FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

日韓併合の真実(併合懇願勅書)

 徴用工問題(朝鮮半島出身労働者)が火種となり、日韓が紛争しています。その根底となるのが実は、日本による韓国の“植民地支配“(日韓併合)です。韓国人にとってこの事実が許せないのです。

 日韓併合の事実は、日本が一方的に押し付けたものではありません。当時の大韓帝国自らが日本側に韓国併合を願い出たものです。それが、下記写真で示した併合懇願勅書です。

 当時の大韓帝国の国家元首であった純宗が行政府の長である李完用首相にあてたものです。つまり、韓国併合を選択しなければ、ロシア帝国が朝鮮半島へ南下しロシア帝国に組み込まれることを大韓帝国首相が恐れたのです。つまり、朝鮮民族が消滅することを恐れたわけです。極寒のシベリアへ強制連行されれば、1年~3年もすれば民族の多くは凍死していたはずです。強制労働が加わるからなおさらのことです。

 日本国紀でも触れていますが、伊藤博文は、韓国併合に反対でした。ただ、暗殺をされましたが。結果として、日韓併合の後、道路や鉄道の延伸・学校・病院・議会・・・等々、外貨の乏しい当時の日本でしたが、資金を投入しています。その陰で日本人が貧しい生活を強いられていたわけです。

 飼い犬に手を噛まれる、とはこのことで、韓国は、逆恨みもいいところで日本に対してこれでもかの如く、反旗を翻しています。韓国の行く先は北朝鮮主導による「一国二制度」のはずです。韓国に未来はありません。次の機会に述べます。

“写真上段が併合懇願勅書です。事実を否定することはできません。韓国併合は、韓国が日本に対して願い出たのです。


スポンサーサイト

BTS(防弾少年団)の罪

 韓国の男性音楽グループ・BTS(防弾少年団)が、原爆のきのこ雲がプリントされたシャツやナチスの記章をあしらった帽子をかぶっていたことで、日本&米国ユダヤ系団体の心を傷つけ立腹させています。

 グループの所属事務所は早速、謝罪をしているようですが、ことはこれで収まるとは到底思われません。つまり、もしかすると最悪グループの解散へと追い込まれることもあり得ます。

 ナチスに殺害されたユダヤ人は150万人余り、とも言われています。ガス室で殺されたユダヤ人の遺体を片付けたのは、同じユダヤ人とされています。その時の服装が縦じまであり、胸には囚人番号が付けられていたわけです。であるからこそ、BTS(防弾少年団)の行った罪は重いのです。

 「・・・被害者を傷つける意図は全くありません」と表明していますが、では、どうして軽はずみな行動をしたのでしょうか? 過去、日本の雑誌社がガス室の存在を否定する記事を掲載したことで、ユダヤ人団体の激しい抗議を受け、廃刊に追い込まれています。

 歴史の事実を知らなことほど恐ろしいことはありません。でも、韓国・中国人は、歴史の事実を歪曲してみたり無知であることが往々にしてあります(正しい歴史を教わっていないためです)。


日本国紀が手元に

 11月12日(本日)出版予定の「日本国紀」の本を予約していたわけですが、10日(土)でしたが手元に入りました。

 ネットでは早くも「日本国紀」に対する批判の意見が見られます。私も今すぐ読み始めることはできませんが、時間をかけ、かみしめながら読むつもりです。

 「占領軍と朝鮮人の犯罪」の項目を読んでも分かるように、個人的には期待通りの本であると、見ました。もっとも、米国や在日朝鮮人にとって知られたくない歴史の事実が述べられているので、すごくまずい本、と感じるはずです。

 さらには「戦争目的を失った日本」についても、皆様にもぜひ読んでいただきたい項目です。過去の戦争について「日本が悪かった」と自虐的にとらえることは、大きな誤りです。

 在日朝鮮人についても、「在日朝鮮人は強制的に日本に連れてこられた人たちである」と、私自身は教育を受けました。でも、それは大きな誤りであったことに気づきました。

 「韓国併合」の項目についても、ぜひ目を通していただきたいものです。
 















おふくろの納骨

 おふくろが他界して2年が過ぎました。昨年でしたか、僧侶から「もう納骨をしたらどうですか」と促されてしまったのです。

 親父の時はすぐ納骨をしたわけですが、なぜだか暫くご仏壇に放置したままでした。と言うことで、昨日(11月10日)は、やっと納骨を済ませました。

 納骨に備えて、石材店を通じて墓誌におふくろの戒名を彫刻。さらに僧侶にお越しいただくまでにお墓に納骨、当日は、石材店さまのおかげで滞りなく終えることができました。

 さらには納骨にかかる費用のすべてを弟が負担してくれたので、助かりました。

 この後、できるだけ2年をめどに、京都西本願寺へ両親の残りの納骨をする必要があります。

 納骨ごときのことですが夕刻になると昨日は、気疲れも重なったようで、珍しく体のだるさを感じました。コンビニでアリナミンAを買い一本「ゴクン」と飲みました。


正しい歴史認識

 前回のブログ(28日)で読書について少し触れました。更新のあと気づいたことですが、実は27日から読書週間に入っていたようです。

 そこで昨日は、久しぶりに地元の書店へ出向きました。目的は、11月12日販売の百田尚樹著書「日本国紀」を予約するためでした。ネットでも予約可能ですが、極力地元に貢献をしたいのでネット(アマゾン)予約は避けました。

 繰り返し書くことですが、年齢に関係なく一番大切なことは「①本を読むこと ②書くこと」です。

 私は今、歴史書を読むことにこだわっています。つまり、日本の正しい歴史を知ることです。でなければ、中国や韓国・一部日本人の心無いプロパガンダに誤った歴史観を好き勝手に植え付けられてしまうからです。

 慰安婦問題や日韓併合・徴用工問題・南京事件について、正しい歴史認識を吸収するため今一度、勉強の必要性を実感しているところです。