FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

道端で見かけた花

散歩の途中で、見かけた花です。



名前なんて分かりません。



どなたかお分かりでしょうか?



小さいながらもとても華やかに見えたので、立ち止まりました。



手前に黒く見えているのは、携帯電話です。

かなり小さな花なんです。
自転車で日本一周を目論むオヤジ




下の3っつの花とは色違いで、同じように見えるんですけど?

でも、写真で見ると、葉の色が違いますね。

でも、よく見ると、やっぱり下の二つの花とは違いますね。
自転車で日本一周を目論むオヤジ





下の花とは、色違いだと思うんですが。
自転車で日本一周を目論むオヤジ






自転車で日本一周を目論むオヤジ





これなんかも、さっぱり分かりません?

これも小さな花です。
自転車で日本一周を目論むオヤジ




これは、野菊でいいんですか?

これも、けっこうちっちゃかったですよ。

自転車で日本一周を目論むオヤジ


「道端で名もなく 咲いてた花・・・?」こんな感じの歌だったと思うんですが、 

この花たちを見て、歌の詩をふと思い出しました。








津波

南米チリで起きた大地震に伴い、日本太平洋沿岸でも津波の発生する可能性があるとのことで津波警報が発令された。


とりわけ青森や岩手・宮城県の太平洋沿岸では、高さ3㍍もの大津波が起こるとのことから、大津波警報が発令されたのである。


今朝の時点では、岩手県・久慈港、高知県・須崎港などにおいて120㌢を観測、宮城県の女川湾というところでは海水が陸まで押し寄せたことから商店街が冠水したようだけれども、幸い人的被害に至らなかったのがほんとによかったと思えた。


大津波警報が発令されたとき、地域住民は、我が身の安全は確保できても自宅のことを思うと、気がかりでどうしようもない気分になったのではないだろうか。


取りあえず、大きな被害にならなくてほんとによかったと、改めて心から思う。


ただ、今回の津波警報を通じて思ったことがある。それは、


気象庁が津波警報を発令したにもかかわらず、和歌山県内の海辺では、サーフィンに夢中になっている若者の様子がテレビで映し出されていた。かと思えば、東北のどこかのふ頭では、潮位がすでにふ頭以上になっているにもかかわらず、漁業関係者と思われる男性数人がふ頭に積み重ねてある品物が流失しないよう点検している様子が映し出されていた。


いずれの行為も、津波に対する危機意識に欠けているのではないか、と恐ろしく思えた。


地震に伴う建物の倒壊による人的被害はほんとに恐ろしいのだが、津波に伴う被害もまた恐ろしい。それは過去、インドネシア等、海外での大津波の恐ろしさをテレビを通じて見ているからである。津波の恐ろしさをいつまでも脳裏に焼け付けておきたい。


天災は、忘れたころにやってくる、このことを肝に銘じてほしいのだが。