プロフィール

増本世志夫

Author:増本世志夫
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア

今夜から24日まで留守です

 今日は二回目のブログ更新です。

今日の夕方から24日まで、PC及びスマホを通じてのブログを覗くことができませんので、よろしくお願いいたします。

 恐らく25日は、ブログ更新ができるはずです。
スポンサーサイト

眼科で

 先日の深夜の強風で、桜の花びらがものの見事、全て散ってしまいました。

 先週のことですが、左目がコロコロする日が二日間、短時間で治りはしましたが違和感を感じたので、初期の段階で眼科を訪れてみました。

 診察の結果、眼球が乾燥したためのようでした。過去のことですが、町の眼科で苦い経験をしたことがありますので、目についてはけっこう神経質なところがあります。

 まぁ、それはいいのですが順番を呼ばれて医務室へ入ると、そこはカーテンで仕切られたそばに備えてある椅子に腰をかけて診察を待つわけですが、なんと、私の前の患者さんと医師の会話が筒抜けです。

 患者さんは、およそ74歳程度と思われる男性でしたが、角膜に異常があるようで、移植をしなければいけない、との医師の言葉が聞こえてきました。仮に手術をしなければ、との患者さんの問いかけに医師は、「恐らく痛みが出るはずなので、・・・」。

 さらには、患者さんが医師へ話かかける会話のなかで、近所でも知り合いの方が同じ病気だったので、ある程度のことは分かります。このような、会話が聞こえてきました。

 私の知り合いの方も同じ病気でしたが最後は、眼球をとりましたが結局、他界しました。決して珍しい病気ではないようです。十分気を付けたいものです。

 ちなみに、9時少し前に受付けを済ませたのですが、他の検査をしたこともあり、なんと終わったのが午後1時を少し過ぎていました。


贈り物

 ここのところ、やや不安定な空模様が続きます。今日も家の中でゴロゴロ。そのような時、お昼頃でしたが「ピンポ~ン」とチィムが鳴りました。同級生からの贈り物でした。

 心を込めた手作りのお菓子が入ってました。さらに、醤油差しが入っていました(=次の写真)。とは言っても、お醤油が入っているわけではありません。ご覧のように中には鰹節が入っています。そこが高知県ならではの名品でしょうか。なんでも、醤油を入れた後、3日ほど寝かせておくようです。初めて見ました、知りました。すごく嬉しかったですね。





コンビニで

 当直明けの帰宅時、テーブル席のあるお決まりのコンビニへ入る。この時の私の頭は半ばボ~とした状態で、視線は外。このような状態でパンを食べながらコーヒーを飲んでいると、下車をした一人の男性が店へ入ってきた。

 この時の第一印象だが、左右の頭髪を思いっきり刈上げている姿からして、誠に失礼とは思うが、いかつい中年のオッちゃんと思った。それがこの男性、店に入ると会計に立つ女性に向かって、
 男性: 「トイレかしてや!」と声をかける。

 店員: 「どうぞ」と答えた。

 入店すると、けっこうお手洗いへ直行するお客さんを目にする。が、言葉をかける姿は目にしない。このことを思うと、この男性、随分礼儀正しいといえる。

 人は見た目で判断してはいけない、と自問した。

 

 桜が開花すると、決まったように意地悪な風が吹く。今日は、まさにそのような日だった。でも開花したばかりなので、花びらもそれほど散らずに済んだ。しばし立ち止まって見とれた。







この色も好きだけど。





花見には、この場所が最高!!