FC2ブログ
プロフィール

bike

Author:bike
 写真は、和歌山県内にある「紀伊日ノ御埼燈台」です。
定年後、日々余裕ができたのでアメブロを始めたのですが、平成25年9月15日、当ブログに引っ越しをしました。思いつくままに綴っているところです。
 右サイドバー、リンク上段の「自転車で日本一周の旅」は私のホームページです。

最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア

小言を並べながら三度目の暖簾をくぐる

 昨日は、美味しいソバ屋さんへ連れて行ってもらった。これで三回目の暖簾をくぐった。

 お店を入ると、正面の奥が仕込み部屋(厨房)。その前にカウンターのテーブルが配置されてある。あとは、どこでも見られるように、四人掛けのテーブルが配置されてある。

 入店すると、四脚ある四人掛けのテーブルは既に満席だったので、カウンター席に座った。そこで気づいたことが二点あったので、取り上げてみたい。

 お店を仕切るのは、60歳を過ぎているはずの親方。三度目の来店となるが、何時見ても「ムッ~」とした顔付で黙々とテンプラを揚げ、時折、女性の店員に支持をする。一見、昔人間の頑固親父そのもの。その直ぐそばには換気扇があり、当たり前のように大きな排気口がついてある。

 そこで目にしたのが換気扇。換気扇の外枠には油まみれで垂れ下がったゴミでコテンコテン。とてもではないけれど食事中、そこに目を向けることはできない。当然、換気扇も排気口も汚れている。

 もう一点気になったのが、三人の女性で切り盛り(賄い)されている。問題なのは、誰もが頭を覆っていないこと。「万が一、髪の毛が入り込んだら・・・」と私は、あらぬ心配をした。仮に私が店長なら「頭に何も覆わないで仕事はさせないだろう」と思った。調理を扱う者として、最低限度守らなくてはいけないルールのはず。

 でも、小言を並べながらも、それでもソバが美味しいので三度目の暖簾をくぐっていた。

スポンサーサイト



読むべき二冊の本

 すぐ読むべき二冊の本が手元にある。それが次の本である。けっこう前のこと、サハリン在住の韓国人について触れたことがある。実は、ここでも日本の税金が無駄遣いされている。

 私自身、まだ勉強不足な部分があるので、YouTubeを通じて正しい知識を得るか、それとも著名人の執筆した本を読むことで正しい歴史認識を身につけるしかない。

 過去起きた日米戦争にしても敗戦国日本は惨めなもので、全て日本が悪!で片づけられる。長年植民地支配を続けた欧米の罪はどうなるのか。

 更には、対日戦争をけしかけたのは、実のところ米国・ルーズベルトであることも分かってきた。日本は戦争を避けるための努力をした。でも、それを米国は反故にした。その結果、戦争に突入した。

 9月13日付のブログで「日本は、越後屋になれ!」のタイトルでも触れているが、米国は本当に恐ろしい国である。それでも、自由を守るためには米国を支持するしかない。

 今、香港では、自由な社会制度を守るため、多くの青年が命を懸けた戦いをしている。そのことを思うと、中国も同様で恐ろしい国だ。なんだかんだ言っても、健全な国は日本である。

 今すぐ読むべき二冊の本が手元にあるので、何を差し置いてもこれを優先しなくてはいけない。




OneDrive

 すでに書き込みましたが私は、Windows10を使っています。Windows10になるとPCに「OneDrive」が備わっているのでOneDriveについて理解しておけば、たとえWindowsであっても何不自由なく、双方の写真を転送(同期)が可能になりました。

 Windows7の時は、OneDriveがありませんでした。なので、PCに「iCioudフォト」アプリをダウンロードすることで、必要最小限の機能を使っていたものです。

 でも、よくよく考えて見ると、Windows10&iPhoneの中でのOneDriveの機能について、よく理解していなかった、と言うのが実情です。今更ですが、ここに至ってやっとOneDriveの存在について理解が出来、思うように活用することができるようになりました(スマホにもOneDriveアプリのダウンロードが必要ですが)。

 ただ一つの難点は、双方の本体にいつまでも写真を保存しておくと、OneDriveの容量がなくなってしまうことです。そこで必要となるのが保存場所を「Googleフォト」にすることです。

たかがブログ!されどブログ(ブログを侮るな)

 世間では、「読書の秋」のことばが良く使われる。でも私には、このことばが当てはまらい。だから、心の中でいつも「困った・・・、困った・・・」の反省ばかりで、一向に改善しない。

 困っているのは私だけではない。意味は異なるが、書店も困っているはず。なぜなら、数年前までなら本を読む手段も紙媒体だったので、それなりに商売も成り立っていたはず。それが近年、読書をする青年が減少する一方で、ネットを通じて本を購入。加えて読書の手段もネットブックやキンドル等を使うようになっている。

 いずれにせよ、読む手段は何であれ、活字を読まないよりは読むに越したことはない。

 爺さんがずっと以前から独り言のように書き続けているのが「読むこと、書くこと」の大切さ。生きる上で、どちらが欠けてもいけない。これは長年生きてきた爺さんの人生観で思うことである。

 「たかが、ブログ。されどブログ」。ブログを侮るな。書くこと読むことを侮ると、社会人としてどこかで躓(つまず)く。
  

ラインのお便りに・・・

 鹿児島県在住の友人が今年に入って、スマホとラインを使うようになった。その友人がお便りの中で、写真を貼りつけてくれる。当然、文字は必要だけれども、写真も有難い。

 そんな友人から今日もラインを通じてお便りが届いた。そこには、下記の写真が貼りつけられていた。つまり、私が日本一周を達成したあと、ホームページを通じて旅の記録を公開。そのあと、社長である弟が旅の記録を製本にしてくれたものである。ただし、プロによる校正がなされていないので、販売はされていない。その本を、友人にも届けてあげたものである。

 日本一周で自宅を出発したのが2010年7月7日。帰宅したのが11月15日だった。今日は11月11日(月)。日本一周したこの日は、四国周回後、瀬戸内に沿って広島県から倉敷市内に向けて、黙々と走っていた。天気は晴れで、120㎞走っていたことが記録に残っている。


当時、自宅に突然届いた本、今でもその時の感動を忘れることはない。