FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

映画・Fukushima50

 随分何年も前のこと、映画評論家の水上晴郎氏が「いやぁ、映画って本当にいいですね~」の名セリフを残してくれました。今日は久しぶりに、見逃していた映画「Fukushima50(フクシマフィフティ)」を鑑賞してきました。いやぁ、映画って本当にいいですね~。

 Fukushima50が映画化されたのは、門田隆将氏著書「死の淵を見た男」が原作とされたものです。この本を書き上げるうえで門田隆将氏は、当時の福島第一原発で所長として最前線で指揮を執った吉田正郎氏の聞き取り調査をしています。事故から1年3カ月が経過した時だったとされています。

 門田隆将氏は著書の前書きのなかで「・・・考えられうる最悪の事態の中で、現場がどう動き、何を感じ、どう闘ったのかという『人としての姿』である・・・」。そのことを読者にも伝えようとしていたのですね。

 福島第一原事故は、2011年3月11日に東北地方太平洋沖で起きた巨大地震の津波により、放射性物質の放出が起きたものです。つまり、東北の悲劇がここから始まったわけです。

 当然のことですが、文字を読むことと映像で見ることでは、福島原発事故の伝わり方も違ってきます。文字の良いところは、同じ場面を幾度も確認できることです。一方、映画(映像)の良いところは、福島第一原発事故の現場で起きた当時の生々しいやり取りや行動を、つまびらかに共有できることではないでしょか。

 映画では、事故当時の首相・菅直人氏、東電幹部、吉田所長を絡めた生々しいやり取りを垣間見ることの出来るシーンが凄く良かったですね。とは言っても、正に現場では「死の淵を見た男」たちの闘いがあったのです。


スポンサーサイト



”パンダ病院”

 わが市内にある二つの民間病院が二年ほど前、中国の資本によって買収された。”中国パンダ病院”になったのだ。

 病院の玄関には、大小のパンダの縫いぐるみが飾られてある。外からでもその異様な雰囲気が目につく。この光景を見るたびに「日本の将来、本当に大丈夫なの」と凄く不安を覚える。

 いま私がお世話になっている総合病院においても、中国人スタッフが張り付いている。時には、スタッフが中国人家族を連れて小児科に先に入ることを目にする。歩く子供の姿を見ると、明らかに急患とは違う、ごく普通に歩いている。順番を待つ日本人はそっちのけ。

 中国資本の進出は、他県においても見られるようだ。具体的には、北海道においても水資源に直結する土地や陸上自衛隊駐屯地に隣接する空き地が中国資本によって買収されているようだ。

 他国においても中国は同様のことをしている。彼たちは、数十年先を見据えた、長いスタンスで物事をとらえて動く。手段の為なら金に糸目は付けない。それは、魚を釣るには餌が大切なことと同様、日本の政治家等に裏金を渡すことも平気で行う。

 冒頭でパンダ病院について取り上げたが、今や日本のあらゆる分野に及んで中国資本が介入している。まるで、がん細胞のように。

 私の住まいで起きた”パンダ病院”のように、日本が全体主義にならないことを祈るしかない。


命を守るためのための行動と決断

 関東地方に上陸した台風19号による被害が日を追うごとに拡大しています。今朝の新聞では全国で死者77人、行方不明は16人であることが明らかになってきました。

 台風15号の教訓を踏まえたうえで、台風19号の接近について風気象庁が「命を守る行動を・・・」と最大限の注意を促していました。財産の損失もさることながら、多くの死者の出たことがすごく残念です。

 最も被害者の多くが60歳以上であるうえに、寝たきり老人のいたことです。それでも時間的余裕があったわけですから何らかの対策が講じられなかったのか、すごく残念に思うところですが。

 曽根綾子氏の著書「老いの才覚」のなかで、「老人であろうと、若者であろうと、原則はあくまで自立すること」が強調されています。さらに、「自立とは、ともかく他人に依存しないで生きること。自分の才覚でいきることです」とも確言しています。

 日本の高齢者は、比較的資産をお持ちのようです(おれおれ詐欺からも分かりますが)。であるなら、列車の運行している安全な時に遠くへ避難する、あるいは道路の安全な時、安全と判断できる場所へ車で避難することです。つまり、これが老いの才覚であり、生きたお金の使い方なのです。

 今一度、過去の教訓から、堤防決壊に伴う水害の怖さについて、考えて見ましょう。可能な限りですが、行政に頼るだけでなく、危機が迫った時の「命を守るためのための行動と決断」について躊躇するべきではありません。

 

素直に喜びを分かち合いたい

 前回のブログでは「世界で住みやすい都市ランキング」について取り上げてみました。結果として、日本については47都道府県もありながら、東京&大阪だけを賛美するブログになってしまったことで、他県の皆様の気分を害させたかもしれません。

 私もたまたま大阪在住と言うことだけで、大阪市内と比較すると私の住む〇〇市は、ただたんに大阪市の持つ住環境(インフラ整備)の素晴らしい部分にあやかる一応“大阪”と言うことにすぎません。

 世界の国の数が「195ヵ国?」と言われているなかで、調査国は140ヵ国のようでしたが、「世界一住みやすい都市」として、大阪は4位ですからね。加えて「世界の安全な都市ランキング」の1位が東京ですよ。

 たとえ住まいは他県であるとしても、世界から見た東京都&大阪は「素晴らしい都市」、と評価されたことについて、ここは素直に喜びを分かち合いたいものです。

「反日種族主義」が年内に日本国内で販売の運び

 中一日挟んで、7月29日~8月2日の間、4回にわたり「嘘の文化、嘘の政治、嘘の外交」について、韓国・李栄薫元ソウル大学名誉教授がYouTubeを通じて韓国の理不尽について訴えていたことを文字お越ししたうえで、ブロブに書き込みました。

 その一方で、7月10日ですが韓国書店では、イ・ヨンフン元ソウル大学教授などが執筆、他5名による「反日種族主義」という本が出版されていました。既に6万部売れるほどのベストセラーになっているそうです。今朝のヤフーニュースでは、「間もなく販売部数が10万部を超えると見られる=李承晩学堂 」と記されています。

 韓国の教育現場で学んだ子どもたちの知識と「反日種族主義」の本で触れてある真実の違いに、驚きとともに「どちらが真実なのか」と韓国国民は、随分戸惑っているようです。

 そこで6名の共著が韓国国民に伝えていることが「テレビを見ないこと、何が真実かかについて自身で考えてほしい」ということです。私自身も「在日朝鮮人は強制連行された」と教え込まれましたが、明らかに違います。

 この本ですが日本でも年内には出版される運びのようです。日韓に横たわる歴史の真実について学んでみたいものです。