プロフィール

増本世志夫

Author:増本世志夫
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

音読

 最近、思い出したように実行しているのが、音読で新聞を読むことを心掛けている。

 音読を実行しているのは、黙読以上に脳に良い刺激を与えることができる、との思いから。黙読ではスラスラ読めても、いざ音読をしてみると、とちることが多々起きる。音読とはそれほど難しい。

 以前、21時のNHKニュース番組をよく観ていた。今思うと、女性ニュース・キャスターがとちることなく音読で伝えていたあの洗練さに、すごさを感じる。

 一方、とある動画を通じて女性が新聞紙面を読む場面があるが、ときにはカムことがある。まぁ、そこがプロニュース・キャスターとの違いと言える。

 いずれにしても、音読手法をこのまま続けたい。

スポンサーサイト

友ヶ島ハイキング 3

 島(沖ノ島)を訪れる目的は、人それぞれです。釣りを目的として上陸される方、かと思えば、信仰のために訪れる方も見られました。十年余り前のことになりますが私の従姉は、この島で貝を取っるために伺ったことがあります。でも、今は何と言っても、天空の城ラピュタの世界に思いを馳せて訪れる方が圧倒的に多いはずです。私の目的は単純で、とにかく島内を歩いてみたい、そのことだけでした。ところが、パンフレットを手にしてみると、旧陸軍の残した当時の要塞の多さに驚きました。今日は、ハイキング三回目のブログ紹介になります。


再度、ハイキング周回地図を載せることにします。





地図上の地点になりますが、第5砲台跡敷地の出入り口です。





第5砲台跡ですが敷地内へ入ると奥の一角、土地を少し高くしたところに見えたのが廃墟と化した木造でした。倒壊寸前、というよりもほとんど倒壊している木造家屋の骨組みが辛うじて残っていて、周囲はツタと垂れ下がった木の枝、更には説明がないのでこの場所の実態を理解することができません。それに建物が少し高い位置にあるので正面からの写真撮影を諦めました。後世に伝える為、自然倒壊を防ぐ手立てのできなかったことが、すごく悔やまれます。





*地図上から第2砲台跡へと歩きました。
XD9isaG3JjPw48m1445648332第2砲台跡、




第2砲台跡です。正面階段の下が半地下構造になっていますが、階段の先は勿論のこと、地下通路へ進入することもできません。建物が危険な状況になっているからです。





下を覗き込むと、風化のため外壁が剥落し、地下通路上に散乱しています。





足元の少々悪い場所でしたが第2砲台跡を高台から見下ろしてみました。





高台そばに、このような小さな穴のあることに気付きました。





上記、小さな穴のあるところを回り込んでみると別のところに、堅固な造りの砲撃用? の小さな穴がありました。





裏側に回ってみると、このようになっていました。要塞の厚さがどれほどあるのだろうか? 原因は分かりませんが、見事なまでに崩壊しています。












THEME:自転車 | GENRE:趣味・実用 |

落選

 昨夜は甲子園球場の特等席で阪神戦を楽しく観戦することができたわけですが、その感動の余韻にひたる間もなく今日の夕方になると一転、生徒会役員に立候補した甥っ子でしたが、その結果は残念ながら落選ということでした。

 恐らく本人のショックも強かったはずですが、結果はともかくとして、素晴らしい経験が出来たはずです。何もしないよりも意義あることは、積極的にチャレンジしてほしいものです。

 
THEME:日々のつれづれ | GENRE:日記 |

ランキングの落差

11月6日、1.383位。オヤジの一番初めのランキング順位です。


これが翌日になると、ランキングが一気に523位までアップニコ


ところがその翌日になると、901位に下がったではありませんかガーン


このあと、順位を上下しながら一時は、1,382位にまで順位を下げましたガーン


この後は、順位の上下を繰り返すばかり。


もともと順位には、こだわりはありませんでしたけれども、ただ訪問者が簡単に検索できるのが、500番以内かな?との考えはありました。順位については、単にそれだけのことなんです。


で、12月13日になると、やっと470位に格上げです。やっと目標に達成できましたニコ


さらに12月15日になると、301位まで順位を上げたではありませんかニコ。かなり極端すぎますよね。


極端な動きであることを証明するかのように、17日になると454位へと順位が下がりましたガーン


上がるのもすごいけれど、下がる時も一気ですね。


まるで、なにかの乗り物のようです。


そして、今朝・19日、プログを開けると、なんと予想外の222位にまでランクを上げてしまいましたニコ


これまた、上昇が極端すぎるはずです。ランキングの落差がほんとに極端。


ま、これ以上のことは望みませんが。


オヤジはパチンコは一切しませんが、「あんな感じかな?」と思っています。


つまり、あたると玉がジャンジャンでますよね、ところが、調子に乗って続けていると、手元にあったはずの沢山の玉が、すっからかんになってしまう。


今のオヤジの心境はそんな感じです。


オヤジがランク登録はしていますが、アメーバさん、ほんとに複雑な心境ですね心電図


ただひとつ言えることは、皆さん表現が上手なんですよね。ほんとに勉強なっています。


オヤジのこれ以後の感想は、また次に書き込みたいと思います。


皆さん、ご訪問有難うございます。







<今日のことば(朝日新聞の用語の手引き)>

<使えそうで使えない字>(抜粋) 

 矢印の右を使用となっています

  ◎眼 →



<誤りやすい慣用句>(抜粋)

     ×

  ◎弱気を吐く→ 弱音を吐く