プロフィール

増本世志夫

Author:増本世志夫
写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア

ハイキング

 今夜は仕事です。ところが、自宅を出て20分ほどするとスマホのないことに気づき、なんとなく不自由さを感じているところです。

 さて、今日は自転車で走り、その途中から久しぶりに山を目指して歩きました。水を待たないままで山道を歩いたので、水分補給ができないのに汗だけが容赦なく出るなど、一方通行だったので、かなり疲れました。22時少し前ですが、いまでも体内が暑い感じがしているところです。

 山頂を目指して歩いていると途中で、「ササユリ」を見つけました。さらには、山頂に着くと大切に保護しているササユリを見ることができました。次回からのハイキングが楽しみになってきました。すごく美しい花を咲かせるようです。ぜひ、お伝えすることが出来れがいいのですが。


今日は最高の天気でした。





水分補給もせず、ただひたすら歩きます。





「かしわもち」を作るには必要な「かしわ」の葉です。実がなっています。





可愛い花を見つけました。名前が分かりません。すごくか可愛かったですね。





山頂途中で「ササユリ」を見つけました。





写真のような美しい花を咲かせるようです。





山頂で、大切に保護されているササユリです。心ない人が、持ち帰るようです。
もうすぐすれば開花のようですね。実は、ササユリをまだ見たことがありません。
今年はぜひ見たいものです。







スポンサーサイト

ガセネタに食いついた

 テレビを全く見ない。よく書くことだが理由は至って簡単。偏向報道が目に余るから。時としてメディアは嘘を平気で垂れ流す。新聞も信用ができない。それでも、産経新聞だけは思いだしたように買う。

 今、野党、とりわけ民進党&共産党が加計学園で安倍首相を追及している(今不在だが)。導火線に火をつけたのが朝日新聞と週刊誌だ。ここで問題となるのが、事実であればいいのだが、個人的にはガセネタに食いついた哀れな野党、ととらえている。

 森友学園であれだけ大騒ぎをした一部野党。まだ終わったわけではないが、次は、ネタを加計学園に変えた。平気で食い散らかしをする。それが上記野党といえる。信頼に値しないリークを根拠にして、国会の場を使って真顔で首相を追及する。

 ご存知のように、加計学園のネタを提供した発頭人は、前文科事務次官。野党がよく使う言葉だが「どうして今なの!」、と前事務次官に問いたい。申し訳ないが、すごくうさん臭い。時期が時期だけに政権の座から安倍首相を引き降ろすつもりなのだろう。

 民進党、共産党さらには朝日新聞は、加計学園の追及がとん挫した時、国民の信頼を失うことを肝に銘じておく必要がある。




焼けぜんざい

 よもや糖尿病の予備軍でもないはずだが、最近、しきりに甘いものが食べたくなる。

 コンビニまで出かけ何か甘い物でも買ってこようか、と思い馳せていると、ふとぜんざいのあることを思いだした。

 さっそく作って食べてみたものの、やたらと甘くて後味が悪くなった。焼けぜんざいになってしまった。

 そこですぐ考えたのが、コーヒーの存在だ。こいつを胃袋にぶち込んでかくはんさせれば、胃袋の嫌なまる甘さも解消するとの思いから、コーヒーを飲んだ。確かに胃袋が平常通りに落ち着いた。

 何をやっているのか、むちゃくちゃでさっぱりわからない。今日は勤務明けなのに、ほとんど寝ていない。


自転車とウォーキング

 2月後半に入ると、花粉を避けるため外出を極力避けていた。さらに4月になると、大切なハワイ旅行が控えていたので、万が一ケガをすると大変なことになるので、自転車に乗ることもやめていた。つまり、家の中でゴロゴロする日が続いたわけである。

 そこで、“冬眠”から目覚めた爺さんだが、少しずつではあるけれども自転車と歩くことを心がけている。つまり現在はウォーミングアップ中である。


山道へと続く道です。しばらく運動をしていないので、少々歩いた時点でやめました。










ここを歩くときはいつも、この杉の木に両手をあてて、パワーを吸収している。





倒木したをツタが若木を締め付けている。倒木の原因は、どうやらツタに締め付けられたためのようだ。一見すると、ヘビが絡みついているようにも見える。


お二人に幸あれ

 「警官同士で結婚、辞令『二人で駐在』 県警、同じ職場に」。今朝のヤフーニュースで目にした、明るいニュースです。場所は宮崎県警でのお話です。

 同じ22歳ということですが、なんでも専門学校時代に知り合ったようで、その後、二人して警察官を志願され、警察官として採用されたわけです。

 劇的なことは、結婚について上司に相談をしたところ、お二人で駐在所勤務の辞令を言い渡されたと言います。宮崎県警のいきな計らいに拍手喝采の心境でしょうか。

 記事の中でも書かれていたことですが「経験の浅い二人で駐在所を持つのはとても不安でした」とも語っていたようです。そこはご夫婦なので二人三脚でやれば、大丈夫でしょう。

 最近、警察官による不名誉なことが報じられていたので、なんとも微笑ましくなりました。駐在所の前でツーショットで収まる写真で見る笑みが何とも言えません。

 でもね、常に危険が伴う職業です。地域の治安維持に努めながらも、お二人に幸あれ、と願わずにはおられません。