FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

孔子廟の判決が下る(最高裁大法廷)

 孔子廟の裁判について、最高裁大法廷において原告の勝訴が確定いたしました。近年の沖縄について、何かと危機感を抱いていたので、この度の判決に、原告者万歳、の心境です。

 メディアでは、原告者の名を伏せているものの、判決も明らかとなり加えてYouTubeを見聞すれば分かることなので、ここでは原告者を実名で書きます。

 裁判の原点は、YouTubeの中でも原告者である金城テルさんも語っているように「中国の方が孔子廟の入り口でひざまずき、頭を下げる姿を見て、これは宗教だと純粋に感じました」としたことからでした。

 以上のことを踏まえた上で、原告者である金城テルさんが「特定の宗教と評価されてもやむを得ない、とされる孔子廟を、那覇市の松山公園敷地に市が無償で提供していることが憲法の政権分離の原則に違反している」と提訴したわけです。

 裁判を弁護したのが徳永弁護士です。彼は近年、沖縄で起きた幾つかの裁判にも関わってきました。

 結果として最高裁判所大法廷は、「市が孔子廟を管理する法人に使用料金を徴収しないのは違法」と結論付けました。この後市は、どのような対応をされるのか興味深いものがあります。

 判決前の原告者&弁護士を含めてのYouTube動画です。凄く勉強になります。 
 


スポンサーサイト



鈴木宗男「外交の大問題」の本

 前回のブログで鈴木宗男議員について触れてみましたが、その後すぐ、kindle電子ブックではありますが「外交の大問題」を購入しました。

 氏の文章を読んでいると、何だか講演会の下で直接お話を拝聴しているかのような錯覚に陥ることです。巧みな文書で綴られていますので、凄く勉強にもなります。

 最も、今月いっぱい、このようにブログを書くとか読書をするなどの時間に制約がありますので、空き時間を利用しながら何かをしているのが現実です。

「外交の大問題」です。

雑記

 私は、日本維新の会・鈴木宗男議員のアメブロ記事を読むのが好き。

 氏の文章には、凄く心に響くものがある。そこには偽りがないからなのだろう。「外交の大問題」の著書の中でも次のことを述べている。

 「政治家の仕事は何か。それはただひとつ、日本という国と国民を守ることだと私は考えている。そこには責任があり、覚悟も必要だ・・・」と。

 それに比べ、ひと握りではあるが、大学教授や国会議員の品のなさには愕然とするものがある。

 
 

朝日新聞販売店の閉店

 およそ三年ほど前のことだろうか?以前の住まいの少し離れに、朝日新聞の販売店ができた。出入り口そばには、新聞の自動販売機まで設置していた。その販売店が閉店していることに、最近気づいた。

 三年ほど前、と言えば、既に多くの国民が朝日新聞に対する風当たりがきつくなっていた時である。 

 なので、朝日新聞販売店をオープンした時、「え~どうして朝日新聞なの?」と思ったものだ。閉店するのは時間の問題だな!とも思ったわけだが、その通りになった。朝日新聞に対する国民の風当たりがきつかったわけだから、当然と言える。

 私の市内にあった朝日新聞販売店だが、私の知る範囲だけでも二店舗の閉鎖になる。

中国が海警法を施行

 HPからの転載記事について、2/9日で終わることにいたします。後は、無料GoogleHPドライブへの書き込みを出来るだけ早く終わらせたいと思っているところです。今は、Google地図の埋め込みに専念しているところです。

 <本題>
 2/1、中国は、中国海警局に武器使用を認める「海警法」を施行しました。

 昨日でしたか「中共の海警法は中共の領海内での武器使用の規定であるから、我が国領海である尖閣諸島海域には関係がない。仮に、彼らが我が国の領海内において同法を適用しようとするのであれば、国際法に反する主権侵害行為として我が国は自衛権の発動を持って対応する」のツイートを目にしましたが、これを「お花畑」と言うのです。

 今、ウイグル・香港で起きていること、更には、日本や欧米諸国、南シナ海周辺諸国の反対を押し切ってまでも中国は、南シナ海・南沙諸島に人工島を建設。そこに基地を建設しました。

 ここで、香港について今一度振り返ってみます。英中間で香港の返還合意をしたのが1984年でした。更に1997年7月1日香港の主権を中国に移譲すことで合意しました。ここで大切なことは、2047年までの50年間、現状(1国2制度)を守ることを条件としたはずでした。でも中国は、その条約を見事に反故にしたのです。

 尖閣諸島&台湾が中国領土になると、日本の船舶(タンカー)が、第一列島線である沖縄~尖閣諸島~南シナ海を運航することができなくなります。なので、「無人島である尖閣諸島なんか中国にくれてやればよい!」とするのは、大きな誤りなのです。 

 仮に、尖閣諸島を無条件で中国に奪還されることがあれば、次に危なくなるのが沖縄でしょう。

 軍備を保持しないことが平和の維持につながる、と思うのは淡い夢(幻想)に過ぎません。