FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア

ウイグル自治区で起きていること

 国際政治学者・藤井厳喜氏が虎の門ネットニュース番組に在日ウイグル人を招き、そこで新疆(しんきょう)ウイグル地区住民(ウイグル族)の置かれている現状について報告されました。

 人口三千万人余りの当自治区(ウイグル人=イスラム教)のうち、三百万人以上の国民が中国が管理する強制収容所に入れられているといいます。狭い部屋には、20~30人がすし詰め状態で収容されているのです。横にもなれないといいます。なかには両方の親指をヒモでしばり、足が床に着かない状態まで吊し上げることもあると言います。犯罪者以下の待遇だといいます。

 自治区(ウイグル)では、①宗教の禁止 ②言葉(ウイグル語)の禁止、による弾圧や虐殺が行われているのです。違反すると処刑されるわけです。ウイグル人(=イスラム教)は宗教上、豚肉は食しないわけですが、豚肉を食べれば減刑されるわけです。

 中国政府はウイグル人の絶滅を考えているようで、最後の写真は、収容所で死亡した人を焼却する設備です。つまり、遺体を焼却することで証拠の隠滅を目論むものです。

 日本の隣に、これほどまでも恐ろしい国が存在している事実を認識しておかなくてはいけません。 


中華人民共和国ですが、黄色で塗られたところが今、問題となっている新疆ウイグル地区です。





強制収容所の内部です。





強制収容所の部屋の奥にあるトイレです。





左側の写真は、葬式サービスセンターです。右側が焼却場です。焼却は証拠隠滅をするものです。

スポンサーサイト

年齢同一性障害

 新潮45(8月号)のなかで、「年齢同一性障害」について取り上げられていた。その意味するところは、「一年に一つ年齢を重ねていくのではなくて、一年に一つずつ若さを重ねられる人だけがかかる不治の病」とされている。つまり、自分の実年齢と自分の思い込み年齢のズレを指すわけだ。

 寄稿を読むにつれ、私も「年齢同一性障害」であることを悟った。つまり、年齢を重ねていることについて、その自覚が全くない。70歳目前でありながら、頭のかなは常に40~50歳の感覚で時間は止まっている。要するに、年齢と心が完全に離反している。

 78歳にしてボランティア活動に励む尾畑晴夫さん等も恐らく私と同様の思いのはずだ。年齢同一性障害というのは、我が実年齢を意識せず常に挑戦する心を持ち続ける嫌いがある。

 わが心に年齢同一性障害の意識が芽生えている限り、人生まだこれから。


   

読書

 昨夜はブログを書きかけたとここで睡魔に襲われ、途中で寝てしまいました。ところが、保存したつもりが、なんと公開になっていたのです。同様のヘマをたまにしてしまいます。ドジで間抜けな爺さんですが、悪しからず。 

 さて、本題に戻ることにします。年齢を重ねるごとに、読書量(時間)がめっきり減っていることに、焦りを感じているところです。最大の原因は、ネット関連に時間が割かれているからに他なりません。

 ある調査によれば、70歳になるとほとんどの方が読書から遠ざかる傾向が強いということです。私自身も、月に読む本は、涙ぐましいものです。

 ずっと以前読んだ本の中で「本を読んでいる人は、顔を見ればわかる・・・」との一説がありました。つまり、読書量の豊富な方は、人相にも反映してくる、と言うのでしょうか。私は、と言えば、まぁ、ぼ~としているので気に留めることはありませんが。

 いずれにしても、本を読むことをしない人生は、人間の成長を止めてしまうことは、確かです。


岸和田祭り・part2

 昨日は岸和田駅前からブログを更新いたしました。今日のブログは、お祭りの熱気を少しでも感じていただくため、写真の追加をすることといたしました。

 京都祇園祭と同様、岸和田祭りで気づいたことは、観光客の多いことは当然ですが、多くの外国人観光客が目についたことでした。何と言っても情報発信源は、SNSでしょうか。

 ただ、昨日ですが、だんじりがカーブで横転したようです。怪我人はなかったのか気がかりなところです。

 これほど人が多いと、だんじりをゆっくり見る、という雰囲気にはなれません。両サイドの沿道には、軒を連ねる屋台・屋台・屋台・・・。警察官にとって祭りはご迷惑でしょうが、子どもたちにはたまらないでしょうね。









岸和田祭り

今日・明日(16日)の二日間、岸和田祭りです。久しぶりにやって来ました。

岸和田祭り、と言えば、勇ましく駆け巡るだんじりのイメージが強いわけですが、夜のだんじりを見るのが好きですね。ご覧のように、だんじりに装飾された沢山の提灯の灯り、なんとも、心をくすぐられるものがあります。





提灯を装飾中です。岸和田市駅前の商店街から。










テスト点灯がされました。やはり、夜がいいな!