FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

雑記(地震&父の日)

 昨夜は10時前に床に就いたわけですが、その後、10時半目前でしたが新潟県内で震度6強の地震速報がヤフーニュースを通じて飛び込んできました。

 最近は、日本列島のいたるところで地震が起きていますので、決して他人事で片づけることはできません。明日は我が身の心構えを持つことが必要だと思います。

 私は、テレビを持っていませんので、メディアを通じて震災地の状況を見ることができません。ただ、ひつ言えることは、負傷者の出ないことを祈るのみです。

 ところで、次の画像は、父の日に姪と次男の甥っ子からプレゼントしていただいたものです。嬉しかったですね。


スターバックス、ステンレスコーヒーボトルを頂きました。このままだとハイキング中、傷をつける恐れがありますので適当なサイズの収納ケースを探すため、この後、ちょこっと外出してみます。



チョコレートの好きな私に、姪が図書券を付けてプレゼントしてくれました。今年、若い夫婦が一戸建てを購入したばかりで大変なはずなので、ただただ、「有難う」の気持ちです。もう少し、長生きする必要がありそうです。外出のついでに、書店を覗いてみます。



スポンサーサイト

ウイルス性胃腸炎の脅威

 12日(水)でしたが、10カ月になる姪の子供がお世話になっている保育所から「微熱があり、下痢をしていますので連れに来てくれますか」と妹に連絡が入りました。

 保育所の説明では「一人の園児がウイルス性胃腸炎にかかっていましたので、また教えてくれますか」とのことでした。

 帰宅後、夜になると姪の子供は熱が8度少々まで上昇。翌日、姪が病院へ連れて行ったわけですが、この時点でまだ下痢をしていなかったので、「帰宅後、下痢をするようでしたら明日、来院してください」と言うことになりました。

 金曜日に入ると胃腸炎特有の下痢&嘔吐が始まったようです。で、大変だったのが朝から姪夫婦、更には接触をしていないはずの長男の甥(私と同居)までもが、熱と下痢・嘔吐を繰り返す始末(診察の結果、腸炎でしたが)。

 妹が金曜日の早朝から娘のところへ行ったわけですが、これがまた運の悪いことに、風邪と思うのですが体調を崩し病院で点滴を打つ始末。私は日曜日の夜(今夜)が仕事なので感染を避けるため、姪には申し訳なかったのですが、ここは一歩引きさがっていました。

 とは言うものの、姪も苦しくて仕方がなかったはずです。そこで次男の甥っ子に助け舟の「SOS」の電話が。金曜日の夜でしたが次男の甥っ子も感染覚悟で、子守のため姉のところへ3時間ほど出向いたのです。

 実は私も金曜日の午後から満腹感と時折お腹が「グ~グ~」と鳴り出す始末で、これはまずい、と嫌な予感がしたものです。土曜日の朝ですが、薬を飲むため仕方なく、コーヒー&パンの朝食でした。

 結果として昨日は、朝食のパンのみで一日を過ごすことに。どうやら今朝は胃腸も正常に戻りつつあるようです。変なタイミングで起きた意味不明な腹の「グ~グ~」、一体何が原因なのか、まったくの謎。

 それにしても恐るべきウイルス性胃腸炎の脅威をまざまざと見せつけられた、ここ四日間でした。水曜日の午後からの半日、子守をしたわけですが、自転車で日本一周をするほどのゴキブリのような私は、運よく感染しなかったようです。

 

僕~私

 映像作家でありエッセイストの萩原朔美(さくみ)氏が、とある月刊誌のなかで「・・・40歳あたりだった。『僕は』とはどうも書きづらくなった。・・・そこで、ある日思い切って『私は』にしてみた。そのほうが楽だった・・・」と記した文章を目にしました。

 僕も今は、文章を書くときは「私は」と使っています。萩原氏は「40歳あたりから、私は」にしてみた、としていますが、私の場合は、何歳から「私は」、と使い始めたかについて定かではありません。

 最も、私は、と書くことに全く違和感がないわけではありません。それは、「私は」のことばには女性のイメージが強いからです。一方、「僕は」については、若い男性のイメージが強く感じられます。

 年を取ると結果として今では、それほどの違和感もなく、文章上は「私」という代名詞を使っているところですが。

THEME:今日のつぶやき。 | GENRE:日記 |

老人と自転車・・・?

 今日は4時半に起床し、久しぶりに自転車で高野山を目指すはずでしたが朝を迎えると、その気にならなくて「やぁ~めた」になりました。今日の走行に備えて準備万端だっただけに、残念の一言です。

 my自転車についてですが、変速機のワイヤが伸びきったことが原因で、スムーズに変速が出来なくて困っていました。そこで昨日は、「ワイヤを引っ張ればいいや」の素人感覚で、早速、ワイヤを引っ張ったところ、逆に変速不可能に陥り困ってしまいました。

 ああだ、こうだ、と変速機の機能を理解しないまま触れていると、最後は、偶然にも調整ができたのです。

 車に乗るのは、週二回の出勤の時だけです。なので、仕事以外は、車がなくても不自由は感じません。ただ、今の私にとって自転車がなくては困るのです。これがあれば、往復10㎞程度の移動は、十分可能ですから。

 私にとって自転車は、「老人と海」でなくて「老人と自転車」と言うところでしょうか。

反省の繰り返し

 ブログ書き込みについて、時々、誤った文章のままで公開することがあります。

 ブログ作成後、文章にミスはないかと、少なくとも二度ほど確認をしているわけですが、それでも文章のミスに気づかないことがあります。ひどいときは、公開1~2日後「あ? 間違っているやん」と慌てて、修正することがあります。一昨日の文章もそうでしたが。原因は、外出前や床に就く前の駆け込み文章の時、ミスを起こしていますね(まるで他人事のようで申し訳ございません)。

 それにしても、少なくとも二度は文章確認をしているはずですが、それでも誤りに気付かないことがあります。もう、ガッカりしますね。

 何年書き続ければ文章が上達するのか・・・と、ミスのつど顔を歪めながら日々反省の繰り返しです。