FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

無題(6)

昨日に続き、霊についてのつづりです。


今日は、今は亡き、私の叔父についての不思議な現象についてなんです。


叔父は病気で入院後、死亡に至るまでの長い間、高知県内の病院で入院生活をしていたんです。問題は、死に至る間際の出来事なんです。


<実例2>

お話は、平成18年6月にさかのぼります。


叔父が亡くなったのは、平成18年6月3日でした。


5月半ば過ぎころでした。おばから、「今、緊急を要するわけではないが、ここのところ元気がなくなっている・・・」との連絡をうけたんです。


この後、叔父が亡くなる一周間程前でしたが、妹が突然、

「お兄ちゃん、○○おっちゃんが、トンネルの入り口手前で立ち止まり、誰かを待っているよ。姿勢を少し横向きにしてタバコを吸いながら、それもイライラしながら外側を観ているよ。立っている足元周辺には、タバコの吸いがらが沢山落ちている。だから、だいぶ長い時間立ち止まっているはずやわ。時間がないよ、早く行ってあげた方がいい。でないと、後悔するよ」と、私に伝えてきたんです。


そして、更にそのあとの言葉が、「6月3日だと思うけど、おっちゃんは、この日に亡くなるわ」だったんです。


このころの私は、この種の妹の発言に、すごく敏感になっていたんですね。つまり、霊感に対して全幅の信頼を寄せていたので、このことばを聞かされるとほんとにシャレになりませんでした。


死亡する5日ほど前に、弟が先にお見舞いに帰ってくれたんですね。このときも至って元気で、変化はなかったんです。ですから、お見舞いが終わると弟も安心して帰阪したんです。


そのあと6月3日の朝でしたが、最後に私たちがお袋を伴って家族全員でお見舞いのため病院を訪れたんです。


久し振りの面会でしたがこのときも、なんら異常は認められませんでした。寧ろ、病院を出る間際では、右手でVサインを示しての記念撮影に応じてくれたんですね。


面会した時、姉であるお袋の名前と私の名前を聞くと、ハッキリと答えてくれたんですが。


でも、このとき、なぜか妹の名前だけは、どうしてもことばに出せなかったんですよ。


仕事の関係もあり私たちは、その日の帰阪に備えて、一旦、叔父の自宅を伺うため病院をあとにしたんです。


時間も押し迫り、16時を過ぎていたと思うのですが、恐らくこれが最後になるかも知れないとの思いから、帰阪途中、再度、病院を訪れたんです。


すると、あさ訪れたときは妹の名前を口ずさむことが出来なかった叔父が、病院を離れる間際に、「○○○ありがとう。よく来てくれたな。おまえは、いい子や」と、妹の名前を呼び感謝の言葉を伝えたんです。


子供のいない叔父のことを考えるとかなり複雑な心境でしたが、病院を後にしたんです。


帰阪途中、国道沿いに温泉がありましたので、疲れを癒すべく途中下車したんです。恐らく、一時間余り立ち寄っていたかもしれません。


入浴後は、ひたすら自宅へ向かって車を走らせたんです。すると、30㌔m程走っていたと思うのですが、携帯電話のベルが鳴ったんです。応対してみると弟からのもで、「○○○おっちゃんが、つい先ほど亡くなったよ・・・」との報告が入ったんです。


この連絡を受けた私は、体の力が抜けてしまいましたね。連絡を受けた後、すぐ病院へ引き返したんです。


妹が見た映像の世界。まさしくあれは、叔父が死の世界へ入ろうとしたトンネルだったんです。その入り口に立ち、私が病院へ伺うことを待っていたんですね。面会後、それも、予言どおり3日に死亡したんです。


面会した限りでは、少なくともその日に死亡する様子は見受けられなかったんです。でも、私を見たその日に他界したんですね。



ずっと以前、テレビ番組のなかで、霊の存在について不定的な発言を繰り返していいるのを見たことがあります。


でも、それは間違いですね。人間の死後には、ほんとに信じられないようなドラマあり、新たな世界が待っているです。

それでは、また明日の書き込みといたします。







無題(5)

今日から数回にわけて、霊について、つづってみたいと思います。



<実例1>

母の知人(男性)が約1年近く入院をしていたんです。気には止めていたもののお見舞いに伺ったのは、一度だけでした。


ある日の夜のことでした。家族が応接間でテレビを観ていたときのことなんです。このとき、たまたま応接間のガラス越しの廊下に、白衣を着た二人の男性が現れたのを妹が見たんですね。


一人の方は、母が親しくしていた別の男性なんですが、以前、自殺をされてるんです。


自殺をした男性が、まだ入院をされているはず(この時点では)の男性の手を取り、二人で現れたんです。このあと、数秒すると「スゥ~」と消えたんですね。


これを観た妹は、「悪いけど、おちゃんは亡くなっているよ」と母に伝えたんです。


これを聞いた母は、「なにを言ってるの」と半信半疑で娘のことばを聞いていたようなんです。


妹は再度、「だから、すぐ今から電話をしてみたら」と母に確認を求めたんです。


すると、「あほなこと言わんとき」と、母は聞く耳もたずで、その場は終わったんですね。



でも、翌朝のことです。


友人の妻から母へ電話がかかったんです。


「昨夜、主人が亡くなりました」という連絡だったんです。


すぐにお伺いすることが出来なかったことから、約一周間後、私も含めてお伺いさせて頂いたんです。


妹も含めて三人で仏様に向かって手を合わせていると、妹の傍へ亡き友人が現れて、耳元で「茶色のタンスの下から二番目に大事な物がある。家族の者はまだ知らんから、おしえてほしい」と囁いたんです。


でも、この事実を、まさかその場で伝えることもできません。一旦、そのまま帰宅したんですね。


帰宅後、妹が、このことについて母に伝えたんです。


すると母が、「あほなこと、言わんとき。人様のタンスの中のことが言えるはずがないやんか」と一蹴。このときはこれで終わったんです。


すると、約2~3週間後のことでしたが、亡くなった友人の妻から電話がかかったんです。


その内容は、「実は、うちの人が遺言書を残していたんです。でも、今まで気付かなかったんです。亡くなることが分かっていたんですね。・・・」というものでした。


これを聞いて母が、娘から聞いていたことなので間髪おかず、「タンスの中にあったのと違うの」と問いかけてみたんです。


すると、「そうや、なんで分かったん」と驚いたんですね。


そこで母が、実は、「お伺いさせて頂いたとき、娘が、『茶色のタンスの下から二番目に大事な物が入っている』といわれたらしいので、今、それを言っているの」とその経緯を伝えたんです。


すると、「タンスの下から二番目に入っていたんです」とありのままのことを伝えてきたんですね。


このあと、お互いが驚いたそうなんです。



霊感の強い人は、この世の中には沢山おられると思います。妹のすごさもさることながら、「死んでいるはずの人間に、どうしてこのようなことが出来るの?」と、これまでのオヤジの考えてきた人間の死後に対する考えを根本から覆されているんですね。このことからもお分かりのように、人間、死ねば終わりなんてないんですよ。






無題(4)

今日は、3人目の霊媒師さんについてです。


3人目の方との出会いは、また別の友人によるものでした。これから書き込みをさせて頂く霊媒師さんのところへは、知人が2回ほど行かれたことがあるんです。それがきっかけとなり「この人がよくあたるらしいよ。一度、一緒に行ってみますか」とのお誘いを受けたんです。妹は、例のごとく好奇心半分の気持ちもあり、訪れてみたんですね。


<霊媒師(C)さん占い

友人の案内で訪れたそこは、一軒家の二階建てでした。部屋は、約10畳ほどだったようです。なかへ入ってみると既に相談者(男性)が一名座られており、相談者へ伝える霊媒師さんのことばが、まる聞こえの状態であったそうなんです。


このときの霊媒師さんは、相談者の方を振るむくでもなく、仏像に向かった状態で淡々と答えていたそうなんです。


部屋を見渡すと、正面奥の中央に二体の仏像が置かれてあり、その両サイドには生け花が添えられていたようです。



お二人の順番は、まず先に同伴していただいた友人からでした。



そして、いよいよ妹妹しが相談を受けさせて頂く順番がきたんですね。


占い:「なにを見てほしいんや」と、背を向けたままで問いかけたんです

ね。


妹し:「(相談者の顔を一度も見ることなく、『なにを見てほしいんや』と言った

ことから、ここで妹が)すみません。あなたは、『なにを見てほしいん

や』、と言うまえに、こちらを見て、顔を見てからどうして聞かないんで

すか」と問い返したんです。


占い:「顔を見なくても分かる」


妹し:「それは、おかしい。あなたのやっていることは、間違っている。『なにを

見てほしいんや』と尋ねるのは分かるけど、人の顔を見てから相談を

受けるのと違うの。私が、あなたを透視してあげるから、こちらを見て

みなさい」


占い:「何者や!! なにしに来たんや!! 」とこのときの大声は、部屋いっ

ぱいに響き渡るほどの雄たけびであっとそうなんです。


妹し:「私は、透視をしてほしいから来たんです。なにを言っているんですか」

   

占い:「帰れ!!」ものすごい雄たけびで帰れ、と突き放されたんですね。


妹し:「(この言葉を聞いた妹は、友人が支払おうとした自身の拝観料を取り

上げてその場を立ち去ったんです)」




三名の霊能者について、書き込んでみました。世の中には、多くの方々がお悩みを抱えておられるようです。そして、そうした方々の悩みに対して、親身となって相談をお受けされている霊能力者のおられることも事実だと思います。


相談者の悩みに対する助言等が、時には勇気と生きる力を与えてほどの影響力を及ぼすこともあると思います。


その一方で、私腹を肥やすことのみを目的とした方がおられることも事実です。とりわけ教祖ともなれば、信者へ及ぼす影響は、計り知れないものがあると思うんです。


悪い例が、過去、地下鉄の車内で発生した嫌な事件がありましたね。


人を信じることの純粋な心は、大切なことだと思っています。でも、残念なことですが人を信じたばかりに、身を滅ぼすこともあるんですね。今の世の中においては、進路の舵を切ろうとしている自身の行動(決断)について、今一度、熟慮してみることも必要ではないでしょか。



次回から数回にわたって、霊について、実例に基づきつづってみます。








無題(3)

今日は、二人目の霊媒師(教祖)につてです。


妹が(日時不承)、知人から相談を受けたんです。


相談内容は、「知人の娘娘さんが体調が悪いために、一カ月にわたり霊能力者の所へ通っている。ほんとに霊が付いているか見てほしい」と言うものでした。


相談を受けた後、修行場へ行って良いものかどうなのか、一瞬、迷ったそうなんです。行くのはよいが修行場には他の信者もおられるので、そこへ自分が行くのはよくない、と考えたそうなんですね。


でも、結果として、修行場へ行くことにしたんです。その理由は、「どのような人なのか知りたかったのと、それに、一カ月も通っているにもかかわらず、回復しないのは、どうしてなんだろう?」の思いからなんですね。

そして、相談者である友人の案内で修行場を訪ねたんです。


訪問してみると、修行場には、信者が13名ほどおられたそうです。そこでは、教祖(霊能力者)だれ?がお話をしながら、お焚火をされていたそうなんです。


妹は、中へ入り教祖の目を見ると同時に、「この人は、見ること(透視)ができない」とすぐ分かったそうなんです。それは、霊能者独特の判断があるようなんです。


以下、その時の模様(やり取り)です。



<霊媒師(教祖)Bさんだれ?

妹し:「(妹は、鎌をかけてやろうと、少し意地悪なことを考えたそうなんです)」


妹し:「その女性に、なにが付いているんですか」


だれ?:「悪霊が付いている」


妹し:「少し私にも、その女性を見させてください」


妹し:「(その前に、彼女を少し離れから見ている限りでは、悪霊等はついてい

ないことが分かっていました。改めて、そばで彼女を直接透視したん

です。すると、悪霊どころか、おなか(みぞ内あたり)に小さな黒い石が

数個見えているんですよ。これは、胆石だと判断したそうなんですね)」


妹し:「霊が付いていないので、すぐ病院へ連れて行ってください」と娘さんの

   母に伝えたあと、たまたま、胆石の専門医を知っていた関係もあったこ

とから、ついでに紹介したんです。


妹し:「あなたに何が見えるんですか」と教祖に問いかける。


だれ?:「俺は、6感を修得しているので見える。おまえは、4感まで修得してい

るな」


妹し:「私には、6感のことはよく分かりません。でも、私にできないことは、

霊の臭いが分からないだけなので、5感だけなんです」と反論をした

んです。


妹し:「それでは私を透視してください。何が見えますか」


だれ?:「おまえは、神様につかえる物が付いている」


妹し:「じゃあ、私があなたを透視しますね。あなたには、なにも見えません

ね」


だれ?:「お前は、何を言うとるんか」


妹し:「あの人(娘)に霊が付いていると言ったでしょ。その時点で、あなた

の負けです。あの人は、胆石です(病気です)」と、言い切る。


妹し:「いつまでもここに通わせるんですか。もしも彼女が病気でなければ、

私の負けです。結果は、後で分かるでしょ」


妹し:「(あまりにも欲深い爺さんなので『当時の推定年齢は、50歳後半』、

お焚火をしている信者さんたちに向かって)こんなところにいても、何も

変わりませんよ」と伝えた後、彼女娘を連れて帰ったんです。



数ヵ月後、知人に会い、「もう出入りするのは、やめなさい。あの小屋(修行場)は、水浸しになってつぶれるから」と伝えたんです。



妹から、「・・・水浸しでつぶれる・・・」の言葉を聞かされた知人は、にわか信じがたいと思ったのでしょう。


「そんな、あほな・・・」と、驚いたそうなんです。それはそうでしょう。周辺一帯を見まわしてみて、家が水没するような条件がないんですね。だから知人には、考えられなかったんですね。


でも、結果は、妹が伝えたとおりとなり、約3週間ほどのちになると、ものすごい大雨になり予言どおり家は雨のため使えなくなり、信者もいなくなったんですね。


知人に予言をしたとき、妹の目に、修行場が水没しになっている映像がはっきりと見て取れたんですね。見えたことをそのまま伝えただけの話だったんです(伝えた本人には映像で見えたので自信はあったそうなんですが)。


妹はいつも私に、「見えるんだから、声が聞こえるんだから、これに勝るものはない」とかなりの自信を持ってい強調しているんです。


<彼女の結果娘

数日後、検査の結果、彼女はやはり胆石でした。治療のため、3カ月入院を余儀なくされたんです。そのときの医師の説明では、「あと数日遅ければ、命にかかわるような、大変なことになっていました」とのことだったそうなんです。


後日、ご両親に会ったとき、「命の恩人です」とお礼の言葉をいただいたということなんです。このことばを聞かされて、行ってよかった、と心から思えたということでした。


彼女は無事、退院をされてその後、元気になられたそうなんです。



これ以上の思いを書き込むことは避けておきます。







無題(2)

前書き

妹が霊を感じるようになったのは、幼いころからなんです。真夜中になると毎晩のように廊下で「コト、コト」という音を耳にしてみたり、霊を目にしていたようなんです。そのため真夜中になると、独りでお手洗いへ行くことが出来きないのでそばで寝ている父を起こしては、一緒に行ってもらっていたようなんです。



妹しが霊を感じているなんて、数年ほど前になるまで知らなかったんですね。ではどうして信じるようになったのかにつきましては、最後の方で書き込みたいと思います。



今日を含めて3回、妹と霊媒師の間で、実際に取り交わされたことを忠実に掘り下げたうえで、書き込ませていただくことにいたします。



ご紹介する霊媒師さんなんですけど、地域では有名な方なんですね。多くの方々のご相談を受けておられるようなんです。



妹は、紹介者オヤジである年配の方とは、ちょっとした縁で知り合うことになり屋敷を訪れていたようなんです。オヤジも一度お邪魔させていただきましたが、とてつもなく大きな屋敷なんです。なお、紹介者は、霊媒師さんへの相談のために幾度となく屋敷を訪れていたようなんです。霊媒師さんにかなり信頼を寄せていたんですね。これ以上のことは、書けませんけども。


<霊媒師A占いさん(女性)>


オヤジ:「おまえも見えるんやから、(他に)よく見る人がいてるから、会ってみる

    か。なにかの勉強になるんと違うか」

    (この方も、かなりの大物?でした。したがって、「おもえも」という言葉に

なっているんですね)


妹し:「ぜひ会ってみたいです

 (このとき、なんで会ってみたいと思ったのかにつきましては、ほんとに見え

る人は数少ないので、その人の力を試してみたかったようなんです)


妹し:「はじめましてと、初対面の挨拶を交わす


占い:「噂で聞いていますよ。あなたは、どのくらい見えるんや。どんな修行を

したんか


妹し:「修行はしていません。幼いころから見えるんです


占い:「どうやって見るんや


妹し:「私は、目を見て透視をします。時によって見えなければ、答えられま

せん。だから、名前も生年月日もいりません

   <現在の妹は、性の確認はいたします。でなければ相手方とのやり取り

の過程で、失礼になるためです>


妹し:「(どのようにして、見るんですか妹が反対に問いかける)」


占い:「(紙を出して生年月日と名前を書いてくれ


妹し:「(問われたとおりに、書き示す)」


占い:「どんなことを知りたいんや聞きたいんや)」


妹し:「これから、どうしようかと考えています

   (自身に透視ができるので、このまま続けて行ったらいいのかを知りたか

ったためなんです)


占い:「神棚の前に座れ。手を合わせなさいこのあと、先生がお経を唱え

     す。そして、合掌した手を頭上に高くげてから上へ上げるのじゃ

答えがでると、手が上へあがるという意味なんですね)」


妹し:「(このとき、手を上げたもののなにも感じないし、神さまも乗っていない

のに、なんで手を上げるのか理解できなかったようなんです)」


占い:「(妹の手が上がらないので、お経を途中で諦める。そしてどうした?

 今後は、『修行をするのじゃと神言っている


妹し:「(このとき妹は、ハッと思った。内心、大したことないな、早く帰りたいと

思ったそうなんです。すると、このとき、神棚の上に強いものを感じ

たので、神棚の上を見詰めていると、女の神様が見えたんです。

この神の周りが光っていたそうなんですね。でも、途中で霊媒師が

語りかけてきたため、神様の声を聞き取るこできなかったそうな

です。そして、神棚をじっと見詰めていると)」


占い:「どうしたんや?


妹し:「すごいですね。女の神様がここにはいてますね


占い:「どこや。どこにいてるんや?


妹し:「(神棚の右端にいてます。見えませんか(このとき、霊媒師は一生懸

命神棚を見詰めていたようです)」


占い:「<ウゥ~ンとうなずいてからそうか、神様が下りてきたんやろ


妹し:「(この言葉を聞き、私に見えているのに、なんであなたには見えないの

かと思ったそうなんです。やっぱり見える人ではなかった。がっかり

したそうなんです)」


   このあと最後に、


妹し:「今日は、ここ(妹のそば)に○○○の霊を連れ添ってきました


占い:「『え!どこにと言うだけで、この霊媒師さんには、霊がまったく見えて

いなかったようなんです

     (このあと、霊についてのやりとりが交わされたのですが、これ以上の

ことは書けません)



帰宅途中の車内で、霊媒師さんのでかい屋敷を見た妹は、「あの方があれほどの屋敷で暮らしているんであれば私は、お城が建てられるわ」と紹介者へ伝えたそうなんです。これを聞いた紹介者「お前らしいな」と答えたそうなんです。



当然、お布施が必要となるんですね(このときのお布施は、すべて紹介者が支払ったそうなんです)。



皆さんは、どのように受け止めましたか。これ以上のことは書き込めませんが、上記のやり取り通じて、何かを感じ取っていただければいいんですけども。


  

あと二名の霊媒師さんとのやり取りを書き込みます。そのあと数回に分けて、霊と神さまについて書き込むことにいたします。