FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

京都で起きた殺人事件から

 10月6日~7日の夜にかけて、京都市内の市営住宅で住まいの24歳の女性が殺害された事件で、11月21日、20歳の男性容疑者が逮捕されました。

  容疑者と被害者の接点はSNSで、男性の住まいは東京とされています。死因は10カ所以上刺されたものですが、それにしても、どうしてそこまで執拗に刺したのか?腑に落ちないところです。今後の事件の解明を待つしかありません。

 容疑者は、「名前を知らない女性と京都であったことはあるが、殺してはいない」と容疑を否認しているようです。でも、自宅付近の防犯カメラでも容疑者と被害女性が並んで歩く姿が映っている、とされているのです。なので、知らぬ存ぜぬ、は通用しません。

 見ず知らずの男女がある日突然、SNSを通じて気軽に出会える時代になっています。であるからこそ、その行動と結果責任について、かなり慎重でなければなりません。

 この後、容疑者が犯人と断定されると、殺害は”一人”の罪で終わります(ハァ?)。その刑も十数年程度で終わるでしょう。

 若い女性が殺害される都度思うのが、殺害は一名ではない、と言うことです。その理由は、今回のように24歳の女性が将来結婚をすれが二人前後の子どもを授かる可能性が高いのです。つまり、このことを思うと、殺害したのは三名前後にも及ぶ罪が問われるはずなのです。

 重ねて書きますが、24歳で犠牲になった女性の尊い命は、一人ではなくて、三人前後にも及ぶのです。


スポンサーサイト



昨日のブログから

 昨日のブログですが、いわゆる従軍慰安婦に関連する人物について、本来であれば伏せるべき名前をあえて実名で書き込みました。

 実名書き込みの意図するところは、過去、二名一社の行った記事及び言動について、すべて捏造であったことが明らかになったためです。加えて、現在進行形ですが日本人に対する尊厳が大きく傷つけていることです。

 私自身もまだ不勉強ですが、少しでも多くの”従軍慰安婦”に関する書籍に目を通すつもりです。

 今夜は深夜勤務ですが、この後、できればブログの再投稿をする予定です。


いわゆる虚偽の慰安婦像について

 「いわゆる元従軍慰安婦」とされている銅像が韓国内はもとより、他国においても設置されています。その一つが米国アトランタ公園内にもあります。

 アトランタ銅像ですが傍には碑文があり、そこには「日本帝国陸軍に奴隷にされた・・・」との長い文字が刻まれていることが我那覇雅子さんのご紹介で知ることができました。

 我那覇雅子さんについては、前々回のブログで書き込みました。その彼女ですが、時間の合間を縫って同公園を訪れている様子を動画配信を通じて知ることが出来ました。無断ですが彼女の動画写真を拝借し張り付けてみました。それが下記の写真です。

 従軍慰安婦についてですが事の発端は、故・吉田清治と言う日本人が様々な流れの中で日本人にそそのかされ、嘘の証言を基にした慰安婦についての本を出版したことでした。

 この後、元朝日新聞記者であった植村隆氏も虚偽の記事を書き込むと、更に朝日新聞も虚偽の記事を書き込むなどしたのです。最も朝日新聞は、訂正文を出しましたが。更には、国内の一部の国会議員や弁護士、それを背後から応援する左翼の皆様も慰安婦について拡散されたわけです。

 以上にように実は、「日本軍による拉致・従軍慰安婦」と言うレッテルを張り続けた張本人は、日本人自身だったのです(今もそうですが)。そこに目を付けたのが韓国人なのです。

 11月19日、植村隆氏の慰安婦記事についてジャーナリスト櫻井よしこ氏らによる捏造としたことについて、名誉を傷つけられたとして損害賠償などを求めた訴訟について、最高裁は上告を退けたことで、すべてが決定しました。

 以上のことからも明らかになったように、日本陸軍による慰安婦はなかったことが明らかになったわけですから、諸外国に設置された「いわゆる虚偽の慰安婦像」について、外務省は撤去の行動をするべきでしょう。




自撮り無し・無声の動画は大変

 滋賀県や京都へ出かけて動画撮影をしたいわけですが、これほど新型コロナウイルスの感染者が増えてきますと、さすがに暫くの間、行動について自粛するしかありません。 

 ここのところYouTube動画投稿を立て続けに行ってきたわけですが、全く反応がありません。少々落ち込んでいる爺さんです。最も、撮影や編集方法についての欠点を把握しているつもりなので、まだ改善できる余地はありそうです。

 次の写真は、京都は「美山かやぶきの里」の動画用のサムネイル写真です。ところでこの動画ですが、初めてスマホをジンバルに取り付けての撮影でした。ここで問題なのが、ジンバルの扱いを理解をしないままでの撮影でした。

 撮影現場ではやはりジンバルが思うように機能しませんでした。なので、撮影の結果は悲惨そのものでした。従って、公開についても諦めていたわけですが、我が家から現地までの距離を思うと、再び訪れる気持ちにはなれません。なので、継ぎはぎ状態でありますが何とか公開に至りました。

 動画撮影・編集ですが、本当に難しいですね。とりわけ、単独での自撮り無し、無声動画撮影となると、なおさらのことです。なぜなら、全く面白みがありませんから。

Snapshot(美山かやぶきの里)


痛し痒しのGoToトラベル

 新型コロナウイルスの感染状況ですが、札幌市を中心とする北海道及び首都圏地域、中部圏、大阪市内を中心とする近畿圏内において猛威を振るっています。要するに、観光地や人口密度の高いところで患者数が増えているわけです。

 人の動きを止めると、サービス業関連に大きな打撃を与えることになります。だから人の動きを止めることは出来ません。その処方箋として取られているのがGoToトラベルです。ただし、その弊害として新型コロナウイルス感染者の拡大につながっています。痛し痒しのGoToトラベル、ということになるのでしょうか。

 沖縄県在住の我那覇真子さんが今、米国で取材をしています(我那覇雅子チャンネル=YouTubeで検索)。理由は、米国大統領選挙の動きについて現地でインタビューをしながら生配信をするためです。

 ここで驚くのが米国人のほとんどの方がマスクをされていないことです。米国内で感染者が増えるのは当然だと思いましたね。

 それにしても彼女も凄い根性をしています。彼女、時には、マスクなしでインタビューを試みているわけですから。

 今日は、ついつい新型コロナウイルスについてのブログになりました。