FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

アケビ

歩き始めて既に3時間になるでしょうか。なのにまだ、府県境までたどり着いていません。


この道を歩く途中で、アケビの生る蔓を見つけていましたので、立ち止まってみました。それでも、アケビの実が熟するには、まだ恐らく早いだろうな?と思っていたわけですが、ご覧の様にアケビの実はまだ青かったですね。













スポンサーサイト



日本の原風景

 歩いていると今どき珍しい風景、稲の掛け干しを目にしました。正に、日本の原風景ですよね。




動画を一本公開

 1時間ほど前ですが今日は、橋杭岩(和歌山県)の動画を公開しました。

 次の動画撮影ですが「さて、どこへ行って撮影をしようかな?」と、思案中のところです。今のところ、京都府南丹市美山町は「美山かやぶきの里」へ出かけてみようかな?と計画中です。ただ、年齢のことを思うと車での遠出はしたくないのが本音のところです(最も、これでも過去、警察官のお世話になっていない爺さんですが)。

 ここのところ運動不足が続いていますので、これから歩くことにしたいと思います。


毎日新聞朝刊記事から学ぶこと

 第一線で活躍されていた著名人(俳優)の方の訃報が目立ちます。病気であればやむを得ないものの、死因を知るにつけ凄く残念な気持ちになります。

 人間は生を受けたその時から、様々なドラマが始まります。まず、両親との出会から始まります。ここで大切なことは、両親はしっかり子供の成長を見守るための責任が伴うことです。

 一方、子どもは成長するにつれ、友人との出会いや別れ、更には恋愛を通じての喜びや苦い別れも経験するかもしれません。もしかすると、予期せぬ病気や事故に遭遇することがあるかもしれません。

 ここで一つ言えるのは、辛さや悲しみを乗り越えることで人は立派な大人として成長するということです。勿論、辛い経験は避けたいものですが、経験が強ければ強い程、忍耐力も強くなることでしょう。

 今朝の毎日新聞朝刊の一面で「埼玉県内の高校生の約20人に一人が、病気や障害等のある家族の介護・世話(ケア)をしていることが、大阪歯科大の濱島淑恵准教授らの研究グループの調査でわかった」とした記事を目にしました。

 毎日新聞の記事から学ぶべきことは、彼たちのように苦しい環境におかれながらも、逃避することなく一生懸命生活を営む彼たちがおられるということです。この学生たちの立場と共有できることを願うものです。他でも、病棟の中、日夜、生きるための闘いをしておられる人たちのことも忘れてはいけません。


スタバの店内で

 昨日は久しぶりにユニクロのお店を訪れてみました。買い物の後の支払い方法が随分違っていました。年齢がいくつになれども、常に脳みそを研ぎ澄ませておく習慣を身につけておく必要性を認識したものです。

 ユニクロでの買い物の後は、これまた久しぶりの書店に立ち寄り、一冊の本を買いました。

 買い物後は、ついでにスタバに立ち寄りコーヒーを飲んでみました。お酒を飲まない私にとって何よりもの楽しみがコーヒーなのです。

 ところで、わたしが席に着いたその後、比較的若いご夫婦だったのでしょうか?私の斜め向かいに腰を掛けました。その後、女性の方が、なんと両手を合わせたのです。私のタイミングとほぼ同時でしたので、私も思わず心の中で「いただきます」と感謝の言葉を唱えましたから。

 素晴らしい光景を目にし、何だか私にまでまで幸せが舞い込ほどの嬉しい心境になったものです。この女性のように優しい心を持てれば、醜い争いや事件など起きるなずなどないのですが・・・。