FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

❝消化不良❞

 再診の帰宅時、書店に立ち寄り甥っ子を通じて、本を買ってもらいました。ただ、かなり❝消化不良❞になっているのです。つまり、読む速度以上に買う速度が速いのです。なので、新刊を買うことは、暫くの間、控えることにします。

 冗談の本は、1カ月ほど前に買った本です。著者は、「安濃豊(あんのゆあたか)氏」です。

 私は結構「YouTube」を拝見するわけですが、安濃氏のお話は、かなり濃密であり、信頼できるものです。

これ以外にも、デジタル電子書籍がありますので、大変だ。


 
スポンサーサイト

捻挫の再診

 捻挫再診のため、約1週間ぶりに病院を訪れました。

 まず、捻挫についてですが、左くるぶし周辺が内出血したままなので、もう数日間、安静にしておく必要があります。

 今日の診察ですが、「もう年なのだから、あまり挑戦しないように」、「テーピングはしていないけど、してください」、とお目玉を食わされました。まるで、子供ですね。

 診察が終わると、「薬を出しておきますから飲んでください」と最後のとどめでした。

 薬と言ってもね、痛み止めと、胃薬なのですよ。痛みが止まっているのにそれ飲んで何になるの?・・・と思ったのですが。

 と言いますのも、月曜日から痛み止めのためとしか思えない、胃の違和感を覚えていたので月曜日から服用は止めていたのです。今日は、胃の違和感がやっと改善しました。なのに、これ以上、痛み止めを服用して、何の意味があるわけ? 

 一応、お薬は頂きましたが、決して飲むことはありませんから。

 もう一度、来院しなければいけませんが、あと数日間、極力、歩かないようにするしかありません。

マイナンバーカード

 在留外国人による、犯罪や不正行為が起きている。にもかかわらず、「改正出入国管理法」成立により、外国人の受け入れ枠が拡大されることになった。その原因となるのが、人口減少に伴う労働者不足である。

 外国人が日本に短・長期滞在するには、「在留カード」が必要となる。ところが、1万~2千万にも及ぶ在留偽造カードが発覚しているという。

 この偽造を防ぐための方法論として、「在留カード」を没にして、今ある「マイナンバーカード」を上手に活用すればいい。これを日本人についても適応することを厳格化すればよい。

 マイナンバーカードは優れもので、情報を抜き出そうとすると、すぐICチップが壊れるようになっているという。だから、個人情報を抜き出すことはできない。日本発の魔法のカードなのだ。

復興特別所得税

 1月26日付のブログで、確定申告について少しだけ触れました。その確定申告の受付期間ですが、2月18日~3月15日までです。私も「公的年金+給与所得」がありますので、毎年、丁寧に確定申告をする必要があります。

 確定申告で気分が悪くなるのが、70歳を迎えた高齢者の私が、いまだ国税・府市民税を収めていることです。この中には、「復興特別所得税」が含まれています。

 そこで思うことですが、維新国会議員は、自らの給料一人当たり毎月18万円を徴収し、被災地に届けています。なのに、今では他党国会議員は、知らんぷりで、すべてを国民に丸投げです。どういうこと?

 追い打ちをかけるかのように、消費税についても10㌫へ向けた引き上げがなされようとしています。次の選挙、よく考えよう。

整形外科で診察

 今日の住まい上空は、曇天日和です。

 昨日夕方は、今日の仕事のこともありますので、整形外科へ行ってきました。いずれにしても、歩行困難寸前の痛みが強くなっていましたので、我慢も限界、というのが本音でした。

 X線撮影を含めた診察の結果、幸い骨に異常は見られません、とのことで、ヤレヤレの心境でした。痛み止めの服用とテーピングで足首を固定することで、今日は歩いても痛みを感じません。内出血のため足の甲全体に腫れがあります。回復までには、まだ数日必要でしょうか。

 仕事を続ける限り、健康がだいいちばん、の考えから歩くことをしているわけですが、下手を打ってしまったようです。ただ、悪い意味で、下山をする上での注意点について、よい経験をしたように思います。

 谷川に突き出た石に左足を乗せた後、右足は下り傾斜の地面に下した途端、「ツル~」と尻もちをつきました。この時、左足首を思いっきり内側に捻ってしまいました。

 右足を踏む場所を誤ったようです。二日前に雨が降り、落ち葉もありました。更には下り坂の傾斜地ですから、最悪の地面を踏んだことになります。あまりにも無作為すぎました。反省!!