プロフィール

増本世志夫

Author:増本世志夫
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア

秋田県内です

今朝は早朝から雷を伴う大雨でしたので、出発に迷いました。しかし一瞬の合間を見て、強行的に出発しました。でも数分もすると、ものの見事に大雨に。あっという間に、ものの見事びしょ濡れですよ。

ただ、午後になるといったん降り止みましたので、少しは助かりました。でも午後2時になると、再び雷を伴うとんでもないほどのどしゃ降りになってしまいましたよ。

それもあと10キロメートルもすれば目的とする道の駅に着く距離だったのに。

前方から走って来る車、とりわけ大型車両については、まるで海上を走っる高速艇ですよ。両サイドにしぶきを飛ばしながら、走って来るわけですから。

車が通過する度に、全身にシャワーの嵐です。それにしても、中途半端な降り方をしません。そのような悪条件の中を今日も予定通りの走行をしました。

今夜は、秋田県大潟村内にある「道の駅おおがた」で寝ることにしています。長椅子でゴロ寝ですね。勿論、どなたもいません。一晩なんてあっという間ですからね。

ところで昨日のことですが、移動途中、販売機でジュースを買ってから自転車に戻ると、少し勾配のある坂からリンゴが転がってきました。

周囲を見渡すと、少し離れたところで二人のおじさんがリンゴの選別をされていました。どうやらそこからリンゴが転がってきたんですね。そばに行って話しかけてみたところ、リンゴをふたつ頂きました。このとき「熊がいてるよ、」と言うのでクマの傍へ行ってみました。

親子と言うことでしたけれども、いや、あいつに襲われたのでは、人間なんて一瞬にしてお陀仏ですね。さすがに鋭くて強固な爪をしています。勿論、牙も鋭いですが。

つじつまの合わない内容になりますが、明日は秋田県男鹿半島へ入ります。頑張りますね。


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830132645.jpg





スポンサーサイト

青森県は大雨です


昨夜泊まった「道の駅ふかうら」は、雷を伴う大雨です。現在の時刻は6時40分すが、雷の鳴っている間はいくらなんでも動けません。

ただこの状態が8時頃まで続くようであれば、今日の走行は中止することになります。

ただ明日も雨ですからね。なんとも悩ましい限りです。


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100831053039.jpg

龍飛崎

龍飛崎へ着くと、まず先に階段国道へと向かいました。

狭い路地を入りながら写真を写したものの、容量がいっぱいのため画像が小さくなってしまいました。申し訳ありません。

このあと、今は案内所として使われていますが、太宰治ゆかりの宿であった「旧奥谷旅館」を伺ってみました。「少し改装してあります・・・」とのことでしたけれども、当時の宿のなごりをそのまま残してあるようでした。風情のある玄関でした。

海岸線・港周辺の観光を終えた後、以前宿泊をしたことのあるホテル竜飛でお風呂と夕食をするためにそそくさと移動。とにかく他に食堂は勿論のこと、お風呂もありませんから、とにかく頂きにあるホテルへ移動しなければなりません。

半島の端まで来ると灯台の近くにホテルが一軒あるのみで、他にはなにもありませんから。



太宰治ゆかりの宿であった「旧奥谷旅館」です。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829153755.jpg




民家の細い路地を通り抜けながら進むと、階段国道339号線へと続きます。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829152729.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829152738.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829152811.jpg



階段国道339号線です。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829152905.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829152946.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830055524.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830055545.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830055559.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830055623.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830055948.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830060053.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830060114.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829173507.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830082008.jpg





青函トンネル体験坑道

龍飛崎へ着いたのが午後3時30分でした。寄り道をした後、青函トンネル記念館に着いたのが午後4時前です。
体験坑道へ入るための最終時刻である午後4時03分に辛うじて間に合うことができました。

ただし、とても残念なのが、青函トンネルの海底を走っている列車を見学することができませんでした。最終であったからなんですよね。ちょっと心残りな気分でした。

さて、青函トンネル記念館駅からケーブルカーに乗車をします。

出発になると閉鎖されている鉄扉の門扉が開きます(上へ上がる)。 あとはケーブルカーが軌道の上をゆっくりと、ゴトゴトと海面下140メートルまで下がります。とてもスリルがあります。山頂へ上るためにケーブルカーに乗ったことはありますが、海面下へ向かったのは初めての体験です。

海底トンネル駅へ着くと下車をしてから、案内の女性から説明を受けます。坑内はとてもヒンヤリとしていました。

青函トンネルが造られることになった理由は、航行中の連絡船が台風のために沈没をしたことが発端となり、トンネルの採掘が考えれるようになったようです。

当初のトンネルの場所は下北半島側が考えれたそうですが、調査の結果、地質的に向いていなかったらしくて、津軽半島側になったそうです。

トンネルの全長が53k850m。

労働者数:1370万人
死傷者数(殉職者):
本州側が18名
北海道側が16名
負傷者が1424名


機会があれば皆様も、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829160214.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829160512.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829160349.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829161525.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829162724.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829163001.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829163052.jpg





現在の位置です

今朝は、龍飛崎を6時20分に出発しました。

昨夜は龍飛崎灯台の入り口(階段国道のそば)の小さな芝生のスペースにテントを設営致しました。

最近は、いざとなれば例え独りであっても、どこであっても寝ますから。

なお、昨日は予定外の青函トンネルの体験坑道を見学することができました。

このあと更新を致します。

今夜は深夜から、雨になる可能性があるようです。というのか、どうもここ数日間、天候が雨模様なんです。ですから、少なくともここ数日間は、道の駅を目標にして進みたいと思います。
したがって、今週の走行距離は一日平均100Km前後になるはずです。

このペースで進みますと予定では、新潟市内へ入るのは9月3日になります。

なお今夜は、まだ青森県内です。「道の駅ふかうら」の軒先の下を利用してテントを設営しようと思っているところです。

今夜は風あることも含めて、そばが海である為なのか、蚊がいてませんので助かります。

最近はやけに蚊が多いので、必ずテントでなければ寝られません。

まだ道の駅清掃中なので動けません。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830183106.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830183033.jpg

万が一雨が降っても濡れる心配がないので、この軒下を利用しようと思っています。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100830183202.jpg


今日は龍飛崎に着きます

皆さんおはようございます。

一昨日の晩は、下北半島の大間町内にある無料キャンプ場でテントを設営。そして、昨日の朝6時に出発をいたしました。

運の悪いことに2日もお風呂に入れてなかったことから、走行途中の国道沿いに下風呂温泉がありましたので、町営の300円のお風呂に入りました。

それがまた、温泉独特の硫黄の香りが鼻をくすぐるほど、そばを通るだけでも臭いを感じるんです。

この温泉はなんと、湧出口測定値で泉温が95度もあるんですよ。

朝7時になると、水を入れて温度調節をしているそうです。源泉かけ流し風呂なんですね。温泉遺産認定証書の額が掲げられていました。

また一方、昨日は青森湾の中に出っ張った夏泊半島がありますが、その半島内に浅虫温泉があります。その近くにある道の駅の少しはずれに「サンセット・ビーチ」という海水浴場がありますが、そこの芝生の一角にテントを設営し、一夜を明かしました。

昨日は140Km走ったうえに、そこに追い打ちをかけるかのように、とにかく暑い一日でした。さすがに疲れました。

出発した朝お風呂に入っていましたけれども、目的地に付いた道の駅にも温泉がありましたので300円で再度入浴。ほんとに安いですよね。

さて、このあとテントを収納してから、津軽半島・龍飛崎へと向かいます。



走行途中の朝風呂となった町営の下風呂温泉です。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100828075820.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100828075658.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100828075717.jpg



昨夜テントを設営した海水浴場です
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100829050931.jpg



17時、函館を出航

17時00分、津軽海峡フェリーが予定通りに函館港を出航し、18時45分には大間港に接岸いたしました。

本州南下に向けて、明日から新たな挑戦が始まります。

なお、明日の走行予定ですが、本来は大間から右回りで下北半島のかまの形の方向へと進むべきところでしたけれども、その地を敢行された方や地元の方の情報を元にして、危険のついてのリスクが伴いますので、
この部分の走行は中止といたします。

ここは一応、忠告を受けた方々のご意見・ご忠告を素直に受けとめておきたいと思います。

したがって、大間からむつ市までの(279号線)47Kmについて重複走行することになります。

20分ほど前に大間内のキャンプ場に着くことが出来ました。

テントの設営も終わりましたので、あとは明日の朝の5時30分頃の出発に備えて、睡眠に入りたいと思います。



次の写真は、函館港でのものです。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827162744.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827163021.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827163317.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827163350.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827163453.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827163626.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827171855.jpg





北海道一周が終わりました

北海道一周の起点である函館港に、14時00分に着きました。

周回中、一日の休暇を挟みましたが、21泊の日数を要しました。改めて北海道の広大さを実感しているところです。

予定では、明日の朝9時30分の便に乗船するはずでしたが、今夜5時30分の船に乗ることにしました。

滞在中、北海道での沢山の方々との出会いを、この旅でのひとつの思い出の財産として、また明日からの本州南下の糧にしたいと思っています。

なお、次の写真は、今日の走行中、少し気になるところを写してみました。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827065631.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827065646.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827083718.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827083741.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827090541.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827111045.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100827111045.jpg


駒ヶ岳

豊浦海浜公園キャンプ場を予定通りの6時30分に出発しました。

昨夜、キャンプ場のすぐそばにある温泉へ向かうとき、山頂にホテルと思われる大きな建物を目にしました。

この時は、どうしてあのような山頂にホテルがあるのだろうか?

この程度の想像以外、なにも思い浮かばなかったのです。が、今朝、出発した途中、地元の方に山頂に見えてある建物について訪ねてみました。すると、洞爺湖サミットの時に会議場として使われた、ウィンザホテル?であることを初めて知ることができました。

キャンプ場から見える山の裏側には洞爺湖のあることは移動中の時に知ってはいました。

小さくしか写っていませんが、一応、貼り付けておきます。

さて、今日の移動途中、進行する眼前にそびえ立つ駒ヶ岳を見ることができました。

と云うか、今夜の野宿先である「つど~る・プラザ・さわら道の駅」の目の前に見えているんです。

明日の夕刻には函館に着く訳なんですが、実際函館を出発するのは明後日になります。

でも、周回最後の夜を祝福してくれるかのように、ほんとに素晴らしい風景をプレゼントしてくれました。

明日は北海道最後のツーリングになります。

あまりにも長い時間を要しましたので、北海道と言えども一刻早くこの地から脱出をしたい気分にさいなまれまれているところです。でも恐らく、本州に渡ってから初めて北海道の魅力が実感できるのでしょうね。


写真両サイドの中央あたりの頂にホテルが、ほんとにかすかに見えています。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100826061737.jpg

駒ヶ岳です
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100826131151.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100826131736.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100826131736.jpg

今夜野宿をする道の駅から見た駒ヶ岳です
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100826172357.jpg

チキウ岬灯台

移動途中、チキウ岬灯台へ寄り道をしました。

どこにある灯台もそうなんですが、この灯台も断崖絶壁にありました。展望台からは、海抜147,5m あるようです。

明日私が走る亀田半島の先端まで見渡すことができました。その岬を回り込めば函館なんですよね。

なお、地球岬についての説明書きがありましたので記しておきます。

地球岬→語源の「ポロ・チケップ」(親である断崖)が、チケウエ→チキウと転訛し、「地球岬」という当て字が使われました。

以上です。


灯台の光の届く距離は、44キロメートル。
水面から灯火まで、131メートル。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825121802.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825121901.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825122125.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825122137.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825122217.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825122258.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825122347.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825122931.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825123308.jpg



予定通りの走行です

今日は途中、チキウ岬灯台への寄り道をしましたが、予定通りの走行が出来ました。

函館まで、いよいよ1泊2日になりました。

明日は中間地点の道の駅で野宿になりますので、お風呂に入ることが出来ません。でも、今夜はつい先ほど温泉に入ることができました。

500円で入浴ができますので、ほんとに安いですよね。

今夜は、内浦湾の長万部の隣になりますが、豊浦町のキャンプ場にテントを設営いたしました。

明日は6時30分頃には、出発をしたいと考えています。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825174526.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100825174600.jpg

オホーツク自転車道

国道238号線を宗谷岬から網走市へ向かう途中にサロマ湖がありますが、更にここから12Kmほど走ると、「オホーツク自転車道」があります。この自転車道、網走市内の入り口まで約26Kmも続きます。

これほど長く続く自転車道ですが、ゆるい勾配のあるところが二カ所しかないんですよ。

中央にはセンターラインが引かれていますので、対向自転車に対する安全性についても配慮がなされてるんです。

それに、多くが林に囲まれた中を走るわけですから、とても心地よい気分で走ることができるんです。

車が通らない訳ですから、安心して走ることができるんですよ。

自分の住んでいるところにも、このような自転車道があればいいのにと思いましたね。



さすがに北海道だと感心しきりで走りました。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100818094617.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100818095647.jpg

昨日の走行中から

襟裳岬前後の海岸線を走行していると、至る所に小石が敷き詰められた土地の光景が目に付きます。

これは収穫した昆布を乾燥させるための敷地なんです。

走行しているときに、波打ち際で独りのオジサンが昆布を収穫しているところを目にしたので、「沢山、採れますか」と問いかけてみました。

オジサンは、収穫している作業の手を止めうえで、こちらを振り向き、「少ないよ!」と、答えてくれたんです。

日高昆布についてはご存知かと思いますが、この海岸線沿いなんですよね。
漁港が少ないことも含めて、恐らく生活生計が昆布業で成り立っているように思われます。

気のせいかもしれませんが、かすかに昆布の香りを感じることができます。

海岸に打ち寄せられた昆布を収穫した後、トラックに取り付けられた小さなクレーンを使って吊し上げるんです。

昆布の収穫は、男性だけがされているわけではありません。走行途中、一生懸命昆布を収穫している数人の女性を確認しています。

確かにお金を得ることは、どのような仕事であっても大変であることに間違いはありませんけれども、ただある意味、農家に携わっている方が大変だと思いました。

その理由は、手間と経費がかさむと単純に考えたんです。

ただ、昆布業も夏場のみの状況を見ているとそれほど過酷であると実感しないんですが、以前、寒い季節のなかでの昆布収穫の光景を見ているだけに、またこの仕事の大変さについても理解できます。

残念ながらオジサンの写真、その他の昆布に関係する写真が保存されていませんでした。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822122335.jpg

今日は休養です

股関節の痛みに伴う走行中止以来の休暇日になりました。

函館まであと2泊3日でたどり着きます。3日間共に100キロメートル少し走ればいいんです。

このことも含めて、また脚がかなり筋肉疲労が起きていますし、天候もまだ不安定なのでここは思い切って体を休めることにしました。

昨日私が通った道路で土砂崩れが発生したようなんです。

ほんとにすごい降りかたでしたからね

今日の一日で、少しでも筋肉疲労を取り除きたいと思います。

今は雨は降っていませんけれども、どんよりとした天候です。

窓越しの空模様です
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100824075350.jpg

朝から座り込んでいる座敷です。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100824131206.jpg

日本一周中の女性と出会う

昨夜は新のひだか町内にある「みついし道の駅」の芝生の片隅にテントを設営いたしました。

昨晩、この度初めて7名もの方が同じキャンプ場を使いました。大勢の方が集まると色々な話題に事欠かなくて、なんといっても楽しいですよね。
でも、夜が明ければ個々の目指す目的地へと向かうんです。

目的地を決めるのはいつも前の晩なんですけれでも、今夜の宿泊場所は数日前に決めていたんです。
決定の理由は走行距離とお風呂、今回は雨も想定していたんです。

それがどうでしょう、走行途中の午後1時すぎになると土砂降りの雨になったんです。

半袖で走行していましたので震え上がりましたよ。余りの寒さに途中、どこかの一階車庫で薄目の長袖を着込みました。

という訳で今夜は、24時間営業の温泉で宿泊をすることにしました。

さて、今日移動途中に日本一周中の若い女性に出会いました。

関東在住の女性なんですが、なんでも4月に出発をしているらしくて四国は周回したらしくて九州へ移動するつもりだったらしいんですけれども、北海道へ軌道修正したようなんです。

様々な方と遭遇しましたけれども、自転車で日本一周を目指している女性に出会ったのは初めてです。

当然、母親は心配をしているらしくて、宿泊は必ず宿にするように、と忠告を受けているようなんですけれども、彼女は途中でテントを一式買ったそうなんです。

日本一周、この度自分が行動してみて思うことは、理想と現実の違いに身を持って感じているところです。

したがって女性が単独で日本一周を行うことは、並大抵の心意気と体力が必要であると感じているところなんです。

加えて男性と違って身の安全も考えた上で移動しなければなりません。

彼女の精神力に、心から敬服しましたよ。

自転車での日本一周は、女性には過酷であると思ったんです。それを彼女は否定しているんですよね。また新たなファイトのエネルギーを得ました。

次の写真は昨夜のテント設営です。後方のテントは3晩ともにした関東の大学生二名のテントです。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100823050427.jpg

お詫びとお礼

日本一周中での不在中、ブログへのご訪問あるいはコメントを頂きまして誠に有難うございます。
暫くの間、一方通行の状態が続きますけれども、お許し頂きたいと思います。

この後すぐ今日のご報告を致します。

襟裳岬

2日ほど前の天気予報では、襟裳岬に入るときが雨になると思っていましたが、なんと稚内を出発後、雨が降っていません。ただ今日、襟裳岬に入る手前で一時的に雨が降りましたけれども。

とりあえず今日は、携帯を使って襟裳岬をしっかりと写しましたので、ブログに貼り付けたいと思います。

写真もよいけれども、やはり現物を見るに越したことはないですよね。

町については、たしかにコンビニが目につきませんでした。が、宿は目につきましたよ。

襟裳岬については、写真を写す角度で見方も変わりますので、一応すべてを貼り付けてみます。


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822091856.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822091910.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822094457.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822094121.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822094039.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822093655.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822093655.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822093438.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822093408.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822093247.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822093218.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822092637.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822092625.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822092608.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822093247.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822092000.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100822091933.jpg


襟裳岬の手前です

今夜の寝床は襟裳岬の手前でのテント設営です。

昨夜、道の駅で一緒であった私を含めた5名の方と今夜は、キャンプ場でテントを設営することになりました。これは初めての経験です。

この度を通じて感じたことのひとつが、孤独感との闘いでもあるんです。それだけに今日はとても嬉ですよね。

ただそれも今夜までですね。明日お風呂に入りたければ、何がなんでも130Km余り進む必要があります。

当然、私は130Km走ります。それに少しでも前進をしたいですからね。

ところで今夜のグループの中に、日本一周をされている青年が2人いてるんです。

ひとりは大間から同船した青年で、もう一人が今日走行中に知り合った青年なんです。
彼は自転車の後ろに台車を取り付けての日本一周をしています。自転車だけでも大変なのに、その後ろの台車を取り付けて走っているんですから、ほんとにたふですね。

この青年は神奈川県出身ですが、沖縄県から北海道まで走行したようです。このあと私と同じコースで日本海側を走って南下されるようです。

彼の了解を得ましたので写真を添付いたします。なんでも彼もアメブロをされているようでして、私の写真もでていますね。

明日はいよいよ襟裳岬です。今日もなんとか雨が降らなかったので助かりました。また明日も頑張ります。

日本一周をされている青年です。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100821140936.jpg




昨夜寝た道の駅のなかです(実はお手洗いへ入るための空間です)
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100821063447.jpg



自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100821063529.jpg






釧路市街を超えました

昨夜は標津町内にある「しべつ海の公園」でテントを張りました。

北海道の夜は、とにかく寒いんです。長袖なしでは無理ですね。日中の気温も22度なんです。

今夜の所在地は、釧路市内を通過した地点にある「恋問」という道の駅の中で寝る段取りです。

私を含めて5名がこの道の駅を利用します。

実は昨夜私と3名が同じキャンプ場て゛テントを設営し、ほぼ同時に出発をしましたけれども、私だけが166Kmも走ったため、他の方とはぐれてしまいました。

一般的には、一日の走行距離は100キロメートル程度が普通のようです。

ほんとは現在の場所よりももうひとつ手前の道の駅で野宿をするつもりでしたけれども、目的の道の駅が閉鎖になっていました。


当初目的とする道の駅に着いたのが13時30分でしたので、なんとか時間的にまだ移動が可能と考えて、60キロメートル先にある次の道の駅まで強行移動する事に決めました。

なんとか暗くなる一歩手前の18時40分に着くことができました。

嬉しかったのが、青森県大間から同じ船に乗った青年と偶然にも再会したことです。

さて、こちらの天候も雨模様になってゆくようなんです。

2日後には、襟裳岬へ入りますが、歌の文句ではありませんがほんとに何もないようです。雨のようだし、ほんとに難題ですよね。

頑張ります。


標津町キャンプ場しべつ海の公園
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100820050256.jpg

世界遺産知床峠を越える

北海道周回の旅で最大の難所と考えていた世界遺産知床峠を通過することができました。

自転車に荷物を載せて峠を越えるのは、ほんとにきついですね。

北海道上陸後、初めて額から汗がこぼれ落ちました。優雅な気分で海岸線の国道を走っていたのを、羅臼岳付近から、羅臼岳が目前で眺められる位置まで上らされました。最後は脚力がなくなってしまいました。どちらから上るにしてもきつい坂道になります。かなり心しておく必要があります。

今回は知床半島の中間地点から折り返しましたけれども、自然が大切に守られていることが実感できました。

知床半島へ自転車で乗り込んだ以後の写真を添付いたします。

それにしても、眼前で見た羅臼岳には感動しました。坂道を走っている目の前にでかい山が見えるんですからね。

ところで昨日は、博物館網走監獄を見学にいきました。また、更新いたします。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819092216.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819092503.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819093157.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819093953.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819100241.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819100700.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819103907.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819105302.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819105353.jpg


自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100819111126.jpg



湧別町内の道の駅で野宿です

今夜は湧別町内にある道の駅で野宿になりそうです。

実は町内に上湧別五鹿山公園があり、この一角にキャンプ場があります。

そこでテントを設営するために地元の方に訪ねながらやっとの思いでたどり着いものの、その場所がなんとエドマツとやらの密林の中にありました。

森林の中に管理棟がありましので、そこで管理人の方に設営場所を聞くと、森の奥を指差すではありませんか。まだお風呂にも行かなくてはならないわけですから、入浴をしてから森へ着くころには、真っ暗になっています。さすがに一歩引きました。しかも500円ですよ。

それにテント設営場所が見えていませんので、もしかすると私一人かも知れませんからね。寂しい、と言うよりは、どうしてもクマのことが思い浮かぶんですよね。

と言うわけで、今夜の寝床は、道の駅の適当な場所にはテントを設営するかもしれません。

とにかく北海道の夜はほんとに寒いですから。夜になるといつも長袖を着ています。

今日は157キロメートルも走りました。明日はいよいよ網走市街地へ入ることができます。距離的には80Km程度になるはずです。

ところで今日は、移動中にとてもタフな青年と巡り会うことができました。

東京都在住の青年ですが、なんと彼は、徒歩で東京を出発されてから北海道を反時計回で歩かれているんですよ。

自転車ですらヤバイと思われる所があったのに彼は、そんなことは気にせず、黙々と歩いているわけですから、ほんとに恐れ入りました。

熊について稚内で得た情報ですが、熊が下り坂を走るときの速さなんですが、なんと60キロも及ぶそうです。上り坂でクマに出合えば下って逃げればいいや、との考えがどうやら甘かったようです。

今日はこの青年に活力を頂きました。

なお、青年の了解を得ましたので、写真を添付いたします。私の写真も恐らく他の青年と共にヤフーのブログで公開されているはずです。

それではまた明日も頑張ります。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100817100609.jpg



今夜はクッチャロ湖畔です

クッチャロ湖畔に着いたのが、午後4時30分頃でした。

この時点での天候は、かなりどんよりとして、なんだか雨の降る気配を感じさせるかのような空模様でした。

ところがどうでしょう。先ほど空を見上げたところ、夜空に見える沢山の星に驚きました。

大阪では、見ることのできない夜空の美しさです。

とにかく風の強い湖畔の夜です。

私が北海道へ来て驚いているは、海水浴場は勿論のことなんですが、キャンプ場の多くの場所がテントで賑わっていることです。

雨が降っても立ち退く気配など全くありません。皆さんキャンプ慣れをしているんですよね。

さて、明日もまた網走に向かって一歩でも前進をしたいと思いますが。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100816172102.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100816171831.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100816171805.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100816171817.jpg

宗谷岬

昨夜は日本最北端にある宿(ライダーハウス)でしたけれども、今日は日本最北端の地・宗谷岬へたどり着きました。

昨夜宿の壁に日本地図の貼り付けられているのを目にしました。それを見て、改めていかにすごいところまで来たのか自身が驚きました。

これからは少しずつではありますが、ついに南下することになります。

昨夜のお話では、宗谷岬まで来たあと、稚内で自転車を置いてから電車で帰られる方が沢山おられるそうです。

今日はチューブを調達するために出発が遅れました。これから網走を目指して走ります。


日本最北端、宗谷岬、感無量です。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100816105615.jpg

ライダーハウスでの宿泊です

今夜は稚内にあるキャンプ場を利用する予定でしたが、お風呂から外にでてみると雨が降っているではありませんか。

とっさの判断でライダーハウスをお伺いしました。宿泊料金は700円です。

いきなりの予定変更でしたので、ほんとにありがたいです。

雨の心配がないので、安心して眠られるんです。それだけでも嬉しいです。

この度の自転車の旅での初めてのライダーハウス利用となりました。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100815203056.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100815202650.jpg

稚内・ノシヤップ岬に到着しました

今日の午後3時に最北端の地稚内・ノシヤップ岬に到着しました。

市街地へ入った時の気温は19℃でしたが、浜風が強いので体感温度はもっと低かったはずです。

稚内市街は港町なんですがビルがないのでストレートに風がふきつけてくるんです。

冬のことを思うと、この地で生活をされている皆さんはほんとに寒さに強いですよね。

それにしてもオヤジ、自転車でとんでもない地まで来たものだと自分自身で驚いているところです。

ところで今朝、走行中またもや8回目のパンクんしてしまいました。

これは明らかにタイヤに原因があると判断。チュウブ交換の時に新しいタイヤと交換しました。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100815152952.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100815153148.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100815153219.jpg

稚内が射程距離に入りました

今夜は初山別村にある「天分台のあるキャンプ場」にテントを設営しました。

今日は132キロメートル走りました。

本来であれば大した距離ではないはずですが、しかし毎日走りつづけているうえに、重たい荷物を載せているのでこの距離が意外と大変なんです。
今日は目標とするテント設営地点を目前にして、またもや6回目のパンクをしました。

ところがこれで終わらなかったんですね。

なんと、パンク修理1時間後、7回目のパンクをしたんです。ほんとに焦りました。

いずれにしましても明日は、108キロメートル走れば稚内市へ着くことは確かです。ひとつの目標でしたので、到着をしたときはバンザイをします。

それでは また明日。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100814184201.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100814184139.jpg

ここが温泉です500円でした。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100814184325.jpg

日本の原風景

北海道の沿岸の国道は、ほぼ平坦なので走りやすいですね。

これまで様々な、日本の原風景を見せていただきました。

原風景と言っても白川郷とかの感じではなくて、山間部や海岸沿いで見られるような小さな集落なんですね。

都会生活が常識となっている私たちからすると、かなりの不便さを思わせる、そのような感覚のする土地で逞しく生活を営んでいるんですよね。
先人が培ったものをしっかりと引き継いでいるんです。

ほんとにすごいな、とただただ感動するばかりなんです

その感動した海岸沿いにみられた民家を写してみました。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100812082232.jpg

小樽です

現在、小樽市内のフェリー乗り場の近くにある小樽温泉オスパで宿泊をすることになっています。
入浴料金800円に、深夜料金の1200が加算されます。

この2日間、雨の降る中を走らされました。寝るところも含めて2日間の雨は辛いものがあります。

ところで昨夜のベンチでの野宿は寒かったですよ。

あまりの寒さに近くのコンビニへ行き、防寒手段として雨合羽を買いました。それに、ホットコーヒーとカップヌードルを食べる始末でした。
あ、それから今日の229号線の走行途中にある神威岬へ立ち寄ることを取りやめました。

雨のため、立ち寄るための条件があまりにも悪かったんです。

明日からは、いよいよ稚内を目指して頑張ります。

現在位置

今朝は3時45分になると雨が降り出しましたが、その前にテント収納に取りかかっていましたので、辛うじてテントを濡らさずにすみました。

テント収納後5時05分に出発をいたしましたけれども、ものすごい大雨でした。

現在もまだ降っています。

現在位置なんですが、岩内町にある「いわない道の駅」で居座っています。昨夜も寝ていないので気になるところですが、屋根がありベンチもありますのでここでごろ寝をします。

明日は120キロメートル程度走れば、いよいよ小樽に着きます。

早く稚内にたどり着きたいものですね。

ところで移動中、神奈川県出身で70歳の男性がママチャリで北海道一周をしていました。

北海道まではフェリーで移動したそうなんですけれども、ほんとに元気ですよね。なんでも野宿をしながら移動しているそうなんです

野宿の場所です
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100811174547.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100811160918.jpg

地図の右上が小樽市になります。また、左下が岩内町になります。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100811175304.jpg

気になる海岸線

走行中つい目を引かれて写した風景です。

コメントは省略いたします。
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100809105513.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100809093719.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100809093719.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100809093043.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100809093043.jpg
自転車で日本一周を目論むオヤジ(現在、走行中です)-20100809092814.jpg