プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
 定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
フリーエリア

台湾出身の謝恵芝 氏

 今日は台湾出身で日本在住の謝恵芝 氏に関連のYouTube 動画を拝借し貼り付けてみました。彼女の日本に対する熱い思いを、番組を通じて感じ取ることが出来るはずです。

 彼女のお父様は自身が日本人と思い込むほどだったことが語られています。さらには彼女の父は「日本は世界一血統優秀な民族だ。素晴らしい国だ」とも語ってくれています。

 旦那様は日本人であることから、彼女の唯一出来た親孝行はこれです、と旦那様との結婚記念写真を見て涙していました。日本に対するご家族の思い入れは中途半端ではありません。

 謝恵芝氏はチャンネル桜・台湾チャンネルのキャスターであり、番組では台湾の情報をお伝えしてくれています。


直接YouTubeを開けて見る場合は「夜桜亭日記#29」で検索してください。






続きを読む

スポンサーサイト

意識改革

 前回のブログでスマホのアップルペイにSuicaカードを取り込んだことを書きました。そのうえで必要となるのが、キャッシュカードについてでした。

 キャッシュカードについてブログで淡々と書いてはいるものの、実際は、若干のアレルギー反応的な側面を持っていました。その拒絶反応を払拭させるきっかけとなったのがHPの開設でした。つまり、決済で求められるのがキャッシュカードだったからです。これがきっかけとなり、キャッシュカードを使うことのアレルギー反応も解消したわけです。

 昨年12月8日付のブログの中で、向こう5年以内で、国内でも現金から電子決済へ移行する、と述べました(私見ですが)。

 スウェーデン国内ではATMが撤去され、現金が扱われていないことも書きました。中国でも決済はスマホアプリが主流であることから、大阪では、中国人観光客の買い物について専用アプリで決済を試みているようです。

 私も今、キャッシュカード&Suicaカードをアイフォンのアップルペイに登録し、買い物での決済では実際に使っているところです。

 買い物での支払いの場で、カード決済をされる光景を目にします。が、これだと紛失の心配があります。(損害補償はされているはずですが、注意事項があるはずです)。でも、スマホであれば、仮にスマホを紛失したとしても、指紋認証あるいは暗証番号が求められるので悪用される心配はありません。

 電子決済の時代に備えて、自身の意識改革に挑戦しているところです。

 

Suicaカード

 標示一枚目の写真はJR東日本発行の「Suica」カードで、二枚目がJR西日本発行の「ICOCA」カードです。

 二枚目表示のICOCAカードですが、実に古いですね。私が退職まで使っていた定期券です。ただし、退職後一度チャージ(入金)をしているので、少々の区間であれば使えるはずですが、残金の確認はしていません。

 さて昨年16歳の甥っ子にICOCAカードを作ってあげたところ、このカード、様々なところで有効に活用できるようで、けっこう重宝にされているとのこと。でも、Apple Pey(アップルペイ)で使うことができないのでSuicaカードがあればいいのに、というのが本人の強い願望でした。

 そこで、ネットを通じて調べ、とりあえず、私のスマホであればApple Pey(アップルペイ)にSuicaカードを取り込むことが出来ました。チャージ(入金)も簡単にできます。そのためにはキャッシュカードの登録が必要なので、残念ながら16歳の甥っ子にキャッシュカードの手続きはできないので、やはりSuicaカードの取得ができません。

 以上のことから、JR西日本発行のICOCAカードはスマホのApple Pey(アップルペイ)に取り込むことが出来ないのですが、JR東日本発行のSuicaカードはできるわけです。

 関西の五大私鉄・地下鉄も加入されているICOCAカードなのに、どうしてもう一歩が踏み出せないのでしょうか? JR西日本さん、何を躊躇されているのですか?


JR東日本発行のSuicaカード。チャージ(入金)も簡単で、日本全国の列車や買い物も可能です。スマホのアップルペイ(Apple Pey)に取り込みました。




JR西日本発行のかなり古びたICOCAカードですが、今でも使えます。でも使えるのは西日本だけで、しかもApple Pey(アップルペイ)に取り込むことが出来ません。


左目の違和感・・・でも解消

 朝早くワンコウの散歩に出かけると、雪が舞い散っていました。まだ向こう二週間は寒いはずです。

 1月31日(水)から左目の調子が悪くて、少々困っていました。原因は恐らく睡眠不足によるものだと思われます。そのうえで、ここ数日間、極力PC関係と向き合うことは避け、暇な時間はまぶたを閉じる日々でした。

 さらに昨夜は10時前には床に就き、結果として8時間ほど熟睡できたでしょうか。このこともあり、今のところかなり目の違和感も解消しているようですが。

 

罠にはまった

 コインパーキングの利用料金についてのトラブルが増えているようです。すでにご存知かと思いますが、例えば「1日最大700円」の看板表示を見て、これは安いと気軽に3日間駐車させたとします。

 利用者は単純な発想で3日だと、2,100円の計算にします。ところが、ここに大きな落とし穴があるのです。この駐車場の通常利用料が1時間100円の設定であれば、1日目の700円の駐車料金にプラス2日目以降の駐車料金が加算されることになります。

つまり、
1日目: 700円
2日目: 1時間100円×24時間利用=2,400円(累計3,100)
3日目: 100円×24時間利用=2,400円(累計5,500円)

 合計金額は、5,500円になるわけです。

 以上の情報を知っていたはずの私が、昨日でしたが、まんまと罠にはまってしまいました。それが、次の看板です。急いでいたので看板表示の「最大700円」の料金以外に目を向けていませんでした。


700円の料金を投入しても清算ができません。「あれ??? なんでだろう???」

 そばの看板に目を向けると、700円の下に「№8~№14車室最大料金の適用はございません」となっているではありませんか。つまり、私の使った駐車場スペースがこの中に含まれていたわけです。

 つまり、9時間利用したので、20分100円となっているので、つまり1時間300円になります。
∴ 1時間300円×9時間の利用=2,700円になるわけです。

 なんだこれわ!! 罠にはまった、との思いでしたが看板の表示確認を怠った自分が悪かったわけです。それでも、気分が悪かったですよね。次から気を付けることにします。