プロフィール

baike

Author:baike
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

北朝鮮の恫喝は心配ご無用

 「4つの島からなる日本列島は主体思想の核爆弾によって海に沈められるべきだ。日本は我々の近くに存在する必要はない」。これは、北朝鮮の日本に対する脅迫(恫喝)を羅列したものである。

 恐ろしいほどの脅迫だが、北朝鮮が日本の国土に核爆弾を落とす勇気はない。だからご心配はご無用といえる。核爆弾を使えば北朝鮮も米国の核攻撃で地球上から抹殺されることくらい、誰よりも理解しているからだ。

 心配ご無用、の根拠だが、北朝鮮は「グアム周辺を炎で包み込むための作戦を慎重に検討している」と、米国に向けて発した。すると、トランプ大統領は「北朝鮮はこれ以上、米国を脅さない方がいい。世界が見たこともない炎と激怒で対抗する」と述べた。

 北朝鮮はトランプ大統領の怒りに怯えたのか、ミサイルを北海道襟裳岬の上空を通過させて発射した。日本にとっては迷惑な話だが、米国の報復が怖いわけである。要するにすべてが茶番劇なのだ。

 もう一点の根拠として、ネットニュースでも取り上げられているが、拉致問題について「年内にある種の解決じゃなくて、着地点の方向が見えてくる」とされている。

 日本政府もさまざまな外交チャンネルを通じて、水面下で北朝鮮との交渉が行われているわけだから、北朝鮮も話をぶち壊すことはできない。つまり、北朝鮮の恫喝が本心でないことになる。・・・職場からの投稿・・・



スポンサーサイト

選挙が終われば何でもあり

 「豊洲『無害化の方針』撤回 来年春から秋開場めざす」。これは昨日目にしたヤフーニュースのみだしである。 要するに、移転の前提となっていた豊洲市場の土壌汚染の無害化の方針を撤回したわけである。

 小池知事は、「豊洲は安全だが安心がない。築地は安心もある」と公言していた。そもそも、議会に諮ることもなく独断で延期させ、結果として元に戻したことになる。「豊洲は安全だが安心がない」はどうなったのだろうか?

 ジャーナリストの有本香氏の著書のなかで「『小池劇場』とは何なのか? と問われたら、その中身は空っぽ、何もない、と答えるほかない。記憶にあるのは、いくつもの風評と騒がしさだけ。10カ月に及ぶ、無為無策のその結果、東京都政は混迷、遅延し、多額の損害を発生させている」と批判している。

 御売市場移転を決断するには、20年近くもの歳月を要している。その過程で、移転賛成派VS反対派が時には取っ組み合い寸前の議論が交わされたという。小池知事は、現場で働く方の声に耳を傾けていなかったのではないのか。

 選挙が終われば何でもあり、政治家が使う常套手段である。その陰で迷惑を被っているのは、市場関係者といえる。


日本の韓国化が起きている

 韓国で起きていることが日本国内でも起きている。それはまるで、がん細胞のように工作員が日本国内で増殖・暗躍している。つまり、日本の韓国化が起きている。

 直近の出来事が都議会選挙で起きた。安倍首相の選挙応援に合わせて、演説妨害を目的に工作員が陣取っていた。彼たちは周到なまでの準備に余念がなく、その動きにメディアも加担し安倍首相の演説を妨害させた。そこで安倍首相の演説がミステークだと、切り張りしたうえでメディアが大々的に取り上げると、多くの都民も納得してしまった。

 同じことが沖縄でも起きている。それは、米軍普天間基地の辺野古移設への反対運動。ここでも同じように工作員が反対活動を策動させている。

 彼たちは、日本国内だけでなく国連の場を使って日本タタキに余念がない。まさにやりたい放題。ところが、この事実に多くの日本人が気づいていない。

 日本の韓国化を防ぐためには、暗躍する工作員の存在に気づき、日本国内から追放するしかない。



都議会議員の攻撃が始まる

 都議選期間中での政党や候補者に対する誹謗中傷は、公職選挙法違反になる恐れがあるので、さすがにできない。そこで、選挙が終わると早速、小池チルドレン狩りが始まった。 

 週刊新潮では、写真付きで容赦のない批判記事が出た。例えば、「パワハラ議員、遅刻議員、大麻擁護議員、遣い込み議員」と名指しで揶揄されている。なかでも、いちばんの爆弾は、遣い込み議員、であることは間違いない。

 メディアは、褒め殺しの早業がすごい。これからは恐らくネタ作りのため、小池チルドレンに対する個人攻撃が始まるはずだ。過去のことを含めて、様々なことが炙り出されてくるはずだ。

 私は都民ではないものの、小池知事の手腕が気になる。そこで読んだのが、次の本である。この本を読めば、小池知事の過ちがどのようなものであるのかが、明らかになる。都民であれば、ぜひ目にしてほしい一冊といえる。 





平昌冬季五輪の南北分散開催になれば・・・

 2018年、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪について、文在寅(ムンジェイン)大統領が南北分散開催に向けた動きをしている。

 冬季五輪の南北分散開催の提案者は他でもない、韓国・ムンジェイン大統領である。文大統領は「平昌五輪に北朝鮮選手団が参加すれば、人類の和合と世界平和推進という五輪の価値を実現するのに大きく寄与する」と強調していることが、産経新聞で報道された。

 ムンジェイン大統領の提案をうのみにすると、だれもが納得する美しい言葉に聞こえる。しかし彼の言葉を素直に取り入れることは、韓国国民にとって危険である。

 理由は至って単純。ムンジェイン大統領が韓国国民を泥船に乗せて、北朝鮮に向かおうとしているからである。彼は、生粋な北朝鮮生まれ。なので、生まれ故郷に思いを抱くのは、ごく自然な成り行き。だからこのまま泥船に乗せられると韓国は、確実に社会主義国になるのは、疑いの余地もない。

 さらには、日本人からしても「冬季五輪の南北分散開催、良かったね!」と片づけることはできない。なぜなら、「北朝鮮のスキー場などで複数のスキー種目を行い、南北女子アイスホッケー単一チームを構成して北朝鮮にも聖火リレーを行うことを提案した」とされているかである。

 数百人単位の日本人が北朝鮮の手で拉致され、今も帰ることができない状況が続いている。このような事実がある以上、今後、南北分散開催が実現したとしても、アスリートの皆様には申し訳ないが、日本は、冬季五輪に参加するべきでない。日本人が拉致されている北朝鮮に、日本選手団を送ることは、いくらなんでも許されない。