FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

SENNAN LONGPARKを視察

 今日・15日、ガソリン給油の後、SENNAN LONGPARKを視察してみました。目的は二点。①スタバに入ってみること、②周辺一帯を動画にできるか否か、の判断材料にすることでした。

  まず、スタバですが店外から店内を見渡すと空席は見られましたが、若者中心なので、この時期さすがに店内に入る勇気がありませんでした。コロナの安全確認が出来れば、いずれ入ることにしましょう。なお、動画については、撮影をすることにします。

 LONGPARK、その名の通り、長い公園ですね。暑すぎて海岸の端半分については歩くことを諦めました。スタバ周辺のみの写真を貼りつけてみます。


コロナが落ち着けば、いずれこのお店に入ることにします。












沖合かすかに見えるのが関西国際空港です。画像右端に見えるのは、関西空港の生命線ともいえる連絡橋です。二層構造になっており、下段がJR阪和線及び南海本線が走っています。その上段は高速道路になっています。海岸周辺ですが石が敷き詰められています。この石ですが東南アアジアから輸入したものですが、あまりにも年月が経ちすぎて、国名を忘れてしまいました。周辺一帯の埋め立て整備工事に合わせて、わざわざ石を輸入したものです。






スポンサーサイト



眠れない時間の続き

 ー眠れない時間の続きー

 あまりにも眠れないのでgoogleマップを開けて、今年の7月3日にオープンした「SENNAN LONGPARK」の一角にあるスタバの店内画像に目を向けてみた。

 店内の一部の席が波打ち際の眺められるレイアウトになっているので、凄く雰囲気の良いお店であることが分かった。

 周辺はアウトドアも楽しめる様になっている上に、海水浴場もあるので、もしかすると若者が多いのかもしれない。

 取り敢えず一度、近日中の朝一番、スタバのお店でコーヒーでも飲むことを決めた。

眠れない時間

 昨夜は珍しく、8時30分頃になると寝床についた。もしかすると、9時頃には熟睡したのかもしれない。

 その後、最悪なのが、日付の変わった深夜1時になると目覚めてしまった。

 「目覚めてしまった」とは、年を取ると悪いパターンで、そこから眠れない時間が永遠と続く。

 やむを得ず、そこで手にしたのがスマホ。行儀は悪いが、寝そべったままブログを書いている。

欧米諸国の反発に屈したか

 香港の民主活動家・周庭氏が10日に逮捕されたものの、昨夜保釈されたことが報じられた。

 逮捕後、最悪、中国本土で裁判を受けることもあり得ると思っていたが、幸いそれは避けられた。

 彼女の逮捕後、日本を含めた欧米諸国が彼女の逮捕について、批判の声明を発信していた。民主活動家の象徴ともいえる彼女を拘束しておくことは、さすがに得策でない、と判断したのかもしれない。結果として、香港政府(中国)が欧米諸国の批判に屈したともいえよう。

 釈放後のインタビューで彼女は「・・・香港の民主化運動や自由のために闘っていく。国安法を利用した政治的弾圧だ」と語っていたようだ。さすが筋金入りの活動家といえる。

 いずれにせよ、無事解放されたことについて、心から「良かったね!」と言いたい。


政治的牽制か

 一昨日のブログで中国の悪口を書いた今日のニュースで、香港の民主活動家・周庭氏が今年6月に施行されたばかりの「香港国家安全維持法」違反容疑で逮捕されたことが報じられた。他、民主派の香港紙創設者7名も逮捕されたという。

 香港国家安全維持法とは、①香港の独立の主張や政府批判を違法とする。 ②最高刑は終身刑。 ③中国本土で起訴や裁判が行える、ことなどを含めたもの。

 彼女は「香港を混乱させる反中分子の頭目」の烙印を押されていたようなんで、外国勢力と結託して国家の安全に危害を及ぼすことを禁じる「安保法29条」が適用されたのだろう。最悪、中国本土での裁判になる可能性もある。

 周庭氏といえば、インタビューを通じて、日本語を流ちょうに話す姿が忘れられない。彼女は特別なことを要求したわけはない。香港の民主主義政治の維持を求めたに過ぎない。

 周庭氏の逮捕は、同日の10日、折しも訪台中のアザー米国厚生長官と蔡英文総統の会談のタイミングに合わせるかのように行われた。うがった見方をすると、中国の米国に対する政治的牽制ではないか。