プロフィール

baike

Author:baike
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

昨日はコンサートへ

 昨日はシャンソン歌手・別府葉子さんのコンサートへ出向きました。お金を出してコンサート会場へ出向くのは、いったい何年ぶりのことなんだろう。ほんとに思い出せません。

 コンサートの感想ですが、素人の私がとやかくコメントするのは、失礼になります。ただ、事前に歌声を耳にしたうえで出かけたわけですから、すごく納得できるものでした。隣の方が「まえ来た時、良かったからまた来ました・・・」このような、ひそひそ話が聞こえてきました。終わってみて、確かにそのとおりだと思いました。

 いずれ、NHKの歌番組を通じて、素晴らしい歌声が聴けるものと、密かに期待を寄せているところです。ぜひ頑張っていただきたいものです。

 シャンソン歌手・別府葉子さんのブログ「別府葉子ブログ」を通じて、歌を耳にしてみてください。

 私がいちばん初めに耳にしたのが「百万本のバラ」でした。もちろん、そのあと他の歌も拝聴させていただいたわけですが、頭の片隅に余韻を残すような聴きごたえがあります。

 経歴では、シャンソンの夕べ(2000)」で全国一位、とされていますので、心に響く歌声の聴けるのは当然のことと言えるかもしれません。

 12月にはまた大阪で開催予定との事ですので、楽しみにしているところです。

スポンサーサイト
THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

音楽は素晴らしい

 私のこれまでの人生の中で、歌謡曲を聞くためにチケットを購入したことはありません。ただし、無料の入場券を数回いただき、コンサート会場を訪れたことはあります。

 自費で初めて足を運んだのが、「喜多郎」の演奏を聴くためでした。過去、NHKがシルクロードを放送するため、彼の曲を使ったことで全国ネットで流れたわけです。このことで、彼の名が日本全国に知れ渡ることになりました。その生演奏を聞きたくて、私は二度も会場に出かけました。

 自費出費三回目が、大阪センチュリー交響楽団の吹奏楽でした。この楽団は、もとを正せば、大阪府の音楽団でした。でも、橋下大阪府知事知事時代に、いわゆる事業仕訳で楽団が解体されたわけです。そのあと、大阪センチュリー交響楽団として再出発をしたわけです。今はどのようになっているのか分かりません。

 ま、このように過去を振り返ってみると、甥っ子の吹奏楽がすべての発端ではないわけです。音楽にたいする魅力を感じていたわけです。つまり、眠っていた私の音楽に対する強い思いが、甥っ子の吹奏楽で目覚めさせてくれました。

 さて、8月2日(土)ですが、人生4回目の自費出費のチケットを購入しています。細部は控えておきますが、「百万本のバラ」の歌声を聞いたことです。この歌を初めて耳にしたのは、加藤登紀子さんの歌声でした。心ひかれたものです。ところが、同じ歌をシャンソン歌手の方が歌っているのを耳にしたのです。「このような歌い方になるんだ」、とその素晴らしい歌声を聴き驚きました。そのことがきっかけとなり、大阪市内まで出向くことにしたわけです。

 このあと、もう一つの珍事があります。なんと、このオッチャンが綾香さんのコンサートに出向くことになったのです。若者が耳にすると、「このくそ爺!!」がと、ドン引きすることでしょう。猫を掴むとき、首根っこを持ったことがありますが、下手をすると、このように摘み出されるかもしれません。ですから、会場では、おとなしくしておきたいと思っています。チケットは、姪っ子と甥っ子が出費してくれたものです。いずれ、支払うつもりですが。

 彼女の歌、昨年のことですが姪っ子に教えてもらいました。それを聞き、素人の私でさえも聞き惚れました。彼女の作詞、ほんとにすばらしいですね。

 理屈など必要ありません。聴く側の耳にいかにして心地よく聴こえるか、このことに尽きると思います。そのためには、持って生まれた声が大切になるはずです。こればかりは、努力の世界で変えることはできません。

 いずれにしてもジャンルに関係なく、音楽ってほんとにすばらしいと思います。改めて、感動しているところです。今年は、まだまだ楽しみが続きそうだ。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |

アルトサックスを吹いてみた

 「思い立ったら吉日」ではありませんが、昨日・1日は、甥っ子と二人で楽器店を訪れて、そこでアルトサックスを手に取り吹かせていただきました。

 初めて手にしたサックスの感想ですが、やはり何とも言えない感触でした。手にしたそれは、やはり重厚さを感じました。

 ところで、初めは要領が分からないので、吹いてみたものの、一向に音が出ません。やっとのことで、音が出てくれましたが。予想はしていましたが、手ごわい楽器でした。汗が出てきましたよ。担当者の方におよそ40分間ほど、お付き合いしていただきました。ほんとに親切でした。甥っ子も随分、気に入ってくれました(二人で自己満足)。いずれ甥っ子に練習させてみたいとの思いですが。

 ただ、甥っ子も朝練、それに授業が終わると、6時まで吹奏楽部の練習が続いています。おまけに土曜日も弁当持ちで、ほぼ一日練習が続いているのです。

 それでも今の私には、優先すべき課題がありますので、今すぐ行動に移すことはできません。何れアルトサックスが吹けるようになればいいな~、夢ですが。

THEME:つれづれ日記 | GENRE:日記 |