と違って今日は、ほぼ満潮のようです。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




以前はここでコーヒーを飲んだのですが、ここのところ閉店の状態になっています。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ





ここで休憩です。広い芝生の空間があります。
広い芝生を見るとすぐ「お手洗いもあるな、芝生もあるな、
テントが設営出来るわ」と、このようなことを考える癖ががついてしまいました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




$自転車で日本一周を達成したオヤジ




前方に「大阪府」の表示がみえました。やっと大阪へ入りました。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




防波堤で釣りをいそしんでいました。天気もいいし、釣りマニアにとっては、最高でしょうね。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




恐らくこの船主でしょう。乗り降りするための梯子が船体に取り付けてあるのが見えましたから。
船体の左に物体の見えているのが分かるでしょうか。素潜りをしてなにかを取っているようでした。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ




「道の駅とっとパーク小島」です。大阪府南湾岸沿いにある唯一の道の駅です。
$自転車で日本一周を達成したオヤジ